季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

仙台七夕まつり2017の日程と楽しみ方。花火やイベント情報。

仙台七夕まつりは宮城県仙台市で行われるお祭りで、全国の七夕まつりの先駆けとも言うべき存在です。

 

緑の色を深める8月に、青葉の街は街中が七夕一色になるんですよ。

 

杜の都のそよ風にたなびく、色彩豊かな七夕飾りにこめられた願いと夢。

400年以上にわたって根強く伝わる日本一豪華な七夕まつり。

 

独眼竜・伊達政宗公が広めたとされる仙台七夕まつりは、親しみと誇りを込めて、地元ではタナバタさんと呼ばれています。

 

七夕飾りにはそれぞれ“願い”が込められています。

短冊には学問向上を、折り鶴には長寿をなど他にもたくさん。

ただの綺麗で豪華な飾りではないんですよ。

 

また、七夕飾りだけでなく「星の屑まつり」、「仙台七夕花火祭」、「夕涼みコンサート」など見どころがたくさん!全国から多くの人が集まります。

 

それでは東北3大祭りの1つである、仙台七夕まつりを楽しむための情報を、下記の内容でたっぷりお届けしていきますね!

 

・仙台七夕まつり2016の日程は?
・仙台七夕まつりの見どころ、楽しみ方は?
・仙台七夕まつりのアクセス、混雑状況は?
・仙台七夕まつりの歴史は復活の歴史

 

Sponsored Link

仙台七夕まつり2016の日程は?

 

日程:2016年8月6日(土)~8月8日(月)

 

・主なイベントスケジュール

8月 時間 イベント 会場
5日 19:00~20:30 仙台七夕花火祭 仙台西公園付近
6日~8日 10:00~21:00 おまつり広場 勾当台公園市民広場
定禅寺通りグリーンベルト
つなぎ横丁
18:00~21:00 瑞鳳殿七夕ナイト 瑞鳳殿
17:00~20:00 仙台城跡
ナイトイベント
仙台城跡(青葉城跡)

 


Sponsored Link

仙台七夕まつりの見どころ、楽しみ方は?

心浮き立つきらびやかな色合い

仙台七夕祭り

出典:http://www.sendaitanabata.com/

 

仙台七夕まつりの見どころは何と言ってもその綺麗で豪華な七夕飾りですね。仙台の七夕飾りはほとんど色鮮やかな和紙で作られています。

 

大きなくすだまに長い吹流し。

空を仰ぐほどの大きな吹き流しは顔に触れるほどに垂れ下がっています。

 

赤や青、黄色に緑など、きらびやかな色合いと意匠を凝らした飾り物を見るだけでもとても楽しいですよ。

 

風にさやさやと揺れ、サワサワとこすれ合う音がなんともいえない爽やかさを感じ、夏の暑さをふーっと遠ざけてくれます。

 

伊達政宗公は華奢・風流を好んだとされ、派手で華美な七夕の飾り物は、政宗公の気風が受け継がれているのでしょう。

 

仙台七夕の心!必須の“七つ道具”

仙台七夕には、“七つ道具”と呼ばれる7つの伝統的な飾りつけがあるんですよ。

そしてそれらには、意味も込められています。

 

「短冊」は学問や書の上達の願い

「紙衣(かみごろも)」は災いや病の身代と裁縫の腕前向上の願い

「千羽鶴」は長寿の願い

「巾着」は富と貯蓄、商売繁盛の願い

「投網(とあみ)」は豊漁豊作の願い

「屑篭(くずかご)」は清潔と倹約の願い

「吹流し」は織り姫の織り糸を象徴

この7つの飾りが必ずどこかに使われています。

美しい飾りを眺めながら、探してみるのも楽しいですね!

 

 

祭りムードを加速!仙台花火祭

前夜祭として定着した仙台七夕花火大祭も見逃せません!

 

こちらは8月5日の19時より東北大学百周年記念会館(川内萩ホール)付近より打ち上げられます。

 

仙台西公園が花火の鑑賞スポットで、打ち上げ前には野外ライブなどのイベントも開催されます。

 

仙台西公園まで歩いていくのはイヤという方は、JR仙台駅前のAERの展望フロアからも眺めることができますよ。

 

最大4号玉の打ち上げ花火やスターマインなどが、夜空を美しく彩ります。

 

パレード

出典:http://www.sendaitanabata.com/

 

色とりどりに思いをこめた仙台の夏祭り

この他にも、

「星の屑まつり」…定禅寺通りにて17時から行われるパレード

「夕涼みコンサート」…匂当台公園の野外音楽堂にて行われる無料の音楽イベント

「七夕ヴィレッジ」…匂当台公園時の広場のステージ

「瑞鳳殿七夕ナイト」…瑞鳳殿で開催される竹灯籠のイルミネーションイベント

など見どころがたくさん!

