季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

有田陶器市2018(秋)の日程とイベント!駐車場やおすすめの宿は?

Sponsored Link

有田陶器市(秋)は佐賀県西松浦郡有田町で開催される陶器のお祭り。

 

有田焼で有名な有田町で行われます。

正式名称は秋の有田陶磁器まつり

 

“秋”と限定しているように、春にも行われていて、こちらは期間中100万人以上の陶器ファンが押し寄せる、大人気のイベントです

 

有田陶器市(秋)は、春の有田陶器市ほど大々的ではないものの、代わりに、春にはない独特の魅力も盛りだくさん!

 

春の賑わいに比べてしっとり落ち着いた雰囲気は、陶器ファンでなくてもゆったり楽しめるお祭りなんですよ。

 

そこで有田陶器市(秋)2018の日程やアクセス情報など、有田陶器市(秋)の楽しみ方や魅力についてお伝えしたいと思います。

 

・有田陶器市(秋)2018の日程と見どころ!
・有田陶器市(秋)の楽しみ方。屋台はある?
・有田陶器市周辺のおすすめ宿泊所はこちら!
・有田陶器市(秋)のアクセス方法と駐車場情報。混雑状況は?

 

Sponsored Link

有田陶器市(秋)2018の日程と見どころ!

日程:2018年11月21日(水)~11月25日(日)

時間:9:00~17:00  ※イベント内容により異なります。

紅葉を愛でながら焼き物の町めぐり

有田陶器市

 

2018年で第14回を数える秋の陶器市。

 

春の有田陶器市は100万人以上の人出で賑わいますが、秋は比較的人出も少なめ。

 

ですが美しい紅葉の有田町を散策しながら、ゆっくりのんびりと陶器市を満喫することができます

 

町内各所の窯元やギャラリーでは様々なイベントを開催。

グルメイベントもあるので、食と器と紅葉を五感で味わうことができるでしょう。

 

ここでしか買えない有田焼の器の展示販売や、各飲食店で有田焼を使ったこの時期限定メニューなど、買い物もグルメもじっくり楽しむことができますよ。

 

【2018年秋の有田陶磁器まつり新企画】

11月21日(水)

11:00~11:30

オープニングミニステージ

ゲスト:THE LEGEND(ザ・レジェンド)

5人の本格派オペラ歌手にユニットによる迫力満点のステージ。 泉山磁石場 無料
11月18日(日)~25日(日)

10:00~16:00

ワザノワ会議

日仏作家の共演展示

フランス人間国宝展の作品展示。有田の人間国宝や佐賀県内の作家の作品とコラボ。ほか、ワークショップやトークイベントも実施。 桂雲寺 大人500円

 


有田陶器市(秋)の楽しみ方。屋台はある?

風情のある街並みに立ち上る煙“薪窯(まきがま)めぐり”

有田陶器市 窯元 煙突

 

秋の有田陶器市のテーマは“食と器でおもてなし”

 

毎年好評の「薪窯めぐり」では、日本磁器発祥の地として400年以上の歴史を持つ、有田町を代表する窯元の、薪窯焚きの様子が公開されます。

 

熟練した職人の技や、煙突から立ち上る煙など、有田ならではの風景は普段めったに見られません。

貴重な機会なので必見ですよ。

 

この他にも、町内各所の窯元やギャラリーで様々なイベントが開催されます。

 

窯元 公開日 公開時間
今右衛門窯 11月22日(木) 8:00、8:30、9:00、9:30

※各回20分

柿右衛門窯 11月23日(金祝) 9:00~12:00、13:00~16:00
源右衛門窯 11月24日(土) 8:00~17:00
谷窯(登り窯)深川製磁 11月23日(金祝) 10:00~11:00、14:00~15:00

※各回定員10名、要予約

天狗谷窯(登り窯)有田ポーセリンパーク 11月24日(土) 10:00~16:00

 

美しい彩りが映える有田の紅葉

紅葉トンネル

 

また、この時期は有田町を彩る紅葉も見頃の時期を迎えるので、グルメイベントを堪能しながら散策をするのもおすすめ。

 

樹齢1000年、高さ40mの大公孫樹(おおいちょう)や、有田町歴史民俗資料館、泉山磁石場のもみじのトンネルなどの紅葉の名所を巡りましょう

 

紅葉の名所 ライトアップ期間 時間
泉山磁石場 11月21日(水)~25日(日) 09:00~17:00
泉山弁財天の大公孫樹(おおいちょう)ライトアップ 11月21日(水)~25日(日) 18:00~21:00
竜門峡の紅葉 終日
陶山神社の紅葉 終日
有田町歴史民俗資料館の紅葉 終日

 

レトロな町並みでのんびり街歩き♪

陶器市

 

国指定重要伝統的建造物群保存地区に指定されている有田内山地区の風格ある町屋を、ガイドと巡る「有田の町屋歩きツアー」もおすすめです。

 

着物で風情ある街を散歩したり、明治維新と有田焼についてガイドが解説してくれたり、クイズをしながら街歩きをしたり、その他、有田八十八ヶ所巡りや人力車のサービスなどさまざまなまちあるきメニューが用意されています。

 

また、子供が観光名所を案内してくれる微笑ましいツアーもありますよ。

 

にぎやかで楽しい♪商店会のおもてなしイベント

有田陶器市

 

町中にさまざまなお店があり、それぞれ趣向を凝らした独自の商品やサービスを展開しています。

 

有田名物の陶磁器の販売はもちろん、恋愛成就の有田焼のお守りストラップや限定エコバッグ、プレゼントが貰えるスタンプラリー、ミニライブなどいろいろあります。

 

抹茶や和菓子を味わえるお茶処や、有田芋や手作りぜんざい、有田焼の器に盛ったお弁当やスイーツなど、お腹も満足できますよ。

 

陶器だけじゃなくてお土産もグルメも!

