季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

三寒四温の意味と時期。いつの季語?挨拶例文や英語は?

学校でも習った三寒四温

 

近ごろでは3月ぐらいでも、TVで三寒四温という言葉が使われ、あれ?学校で習ったときは、そうだったかなあ?

と思うのはそれだけ年月が過ぎたからでしょうか。

 

いえいえ、調べてみたら、本来の意味と違った風に使われるのが近ごろの「三寒四温」のようです。

 

「三寒四温」の時期ってどうだったかしら?と確認する意味で、いろいろ調べてみました。

四文字熟語も、時期によってもいろいろ変遷があるようですね。

 

みなさまの疑問の解決のお役にも立てましたらと思います。

では意味について、解説させていただきますね。

 

・三寒四温の意味は?時期はいつのこと?
・三寒四温の季語は春?冬?
・三寒四温を使った挨拶例文
・三寒四温を英語で言うと?

 

Sponsored Link

三寒四温の意味は?時期はいつのこと?

 

気象庁の説明によりますと、

三寒四温とは、冬季に3日間ぐらい寒さが続き、次に4日間ぐらい暖かさが続き、これが繰り返されることを言います。

 

本来は、12月から2月までの間のことだったのですね。

 

しかし体感により、その三寒四温も変わってきたようで、2月から3月によく使われるようになってきています。

 

TVの番組でも、春が近づいてきたという意味で三寒四温の気候と報道されることも増えましたね。

 

本来の意味が気候の変動や、体感により変化してきたということです。

そのうちに、「三寒四温」は死語になってしまうかもしれませんね。

 


Sponsored Link

三寒四温の季語は春?冬?

 

三寒四温は古来、の季語なのですが、体感としての三寒四温が日本では感じられなくなってきておりますので、春先にズレて使われることが増えてきているようです。

 

本来は、中国北部や朝鮮半島北部で見られる、シベリア高気圧による冬の気候のことでしたが、日本では冬の三寒四温は1回あるかないかの現象なので、冬に使われることはほとんどなくなってしまいました。

 

三寒四温と言えば、春が近いという感じで使われる事が多くなってきましたね。

 

 

古来、歳時記では、冬の季語として三寒四温は分類されてきましたが、最近では俳句結社誌でも、「三寒四温」は早春の季語として詠んでいる作者が多いようです

 

体感で季語を選ぶようになってきたということですね。

日本も気候変動により、年中熱帯雨林のような状況に陥ることがないとも言えません。

 

環境問題も気になってきますね。

 

参考俳句

「三寒四温逢ひたいダイヤル記憶せり」高野万里

「枯れ果ててゆくも四温の最中なり」大場佳子

「思案橋ブルース三寒四温かな」瀬戸正洋

 

三寒と四温を分けて季語とされる場合も多いようです。

 

「三寒の平安神宮朱に映える」飯岡良一

「改めて四温の雨と思ふ町」野田ゆたか

 


Sponsored Link

三寒四温を使った挨拶例文

 

前述のように「三寒四温」の意味は冬でも春先の時期でも使えないことはありませんので、使うとしたら2月下旬でしょうか。

 

一般的には早春の時期の意味として使われるようになってきました。

・季節は冬から春に向かう、三寒四温の今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。


・三寒四温のうちに、季節は冬から春へと向かいつつあるようです。


・三寒四温の季節柄、体調を崩されぬようにご自愛ください。

気候の温度差による時期の体調を気遣う意味での挨拶文として、使われることが多くなっているようです。

 

三寒四温を英語で言うと?

Cycle of three cold days and four warm days

 

そのまんまの意味ですね(笑)

 

三寒四温 Sankanshion ~ Japanese IRL!

 

三寒四温についての意味を外人ギャルが解説しています。

 

 

ネイティブ英会話 フレーズ集3240 Part1 1-5 時候のあいさつ

 

英会話の時候のあいさつもご参考にどうぞ

 

言葉の意味や時期は時代とともに変化するもの

 

【関連記事】

立冬の意味と時期。立冬の挨拶文例。おすすめの食べ物は?

立春の候の時期はいつからいつまで?挨拶例文や読み方。

年の瀬の意味や語源とは?使い方や挨拶の例文。ビジネスは?

小春日和の意味。いつからいつまでの時期のこと?語源は?

寒露の意味と時期。おすすめの食べ物は?寒露の候の使い方。

霜が降りる条件。時期や理由は?気温や時間帯。霜柱とは違う?

 

「三寒四温」の時期や意味についていかがでしたでしょうか。

 

言葉の意味は、気候や体感により便宜的に、本来の意味より変化していくということですね。

 

本来の意味にこだわりすぎると、かえって奇妙なことになってしまいます。

今、現在がどうなのか?ということが、心のやり取りとしては重要ですね。

 

マナーとは、実際に思うことの心の伝え方であるべきなのです。

 

今を感じ、今の先方を気遣う心遣いを心がけたいものですね。

この記事がみなさまのお役に立てましたら幸いです。


Sponsored Link