 

昼間に七夕飾りを堪能して、各種イベントや屋台を散策しながら夜は瑞鳳殿にお出かけするのがおすすめの楽しみ方ですよ。

 

瑞凰殿

出典:http://www.sendaitanabata.com/

 

駅前よりアーケード街、各イベント会場には屋台(露店)も多数出店します。アーケード街では各商店の出店もスタンバイ。

 

様々な食の魅力を集めたフードコートおまつり広場も見逃せません。仙台名物の牛タンの串刺し、「牛串」もぜひ味わって下さいね。

 


Sponsored Link

仙台七夕まつりのアクセス、混雑状況は?

仙台七夕祭り

出典:photohito.com

 

会場 中央通り・一番丁通りほか
住所 宮城県仙台市青葉区
電話 022-265-8185(仙台七夕まつり協賛会)
地図
電車の場合 JR仙台駅より徒歩3分
車の場合 東北道仙台宮城ICから国道48号経由6km15分
駐車場 仙台七夕まつりの臨時・特別駐車場は設置されません。
周辺の有料駐車場をご利用下さい。下図は詳細情報とともにこちらよりダウンロードできますので、ご参考下さいね。
駐車場地図
交通規制 下図の斜線部分、中央通りと東一番丁通りは交通規制が敷かれます。

 

6日、7日は10時~22時、8日は10時~21時、全面車両通行止めです。

 

周辺の道路は大変混雑しますのでご注意下さい。

交通規制地図

 

混雑状況

仙台七夕まつりの3日間の観客動員数は200万人!と言っても会場エリアは広いですし、数字で言われてもピンと来ませんね。

 

ごく普通に大勢の人で賑わっている、といった感じだと思います。都会の繁華街らしい賑わいといった感じですね。

 

雰囲気が伝わりそうな動画を挙げておきましたので、参考にしてみて下さいね。

 

 

雨天の場合と22時以降の時間外

雨天の場合はアーケードのある通りのみ観覧することができます。

 

下図の①~⑤がメインです。⑥、⑧~⑪、⑬、⑭はアーケードがありません。雨天の場合は飾りがしまわれてしまうので観れないでしょう。

 

地図

 

また、仙台七夕まつりは10時~22時(最終日21時)です。

 

時間外になるといたずら防止、落下防止などのために、ビニール袋に詰められて手の届かない高くに上げられるか、しまわれるかしてしまいます。

 

仙台七夕まつりの歴史は“復活”の歴史

仙台七夕祭り

出典:http://www.sendaitanabata.com/

 

仙台七夕まつりは江戸時代初期、当時の仙台藩主の伊達政宗が婦女に対する文化向上として、また、“天明の大飢饉”の際の世直し策として行われたとも言われています。

 

明治時代になると、古き伝統は奨励しない風潮が高まったため、七夕の風習は廃れ始め、第1次世界大戦後の不景気で一層拍車がかかりました。

 

仙台商人の心意気!七夕まつり大復活!

1927(昭和2)年、この状況を憂えた商店街の有志たちによって、仙台七夕まつりは鮮やかに復活します。

 

 

翌年には旧暦行事として行われていた仙台七夕まつりを新暦の月遅れ、8月の6日~8日の3日間に開催することとし、「飾りつけコンクール」が催されました。

 

これ以降、華麗な飾りつけが発達するようになりましたが、第2次世界大戦の影響で再び廃退。戦後1946(昭和21)年に、仙台空襲で焼け野原となった街に52本の竹飾りが飾られることで再度復活しました。

 

翌年には昭和天皇が巡幸され、沿道の5,000本もの竹飾りがこれを歓迎。ここに仙台七夕まつりの完全復活をみることができます。

 

 

そして仙台七夕まつりは商店街振興から観光イベントへと推移していきました。

 

現在では七夕飾りだけでなく「星の屑まつり」、「仙台七夕花火祭」、「夕涼みコンサート」などが加わり、名実ともに日本一のスケールを誇る七夕まつりとなって、全国から集まる観光客を楽しませてくれています。

 

脈々と受け継がれてきた400年以上の華々しい伝統!

 

【関連記事】

仙台七夕花火祭の日程や時間。交通規制や穴場スポット!

仙台七夕まつりおすすめのホテル、宿泊施設。観光、グルメ!

仙台七夕祭りの歴史と起源。見どころや由来について。

 

台七夕まつりの楽しみ方などについてご紹介しました。

 

仙台七夕まつりの飾りの特徴は和紙で作られていること。ソフトビニールや電飾のキラキラはありません。それは400年以上続いてきた伝統の証です。

 

新しい趣向を取り入れつつも、守るべき伝統はしっかり受け継がれているのですね。

 

8月のうだる暑さの中、避暑を兼ねて仙台七夕まつりへ行きませんか?東京から東北新幹線で90分、日帰りだって可能な距離です。

 

学問や長寿、健康や富などの願いが込められた七夕飾り。その場にいるだけでもなにかご利益がありそうですよね。

 

綺麗で豪華な七夕飾りや煌びやかなパレード、そして虹色の美しいくす玉と吹流し、美しく可憐で華やかな仙台の3日間に大いに酔いしれて下さいね。


Sponsored Link