季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

昭和の日の由来と意味。天皇誕生日からの変遷。みどりの日は?

毎年ゴールデンウィークになると皆さんいろいろな計画を立てていることでしょう。

年に一度の長期の休暇となるので、楽しみですよね。

 

長期休暇のスタートとなる4月29日はどのような祝日かご存知でしょうか。

 

昭和生まれの方ですと、昭和天皇の誕生日という名称がピンとくる人が多いかもしれませんが、平成生まれの方にとっては、昭和の日という名前が定着しているかもしれませんね。

 

それではこの「昭和の日」とはどのようにして祝日になったかご存知ですか?

 

今回この「昭和の日」の由来や意味などについてお伝えしていきたいと思います。

・天皇誕生日からの変遷
・「昭和の日」と「みどりの日」の違いは?
・昭和の日の由来は?
・昭和の日の意味は?
・みどりの日はどこへ行ったの?

 

Sponsored Link

天皇誕生日からの変遷

日本国旗

 

「昭和の日」は昭和天皇の誕生日?

天皇誕生日とは、国民の祝日に関する法律、通称「祝日法」という法律で定められている祝日の1つです。

 

昭和の時代、4月29日は昭和天皇の誕生日でした。

 

年号が「昭和」から「平成」へと変わり、即位された天皇陛下の誕生日である12月23日が「天皇誕生日」に変わったのです。

 

「天皇誕生日」から「みどりの日」へ

4月29日はゴールデンウィークの初日です。

みんなが毎年楽しみにしている数少ない長期連休ですね。

 

昭和から平成に変わり、新たな天皇誕生日という祝日が定められることにより、昭和天皇の誕生日がなくなってしまうということが懸念されました。

 

また、4月29日はゴールデンウィークにかかって長期休暇になるという側面もあります。

 

国民生活や経済にも大きな打撃を与えるのではないか?という声もあり、祝日をそのままにして法律に定められたのが「みどりの日」です。

 

「みどりの日」から「昭和の日」へ

昭和天皇の誕生日である4月29日の祝日については、政府でもたくさんの議論が交わされました。

 

2007年に祝日法が一部改正されたことにより、4月29日の「みどりの日」は5月4日に当てられ、代わりに4月29日は「昭和の日」と定められました。

 

 

「昭和の日」と「みどりの日」の違いは?

女性 はてな

 

ここまで読んで「あれっ?」と思われた方がいらっしゃると思います。

 

祝日は法律で定められているものなので、法改正によって名前や日にちが変わったり、ハッピーマンデー制度が始まったり、いろいろな変遷があります。

 

現在4月29日は「昭和の日」となっています。

 

もとは昭和天皇の誕生日でしたが、年号が平成に変わり、新たに天皇誕生日として12月23日が祝日と定められました。

 

昭和天皇の誕生日である4月29日は祝日のまま「みどりの日」という名前が当てられ、その後、「昭和の日」という名称に変わったという変遷があります。

 

このように、4月29日は当初の天皇誕生日から二度も名称が変わっているのです。

 

みどりの日は他の日だったはず?昭和の日って何?などと、疑問を持つのも無理はありませんね。

 


Sponsored Link

昭和の日の由来は?

昭和の日 4月29日

 

平成の時代が始まった当初、昭和天皇の誕生日を「昭和の日」という祝日にしようという意見が出ていました。

 

しかし、「昭和」という言葉からは戦争という辛い時期を思い出すという反対意見や、社会的配慮が加味されて「みどりの日」と名付けることになりました。

 

また、昭和天皇が生物学者としてとても有名で植物にも詳しく、ご公務でも「植樹祭」を始めとした自然保護に積極的にご出席されていたことなどから、「みどりの日」という名前が考えられたそうです。

 

その後、「昭和の日」については議論が重ねられ、2007年に祝日の法改正により4月29日は「昭和の日」で決まりました。

 

昭和の日の意味は?

