季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

抜群!生姜の美容効果と健康効能。生と加熱の効果の違いとは?

みなさんは生姜はお好きですか?

 

まず生姜と聞くとイメージされるのが蕎麦などの薬味や、お料理に添えられている紅生姜をイメージしがちですよね。

 

ここ数年、生姜が主役として風邪や冷え性の予防や、ダイエット効果など、さまざまな効能があると雑誌などで取り扱われて注目されている食材です。

 

今回は、その注目食材の姜の効果や効能についてお話しいたします。

 

・生姜は生と加熱後では効果が変わる!ジンゲロールとショウガオールとは?
・生の生姜の効果と効能。生の生姜は冷え性改善にならない?
・美容にも効果あり!加熱した生姜の効果と効能
・生姜は状況によって生、加熱したものを食べ分けよう。
・乾燥生姜もおすすめ!

 

Sponsored Link

生姜は生と加熱後では効果が変わる!ジンゲロールとショウガオールとは?

 

生姜は古来、中国やインドでは薬用として効能が認められ、漢方の一種として使用されていました。

 

その生姜の使用方法は生のまま乾燥させて使用したり、蒸して熱を加えて乾燥させて使用したりして処方されています。

 

漢方の世界では、生姜は咳止め、解熱、嘔吐を抑える、胃など消化器系の回復効果、また体を温める効果が強いと言われています。

 

そして、生姜の摂取の仕方により効果も違います。

 

難しいことではありません。

生で食べるか、加熱して食べるかの二択です。

・生で食べることをジンゲロール

・加熱して食べるとショウガオールと呼ばれています。

 

 

※ジンゲロール(生)

生の生姜は強い殺菌力があり、前述で述べた紅生姜や薬味もこの一種です。

 

風邪のひき初めに効果があり、また本来の体を温める作用により、血流改善、殺菌効果と発汗作用がありますので、風邪をひいたらジンゲロール(生)の生姜を取るようにしましょう。

 

(ただ生なので時間がたつと成分が減退し変化しますので、おろしたてなど早めに取るよ

うにしましょうね)
※ショウガオール(加熱)

加熱した生姜には消化器(胃腸)を直接刺激して、血行を良くしてくれる効果があります。

 

また冷え性の改善には(生)よりも(加熱した)生姜のほうが効果あり、冷え性の漢方薬にも使われています。

 

一時期、話題になった生姜紅茶や、生姜入りスープなどお料理として取り入れやすいですね。

 


Sponsored Link

生の生姜の効果と効能。生の生姜は冷え性改善にならない?

 

生の生姜には前述で述べたとおり、殺菌効果、発汗効果の他に、吐き気をとめる効果もあります。

 

ですからつわりや乗り物酔いにも効果があり、女性にはうれしい糖質や脂肪の吸収を抑える作用がありますので、ダイエット効果も期待できます。

 

 

ただ、反面、発汗作用が強く、風邪のひきはじめに汗をかくにはよいのですが、汗をかいたおかげで体温が下がり、身体を冷やしてしまう場合もあります。

 

汗をかいた際はこまめに体を拭きましょう。

 

 

生姜は冷え性に有効な食材とされていますが、生での摂取は発汗作用が強すぎるため、かえって身体を冷やしてしまうことにもなりかねません。

 

冷え性対策には生で食べるより、加熱したもののほうが効果があります。

 

一概に冷え性には効果がないとは言えませんが、たくさん汗をかいてしまったら身体が冷えるので一時的にしか身体を温めてはくれないでしょう。

 


Sponsored Link

美容にも効果あり!加熱した生姜の効果と効能

 

加熱した生姜は体内に入ることにより、身体を芯から温めてくれる効果があります。

 

生で食べる生姜とは反対に、冷え性の改善に効果があり

 

ダイエット面では生の生姜は糖質、脂肪の吸収を抑える効果があり、加熱した生姜には新陳代謝を高める効果があります。

(どちらにしろダイエットの面では生でも、加熱でもそれぞれ効能があります。)

 

 

また加熱した生姜には女性には嬉しい美容効果があります!!

・シミ、シワを予防して美肌を保つ、アンチエイジング効果

・むくみ改善

・体臭予防

・ダイエット効果

(こうして並べてみると流行のスーパーフード並みの効能がありますね)

 

生姜は状況によって生、加熱したものを食べ分けよう。

 

生姜は生と加熱したものによってそれぞれ効能が違うということがわかりました。

・身体を冷やしたい時には生(ジンゲロール)で。

風邪のひき初め、体調不良の時は殺菌効果もあるため薬味や、紅生姜など。

 

・身体を暖めたいときには加熱(ショウガオール)で。

冷え性改善、冬の寒い日など身体の芯から温まりたい時には加熱した生姜をお料理に入れましょう。生姜紅茶、鍋物、生姜いりスープなど。

 

生姜の効果、効能についてはご理解いただけたでしょうか。

 

生姜は古来より薬の一種として使われた薬効成分があり、使用方法によっても効果が変わるということがわかりました。

 

どちらにしろ女性には嬉しい美肌効果、ダイエット効果、アンチエイジング効果がある食材なので積極的に取り入れたいところですね。

 

乾燥生姜もおすすめ!

 

【関連記事】

冷え性改善方法!おすすめ食べ物・飲み物。ストレッチのやり方。

らっきょうの効果。ダイエットにも効く?食べ過ぎは危険?

もやしの栄養素と効果。カロリーや食べ方は?加熱してもOK?

ブロッコリースプラウトの効果的な食べ方と栄養。食べる量は?

米ぬかの効果と利用法。美容や掃除、肥料にもおすすめ!

 

「乾燥生姜」というものもあります。

 

生でも加熱でも十分効果がありますが、乾燥させることにより成分が凝縮され効能が増すとのこと。

 

こちらは一度蒸して天日干しなどで乾燥させるため、加熱生姜(ショウガオール)のパワーアップ版と考えても差し支えありません。

 

 

冷え性さん御用達の生姜紅茶もこの乾燥生姜が使われています。

 

生姜の効能は高いですが、もとは薬(万能薬)の役割を果たしてきた、きわめて効果の高

い食材です。

 

積極的に取り入れたいところですが、薬の過剰摂取は毒にもなるといわれるように、適量を継続的に取り入れるようにしましょう。


Sponsored Link