季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

小学校卒業メッセージ文例まとめ【親から子へ・先生から生徒へ】

卒業を祝した場面で使えるメッセージ文例のまとめになります。

 

小学校という長い六年間を経て、お別れを迎える生徒または先生へ。初めての卒業を迎える我が子へ。そしてここまで見守ってきてくれた親へ

 

伝えたい相手に合わせた多種多様な文例を取り揃えました。

 

正式な場にふさわしい言葉から、少し洒落た言い回しのものまで色々なメッセージを集めています。お送りする内容はこちら。

 

・小学校を卒業する生徒へ、先生から贈る卒業メッセージのコツ
・小学校を卒業する生徒から、先生に贈る卒業メッセージのポイント
・小学校を卒業する子供へ、親から贈る卒業メッセージのコツ
・小学校を卒業する子供から、両親へ贈る卒業メッセージのポイントは感謝
・名言・詩・英文を使ったワンランク上の小学校卒業メッセージ文例

 

場面に応じて大切な人への一言に、是非ご活用くださいね。

 

Sponsored Link

小学校を卒業する生徒へ、先生から贈る卒業メッセージのコツ

黒板

 

小学校を卒業し、中学校に上がる頃。

子供は今までよりももう少し大人のステージに上がることになります。

 

それを踏まえた上で、ほんの少しだけ大人扱いするような言い回しを贈ってみてはいかがでしょうか。

 

また、新しい環境に移ることで不安を覚える生徒も少なからずいるのではないでしょうか。

 

そんな生徒さんの為に、今まで培ってきた様々なものがあなたの助けになること。離れても自分はあなたのこれからを応援し続けるという気持ち。

 

それらを感じさせる激励の言葉を添えるのもいいですね。

 

先生

 

先生からの卒業メッセージ文例

「この度は、皆さんが小学校をご卒業されましたことを心よりお喜び申し上げます。立派に成長された皆さんの姿をこうして見ていると、ご家族皆様の誇らしげなお気持ちが私にも伝わってまいります。」

 

 

「皆さんと過ごした六年という歳月は、私に、そして皆さんに多くの素晴らしい思い出を与えてくれました。その思い出の中にある嬉しかったこと、辛かったこと、悲しかったこと。その全てが大切な宝物です。この宝物を胸に、新しい環境でも皆さんが大いに励んでいくことを応援しています。」

 

 

「新しい門出を迎えた皆さんへ、おめでとうの言葉を私から贈らせていただきます。これから先は今まで以上に色んな出会いや出来事が皆さんを待っています。皆さんならばこの先どんな事があっても、持ち前の元気さや明るさで乗り越えていくでしょう。」

 

 


Sponsored Link

小学校を卒業する生徒から、先生に贈る卒業メッセージのポイント

教室

 

今までの子供扱いとは違って、周囲もあなたのことを少しずつ大人扱いしていくでしょう。あなたの成長が感じられるような言い回しを用いてみましょう。

 

難しい言葉を無理に使う必要はありません。敬語をきっちり丁寧に、今までの感謝を素直に伝える事。それが何よりも大事です。

 

成長をより感じさせる言い回しの一つとして、卒業後の目標などどんな人間に成長していきたいか、そのためにどうやって努力していくのか。今後の目標や抱負を少し織り交ぜてみるのもいいですね。

 

小学生 先生 生徒

 

生徒からの卒業メッセージ文例

「これから僕たち・私たちは、小学校という場を巣立ちまた一つ大人に近づいていきます。6年という長い年月の間、ずっと見守ってくださって本当にありがとうございました。」

 

「共に過ごした日々の中で、先生からは多くのことを教えていただきました。きっとこれから先何かつまづくことが起きても、その教えが僕たち・私たちを支えて助けてくれると思います。今までの教えを胸に、立派な中学生目指してこれからも頑張ります。」

 

「先生は僕たち・私たちを支え、卒業までの長い道のりを導いてくれました。その恩に恥じない人間になるためにも、新しい場所に移っても学ぶこと、努力することをこれからも大切にしていきたいです。」

 


Sponsored Link

小学校を卒業する子供へ、親から贈る卒業メッセージのコツ

親子

 

子供に贈ってあげる言葉なら、今まで成長を見守ってきた親だから言える「子供の成長への喜び」を伝えるような言葉を選んであげましょう。

 

今まで小さいと思っていた我が子が、こんなに大きく育ってくれた事への喜び。それを改めて言葉にしてもらえるのは子供にとっても嬉しいことですね。

 

また、成長していくことに伴い、喜びもあれば不安も子供は抱えていると思います。少しでもそんな気持ちを和らげられるように、これから先もあなたを見守っています、と添えるのもいいですね。

 

卒業 親子

 

 