陶器市 商店街

 

アリタセラ(旧有田陶磁の里プラザ)では、第36回茶碗供養・有田のちゃわん祭りが行われます。

 

陶器市はもちろん、お土産やグルメも勢揃い。

ゆるキャラも登場して、屋台も出店。

 

もちつきや抽選コーナー、有田焼体験ワークショップなどご家族連れで楽しめるイベントが開催されますよ。

【第36回茶わん供養・有田のちゃわん祭り】

日程:11月21日(水)~25日(日)

場所:アリタセラ(旧有田陶磁の里プラザ)

住所:佐賀県西松浦郡有田町赤坂丙2351-170

電話:0955-43-2288

このほかにも、内山地区の町並みが百貨店に大変身する“うちやま百貨店”や“有田・食と農業まつり”、“フリーカップ・マグカップ・プレート展”、“しん窯 やきもん広場 ガイドツアー”、“深川製磁 チャイナ・オン・ザ・パーク”などとにかくたくさんのイベントが開催されます。

 

まだまだあるので、毎日イベントするだけでも十分楽しめますよ♪

 


Sponsored Link

有田陶器市周辺のおすすめ宿泊所はこちら!

嬉野温泉 大正屋

嬉野温泉 大正屋

住所:佐賀県嬉野市嬉野町下宿乙2276-1

電話:0954-42-1170

 

嬉野温泉の中心に位置する老舗宿。有田陶器市までは車で30分足らずです。

自家源泉のとろとろなめらか湯と、日常の喧騒を忘れ去る洗練された和空間

 

ミシュランガイドでも、最上級の快適宿として選ばれたことがあり、心安らぐひとときを過ごすことができます。

 

山の宿 青望庵

山の宿 青望庵

住所:佐賀県西松浦郡有田町戸矢甲1448

電話:0955-42-5560

 

有田駅より車で5分。テレビはありませんが、静寂と清らかな空気、心地良いサービスがあります。囲炉裏を囲む会話が楽しい、アットホームが魅力の民宿です

 

美味しいお料理とお酒もあって、実家でくつろぐような心地よさを味わうことができると人気です。

 

民宿 茶や

民宿 茶や

住所:佐賀県西松浦郡有田町黒牟田丙3080-12

電話:0955-42-2537

 

JR有田駅から徒歩5分と、非常にアクセス性の良い民宿です。

 

宿は昔懐かしい雰囲気で、元気いっぱいのおばあちゃんが切り盛りされていて、アットホームな居心地のよさを感じられます。

 

有田陶器市(秋)のアクセス方法と駐車場情報。混雑状況は?

有田陶器市

場所:有田町内各商店会、有田陶磁の里プラザ

住所:佐賀県西松浦郡有田町

電話:0955-43-2121(一般社団法人有田観光協会)
地図:


公式HP:有田陶器市

電車の場合:①JR有田駅より徒歩10分②JR上有田駅より徒歩10分

車の場合:西九州道波佐見有田ICから6km10分

駐車場:あり  有田陶磁の里プラザなど1300台 無料

有田焼 湯のみ

 

混雑状況

秋の有田陶器市の期間中の人出は30~35万人程度。

春の陶器市が120万人ですから、約4分の1程度と、落ち着いた、程よい賑わいといった感じです。

 

自分のペースでじっくりと品定めできるので、非常におすすめ。

春の陶器市とは違った雰囲気を楽しむことができるでしょう。

 

有田の大公孫樹(おおいちょう)の黄葉は圧巻!

有田 大公孫樹

 

【関連記事】

唐津くんちの日程とスケジュール。曳山の見どころやコース。

佐賀バルーンフェスタの日程と楽しみ方。駐車場や服装は?

小倉イルミネーションの期間と点灯時間。見どころは?

鹿児島おはら祭りの日程とプログラム。交通規制は?

有田陶器市(春)の日程と楽しみ方。おすすめの駐車場は?

秋の萩焼祭りの日程とイベント情報。アクセス方法は?

 

有田の大公孫樹は泉山弁財天神社境内にある、国指定の天然記念物。

 

樹齢約1000年、高さ40m、枝張り31m、幹回り約12m。

 

秋になると神社へ続く道は、イチョウの落葉で黄色の絨毯を敷いたようになります。

 

毎年、秋の有田陶器市の時期と重なるので、ぜひお立ち寄りくださいね!

Sponsored Link