季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

塩竈みなと祭2018の日程とスケジュール。花火の時間や穴場は?

Sponsored Link

塩竈みなと祭は日本三大船祭りとして名を馳せているお祭りです。

宮城県塩竈市にある志波彦(しわひこ)神社・鹽竈(しおがま)神社から繰り出され市内を練り歩きます。

 

そして、色彩豊かな御座船の龍鳳丸、鳳凰丸に神輿を乗り入れたのちに100隻以上の舟を引き連れて、大漁旗を掲げ太鼓や笛などを鳴らしながら神輿海上御渡するお祭りです。

波しぶきをあげてたくさんの船団が進むのを間近で見るとかなり迫力がありますよ。

御座船がたなびかせる吹き流しやのぼりの色が青空に映えてとても綺麗です。

 

海とともに生きてきた塩釜の人々が受け継いできた勇壮なお祭り。

東北に一足早い夏を告げる、塩竈みなと祭2018の見どころや花火などについてお伝えしていきますね。

・塩竈みなと祭2018の日程とスケジュール!
・塩竈みなと祭前夜祭の見どころは?屋台の内容や営業時間は?
・前夜祭の花火の時間や穴場の場所は?
・塩竈みなと祭本祭の見どころは?
・塩竈みなと祭のアクセス方法と駐車場情報。交通規制は?

 

Sponsored Link

塩竈みなと祭2018の日程とスケジュール!

日程:2018年7月15日(日)~16日(月祝)

時間:9:45~19:00頃

塩竈みなと祭は海の日と指定されている7月の第三月曜日に開催されます。

塩竈みなと祭の本祭が行われる前日には前夜祭もありますので、2日間にわたり色々なイベントを楽しめます。

 

本祭りのスケジュールは、10:30に神輿海上渡御開始から始まり、12:00に三部に分かれて行進される陸上パレード、14:00からは約15分と短い時間になりますが、供奉船に先着200名様限定で乗る事が出来ますので、体験乗船をしたい方はマリンゲート塩釜に開設される受付にレッツGO!ですよ。

また前夜祭は人気の花火大会や大賑わいの縁日、ステージイベントなどが開催されます。

前夜祭・本祭についての詳細は下記でお伝えしていきますね。

 

塩竈みなと祭前夜祭の見どころは?屋台の内容や営業時間は?

塩竈みなと祭 花火

塩竈みなと祭(前夜祭)と言えば、まずは約8,000発ほどの夜空に舞い上がる妖艶を楽しむことができる花火大会

 

その他、千賀の浦カヌー体験、交流都市特産品販売、巡視船『くりこま』一般公開などがあります。

 

お子様が大喜びをする数々の屋台がひしめき合う縁日広場(千賀の浦緑地 港町公園)は、15:00~20:50で営業しています。かき氷、クレープ、やきそば、やきとり、いちごあめなど盛りだくさん!

他にもステージパフォーマンスなども同時に楽しむ事が出来ますよ。

 

屋台はもちろんスーパーやレストランもあるので食べ物に困ることはないでしょう。

地元グルメを楽しめるチャンスでもありますね。

前夜祭スケジュール

時間 イベント 場所
15:00~ 縁日広場・露店 千賀の浦緑地、マリンゲート塩釜付近、西ふ頭
15:00~19:40 しおがまうみの歌カラオケ★バトル 港町公園
17:00~20:00 よしこの塩竈30周年記念イベント 千賀の浦緑地:しお彩テラス
20:00~20:50 花火大会「復活!ひかりピア塩竈」

 


Sponsored Link

前夜祭の花火の時間や穴場の場所は?

 

塩竈みなと祭前夜祭のメインイベントといえばやはり約8,000発ほど豪快に上がる花火!

 

比較的早い時期に行われる花火大会なので地元では大人気!

海上を舞う花火が夜空と海面を明るく照らし、とても鮮やかできれいですよ。

日程:2018年7月15日(日)

時間:20:00~20:50

タコやイカなどいろいろな形の花火に観客も大喜び!

 

時期的に雨や曇りになる日も多いので、気になる方は当日の天候はチェックしておいてほうが良いかもしれませんね。地元民はあまり気にせず楽しんでいるようですよ。

 

塩竈みなと祭 前夜祭

一時間ほど心躍る花火に目と心を奪われること必然ですので、楽しみにしてくる人が沢山います。お子様が迷子にならないように気を付けてくださいね。

 

そしてこの花火大会の穴場と言えば、みなとオアシスマリンゲート塩釜の場所が打ち上げ場所との位置から見てもここがいいですね。迫力満点の花火を堪能できちゃいますよ。

 

最寄り駅がJR仙石線 本塩釜駅で、そこからマリンゲート塩釜を目指して徒歩約10分ほどなので、迷子にもならないと思いますよ。(専用の駐車場はありませんのでご注意ください。)

 

イオンタウン塩釜の屋上でも屋台村が出現し観覧可能です。

 

花火は打ち上げ場所よりも離れるほど人が少ない穴場スポットになりやすいです。

本塩釜駅の隣の東塩釜駅周辺でも見ることができるかもしれません。

塩竈みなと祭 花火

 

花火鑑賞クルーズや桟敷船もあります。

海上から見る花火は陸上から見るのとは一味違って、とても迫力があるので一押しですよ。

【花火鑑賞クルーズ】

日時:7月15日(日)