親からの卒業メッセージ文例

「○○ちゃん・○○くん、卒業おめでとう。まだまだ子供だと思っていたのに、気づけばあなたはこんなに大きく、そして素敵な子に成長してくれていました。あなたが少しずつ素敵な人へと育ってくれていること。親としてこれほど嬉しいことはありません。」

 

 

「12年という期間は長いようであっという間でしたね。あんなに甘えん坊だったあなたが、気づけば自分の足で積極的に色んな世界へ飛び込んでいくようになりました。そんなあなたの成長を見るたび、私はあなたのことを誇らしく思いました。」

 

 

「小学校を卒業して、中学校という新しい世界へこれから羽ばたいていくでしょう。そこには期待もあれば不安もあるかもしれません。でも、この先何かあっても私達はいつもあなたのそばにいます。あなたのこれからをいつでも私達は応援していますよ。」

 

小学校を卒業する子供から、両親へ贈る卒業メッセージのポイントは感謝

卒業式

 

小学校卒業までの12年間、一番そばで見守り続けてくれたのはやはりご両親です。

 

ここまで育ててくれたこと、色々苦労をかけてそれでも応えてくれたこと。一つ大人になった今だからこそ、今までの感謝を込めたメッセージがご両親にとっては一番嬉しいものだと思います。

 

等身大のあなたが伝わるような、ありのままの言葉も勿論喜ばれます。

 

ですが、成長した自分を改めて感じてほしいと思うなら、言葉遣いを丁寧にしつつ、メッセージの中に少しだけ難しい言葉を一つだけ盛り込んでみるのもいいかもしれません。

 

 

子供からの卒業メッセージ文例

「お父さん・お母さんへ。今日まで僕・私をずっと見守ってくれてありがとう。今までずっと甘えてばかりで、二人にはとても苦労をかけたと思います。それでもずっとそばに居てこうして育ててくれたことには、本当に感謝しています。」

 

「僕・私が苦しい時や悲しい時には、いつだってお父さん・お母さんがそばにいて支えてくれました。嬉しい時や楽しい時は、そばでずっと僕・私を喜ばそうとしてくれていました。お父さん・お母さんと過ごした12年間が私には何よりも大切な宝物です。」

 

「これから僕・私は小学校を卒業して、中学校へ進んでいきます。二人のような素敵な大人を目指して、一意専心して勉学にも部活動にも励んでいきたいです。これからもよろしくお願いします、お父さん・お母さん。」

 

名言・詩・英文を使ったワンランク上の小学校卒業メッセージ文例

 

ここまで色々なメッセージの文例をまとめてみましたが、もう少し洒落を利かせたい、英語の先生にも成長を感じてもらえるようなものにしたい、そういった希望が出てくることもあるでしょう。

 

ここから先は一つ趣向を凝らしたメッセージ作成に役立つような文例をご紹介いたします。

「成功者になろうとするのではなく 価値のある人間になろうとしなさい」

相対性理論で有名なアルバート・アインシュタインが残した名言です。その生真面目さゆえに自分を天才とは全く思っていなかったという、アインシュタインらしい言葉です。

「If you can dream it, you can do it.」

ウォルト・ディズニーの言葉です。夢見ることができれば、それは実現できるという意味です。

 

生徒や子供を激励する言葉としても、先生や親に今後の誓いを新たにする言葉としても適している素晴らしい名言ですね。

「Everything is practice.」

サッカーの王様として名高いペレの名言です。全ては練習の中にあるという言葉ですが、それはサッカーだけでなく人生の色んな場面においても当てはまるものですね。

「人間はみな、なにほどかの純金を持って生まれている。聖人の純金もわれわれの純金も変わりはない。」

かの吉田松陰が残した言葉です。卒業したばかりでこれからに不安を抱く子供たちへ、激励の言葉として贈ってみてはいかがでしょう。

「わたしが両手をひろげても、お空はちっとも飛べないが、飛べる小鳥はわたしのように、地面(じべた)をはやくは走れない。わたしがからだをゆすっても、きれいな音は出ないけど、あの鳴る鈴はわたしのように、たくさんなうたは知らないよ。鈴と、小鳥と、それからわたし、みんなちがって、みんないい。」

金子みすゞさんの詩、「わたしと小鳥とすずと」です。そのままのあなたでとても素敵、そんな気持ちを込めてこの詩を贈ってあげてください。

 

卒業証書

 

【関連記事】

卒業メッセージを先生から生徒へ送る例文集!感動的にするには?

小学校卒業メッセージ。親から子供へ!感動と激励の一言例文。

 

こうして色々文例をまとめてみましたが、何よりも大切なのはお祝いや感謝の気持ちが相手に伝わるように心がける事です。

 

あなたの気持ちを伝えるちょっとしたお手伝いとして、この文例が生かされたら幸いです。


Sponsored Link