季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

さつまいも保存方法と期間!切ったものは?上手な解凍方法は?

Sponsored Link

つまいもは、意外に傷みやすいデリケートな食材です。

 

間違った保存方法だと、直ぐに芽が出たりカビが生えたり。
でも、上手に保管すれば保存期間を伸ばすことができますよ。

 

今回は、そんなさつまいもの保存方法と保存期間についてです。

・生さつまいもの保存方法や期間は?冷蔵庫に入れても大丈夫?
・切ったさつまいもの保存方法や期間は?そのまま冷凍庫に入れてもいいの?
・さつまいもの保存方法は夏と冬で違う?
・さつまいもの上手な解凍方法は?

 

Sponsored Link

生さつまいもの保存方法や期間は?冷蔵庫に入れても大丈夫?

さつまいも 保存

 

土付きさつまいも

さつまいもは、土付きのもの(収穫後洗っていないもの)の方が長く保存できます。

湿気から守る為に新聞紙に包んで風通しのいい涼しいところに置いておきましょう。

 

大量にある場合は、ダンボールや籠など湿気がたまりにくい入れ物で保管します。

ダンボールに新聞紙を敷き、サツマイモ、新聞紙、サツマイモ、新聞紙というように重ねていき、最後に新聞紙を被せておきましょう。

この状態で保管すれば、1~3ヶ月保存できます。

 

気をつけたいのが、決して冷蔵庫には入れないようにすることです。

さつまいもは、12℃以下になると低温障害を起こして味や食感が悪くなります。

 

洗ったさつまいも

洗っていないものの方が長持ちするとはいえ、スーパーなどでは洗った状態でポリ袋に入れて売られていることが多いですね。

 

家で保管する時には、少しでも湿気がこもらないようにせめてポリ袋から出して保管しましょう。

 

その後、新聞紙でくるんでから冷暗所保存します。
なお、洗ってあるさつまいもは一週間程度で食べきりましょう。

 

干し芋

大量のさつまいもの保存に困った時には、干し芋にする方法もあります。

 

さつまいもを茹でてから干すだけですから作り方も簡単です。
干し芋は嵩が減るうえ、冷蔵・冷凍保管も可能です。

 

切ったさつまいもの保存方法や期間は?そのまま冷凍庫に入れてもいいの?

保存方法 さつまいも

 

切ったサツマイモ

切ったサツマイモは、切り口からカビが生えやすくなります。
ですから、切り口だけをラップで包んでおきましょう。
その後、冷暗所で保管します。

 

切ったり傷がついたさつまいもは、傷みやすいので早めに食べましょう。

 

目安は一週間程度ですが、夏季など気温が高い時には2~3日で傷み始めます。

 

冷蔵・冷凍保存

冷蔵 冷凍 さつまいも

 

さつまいもを冷蔵すると、低温障害を起こしてしまい、かえって劣化が早まります。

 

また、冷凍すると食感が悪くなります。
ですから、冷蔵庫で保管したい場合は加熱してからにしましょう。

加熱方法は、茹でる、蒸かす、電子レンジ加熱などどんな方法でもかまいません。

すぐに使えるように、切ったりマッシュにしたりしておくといいですね。

 

冷凍する時には、冷ましてからフリーザーバッグに入れて空気を抜いて、冷凍しましょう。

保存期間の目安は冷凍で一ヶ月、冷蔵保存で一週間です。

 


Sponsored Link

さつまいもの保存方法は夏と冬で違う?

さつまいも 夏 冬

 

さつまいもは常温保存が基本ですが、18~20℃を超えると芽が出てきます。

 

逆に5~10℃以下になると低温障害を起こします。
ですから、寒い冬や暑い夏は日持ちがしません。

冬場、室温が低くなり過ぎる場合は、新聞紙に包んだり、おが屑の中に埋めたりして寒さを防ぎましょう。

土の中に埋めてしまうという方法もあります。

 

冬場よりも難しいのが夏場です。

エアコンなどで涼しい場合はよいのですが、外出時には蒸しぶろ状態になる部屋もありますよね。

その場合は、冬場の対策(新聞紙に包むなど)した上で野菜室に入れておくといいでしょう。

 

さつまいもの上手な解凍方法は?

さつまいも 解凍方法

 

解凍方法は、室温・冷蔵庫での自然解凍が基本です。

 

急ぐ場合は、電子レンジでの解凍も可能ですが、加熱しすぎに注意しましょう。

 

炊き込みご飯や汁ものであれば、凍ったまま調理することも出来ます。

 

さつまいもは常温保管が基本

常温保存 さつまいも

 

【関連記事】
ホカホカ美味しい!安納芋の上手な焼き方と食べ方。カロリーは?

干し芋のカロリーと栄養。ダイエットに効果的な食べ方は?

焼き芋ダイエットの方法と効果!朝だけや置き換えでもOK?

 

つまいもの保存方法と保存期間についてでした。

 

さつまいもは、冷暗所で常温保存。
冷蔵・冷凍する時は、加熱してからが基本です。

 

早めに食べる時でも、買ってきたままではなくせめてポリ袋から出してあげてくださいね。

Sponsored Link