 

昭和の日

 

 

国民の祝日に関する法律では下記のように定義されています。

激動の日々を経て、復興を遂げた昭和の時代を顧み、国の将来に思いをいたす。

(引用元:内閣府ホームページより

 

昭和という時代は本当に激動の時代でした。

 

大きい戦争があって、その後の復興もどれだけ大変だったことでしょう。

 

戦争時代は伝え聞いたり資料を見ることで推し量ることができません。

年を重ねるごとに戦後の時代を生き抜いてきた人たちの数も減ってきました。

 

「このままでは昭和の時代にあった出来事を知る人がいなくなってしまう。それではいけない」と考えられるようになってきました。

 

そこから、みんなで力を合わせて頑張ってきた時代を思い起こし、これからの未来も力を合わせて頑張っていこうと、思いはせる日であってほしいという願いを込めて「昭和の日」と名付けました。

 

「昭和の日」にちなんで

昭和 あれこれ

 

少し昭和の出来事をいくつか書き出してみたいと思います。

 

今となっては記憶にないできごともあるかもしれませんが、さまざまな出来事を経て今があるということがわかりますね。

  • 戦前は大きな地震(三陸地震や鳥取地震)や枕崎台風など痛ましい自然災害がありました。
  • 戦後10年ほどは復興がめざましかったです。
  • 家庭の中でテレビや冷蔵庫、洗濯機が普及し暮らしが楽になっていきました。
  • オリンピックやノーベル賞で日本人の活躍がめざましいものがありました。
  • オイルショックがあって、トイレットペーパーを買い占める主婦が殺到しました。
  • インベーダーゲームは昭和50年代に出始めましたね。100円玉を積み上げてゲームに興じるおじさんが多かったです。まさか現在のようにいろいろなゲーム機が出るとは思いもしなかったです。
  • 新幹線や青函トンネルが開業したのも昭和50年代後半からです。
  • 昭和60年代になってから地上げ、財テクといった言葉とともにバブル期に突入しました。

 

みどりの日はどこへ行ったの?

みどりの日 5月4日

 

それではみどりの日と名付けられた休日はどうしたのでしょうか。

 

現在「みどりの日」は5月4日となっています。

 

その名前の由来は、昭和天皇の自然を愛するお気持ちからでしたが、そのお心のまま現在も下記のように法律に定義されています。

「自然に親しむとともにその恩恵に感謝して、豊かな心を育てる。」
(引用元:内閣府ホームページより

 

「みどりの日」は4月29日から5月4日に変わり、祝日としてゴールデンウィークを構成していますが、それまでは5月4日は祝日ではなく「国民の休日」でした。

 

国民の休日とは?

法律では「成人の日」や「こどもの日」などのように個別の名称を持つものを「国民の祝日」と定め、それとは区別して「振休日」「国民の休日」というものが定められています。

 

「国民の休日」は、第3条3項に「祝日の前日及び翌日が「国民の祝日」である日(「国民の祝日」でない日に限る。)は、休日とする。」と書かれてあります。

 

つまり、祝日に挟まれた平日は休日になるということですね。

 

5月4日は「みどりの日」が定められる以前は、5月3日の憲法記念日と5月5日のこどもの日に挟まれた「国民の休日」として大型連休になっていたのです。

 

つまり、祝日法改正以前の5月4日は祝日ではなかったのです。

【シルバーウィーク】
国民の休日が法律で定められていることによって、年によっては秋のシルバーウィークという大型連休が発生するのです。
法改正後、2009年に初めて発生したこの大型連休は、敬老の日と秋分の日に挟まれた平日が休日となったものです。
この現象は、ハッピーマンデー制度の導入が起因になっています。
敬老の日が9月15日という固定の日付から9月の第三月曜日に変わりましたね。
また、秋分の日は天文学の性質上、その年によって若干日にちがずれますので、この2つの祝日の並びによって毎年連休になるわけではないのです。

 

「昭和の日」があればこそ

過去から未来へ

 

【関連記事】

子供の日菖蒲湯の由来と効能。作り方や入り方は?

敬老の日はいつ?意味や由来。何歳から祝うの?

秋分の日はいつ?意味や決め方は?おはぎの由来。

父の日と母の日は日本ではいつからはじまったの?花の由来は?

 

昭和から幾年もの年月が経ちました。

 

時の流れとは早いものです。

これからも時代とともに元号は変わっていくでしょう。

 

ですが、過去の時代の上に今が積み重なっていっているということを忘れてはなりません。

 

今回「昭和の日」という休日について書いてきましたが、昭和という激動の時代があって、そこから一人一人の力を合わせて今の生活があります。

 

「昭和の日」という休日には、昭和を生きた人たちからお話を聞いてみたり振り返ってみたりするひと時を過ごしてみてはいかがでしょうか。

 

過去にあったできごとを改めて聞いてみるのも、新鮮な発見があっておもしろいかもしれませんよ。