出港場所:マリンゲート塩釜

時間:18:30発~

料金:大人2,500円、小人1,250円

詳細及び予約はこちらから。

 

【花火大会桟敷船】

集合:18:30

出港:19:00

料金:大人3,000円、子供2,000円

『花火大会桟敷船希望。住所、氏名、乗船人数、連絡先』を明記してFAXかメールで申し込みできます。

塩竈みなと祭協賛会

FAX:022-361-6056

電話:022-361-6055

メール:kankou@city.shiogama.miyagi.jp

また2018年は塩竃魚市場2階に有料観覧席が設けられます。

1小間5名椅子付10,000円で先着150席限定です。

 

必要事項をメール・FAXで送ることで申し込みできます。

ひかりピア実行委員会

電話:070-5323-4788

FAX:022-366-2149

メール:miraisouzou_shiogama2018@yahoo.co.jp

申し込み必要事項はこちら

 

塩竈みなと祭本祭の見どころは?

塩竈みなと祭 花火鑑賞クルーズ

 

塩竈みなと祭本祭の見どころは、鹽竈神社の202段もある急な表坂を氏子たちが神輿を担いで降りるところ

 

志波彦神社と鹽竈神社それぞれ2つの御輿を担ぐのですが、重さはなんと1トン。数十人がかりとはいえ夏の蒸し暑い最中、急な階段をゆっくりしっかりと下るのは並大抵ではありません。

 

太鼓、笛、鐘の音が響く厳かな雰囲気で行われる伝統儀式なので見物客も大勢。みな神妙な顔で見守っています。無事に階段を降りきった時は、安堵と苦労を称える称賛の拍手が氏子たちに送られます。

 

 

その後二基の神輿をそれぞれ龍鳳丸と鳳凰丸の御座船に乗せ、約100隻の供奉船とともに松島湾内を約4~5時間かけて巡航します

 

そして今度ははじめの202段の階段を神輿を担いで上り、神社へ還御します。

特に上る時は掛け声をあげながら力を振り絞って一段一段のぼっていくので迫力がありますよ。

見ている人たちも皆声援を送って励まし、一体感があり、上りきった時は感動の空気に包まれます。

 

陸上パレードも地元の方々が盛り上げてくれ、活気があり楽しめます。

老若男女いろいろな連やダンスチームが個性豊かな衣装を着て、さまざまな振り付けで踊ります。

過去にはディズニーパレードもきたこともあり、その時は大勢の人がカメラを向けて楽しんでいました。

 

塩竈みなと祭本祭には神輿海上渡卸鑑賞クルーズもあります。

 

御座船が御供船と共に巡幸しますが、その御供船として鑑賞できるクルーズも臨場感たっぷりで最高です。神輿海上渡卸を御座船と共に巡幸出来るのって素敵ですので、是非ともチェックをしてみて下さいね。

 

出港場所、時間、料金はこちら。

【神輿海上渡卸クルーズ】

日時:7月16日(祝月)

出港場所:マリンゲート塩釜

時間:12:00発~

料金:

(塩釜発松島着コース)大人1,500円、子供750円

(塩釜発塩釜着コース)大人2,000円、子供1,000円

※予約すると1割引きになります。

 

詳細及び予約はこちらから。早めのご予約をおすすめします。

本祭スケジュール

〈御輿渡御〉

発輿祭9:45→表坂下り10:10→市内巡幸(西埠頭御発船11:00)→塩釜港西ふ頭御発船12:00→神輿海上渡御(~七ヶ浜~松島湾・浦戸諸島)→塩釜港西ふ頭帰港16:40→表坂上り18:20→神輿還御

〈陸上パレード〉

12:00~(本町・西町・神社表坂下)

〈供奉船体験乗船会〉

14:00~(マリンゲート塩釜 市営汽船貨物受付所)

 

塩竈みなと祭のアクセス方法と駐車場情報。交通規制は?

 

『塩竈みなと祭』の花火大会の会場には、JR仙谷線の本塩釜駅からマリンゲートを目指して徒歩で10分ほどの位置になります。

 

大きく花火も上がるので途中でも見ることはできると思いますよ。

 

車でのご来場は交通規制なども入りますので、あまりおすすめはできません。また近辺に駐車場もありませんのでご注意ください。

 

交通規制もマリンゲート塩釜からの海岸沿いの道路などと限定されているので、そこから外れた位置にあるコインパーキングなどを使う事も一つの方法だと思います。

少し離れた多賀城駅などの有料駐車場を利用するのもいいかもしれませんね。

 

交通規制:会場周辺17:00~22:00

 

海と陸と空!東北の夏祭りを楽しもう。

海 本祭

 

【関連記事】
相馬野馬追の日程と見どころ。駐車場や交通規制情報。
盛岡さんさ踊りの日程とイベント時間。おすすめ宿泊所は?
八戸三社大祭の日程。山車のおすすめ鑑賞場所は?

 

前夜祭と本祭に分かれている塩竈みなと祭は、花火・縁日・海上神輿渡御・陸上パレードと、陸海空で楽しいイベントが行われます。

 

豊かな自然を背景に行われる数々のイベントは、大人も子供も楽しめることでしょう。

 

旗をたなびかせながら列をなして走る船団はとても爽快で迫力ありますよ。

 

花火の華やかさ、縁日のにぎわい、厳かな神輿渡御やパレードはもちろん、音楽ステージやダンスなどもありますので、2日間たっぷり楽しんで下さいね。

Sponsored Link