季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

新卒の年収平均や手取りの額はどれくらい?高いところは?

Sponsored Link

現在就活中の方やこれから新社会人として歩む方にとって、一番気になるところが年収のことかと思います。

 

基盤となる生活をしていくにあたって、やはりどれくらいの年収があるかによって就職先を決めたり、また生活環境を考えたりする大事なチェックポイントですよね。

 

今回は新卒の方の年収平均や手取り額がどれくらいになるのか、また新卒の年収の高いところなどを中心に、いろいろな点から調べていきたいと思います。

・新卒の年収平均はどれくらい?
・新卒の年収300万円は高い?低い?
・年収300万円の場合、手取りはいくらぐらい?
・新卒の年収が高いところは?

 

Sponsored Link

新卒の年収平均はどれくらい?

平均年収 計算
新卒の年収平均ということでまず考えることが、最終学歴と地方によって違いがあるということです。

 

今回新卒の平均年収を調べるにあたって、厚生労働省発表による平成28年賃金構造基本統計調査結果をもとに計算をさせていただきました。

 

最終学歴別

・大学院修士課程修了 約305万円
・大学卒       約271万円
・高専、短大卒    約238万円
・高卒        約218万円

ただし、新卒の場合夏のボーナスについては、金一封もしくは支給なしというところがありますのでその点も考慮してあります。

 

都道府県別

都道府県別による年収を調べてみたところ下記のようになりました。

一番高い年収地域:大学卒 約280万円 高卒 約233万円
一番低い年収地域:大学卒 約226万円 高卒 約191万円

新卒の年収300万円は高い?低い?

新卒 企業
一時期年収の300万円という区切りのところによる関連した本や、また意見などで討論されていたことがありました。

 

では実際新卒の年収で300万円は高いのかどうかについて調べてみました。

・まず上記の新卒の平均年収から考えますと、大学院修士課程修了の方がやっと300万円を超える状態です。

高卒の方にしたら約80万近く差が出てきます。

 

・twitterやブログなどで調べたところ20台後半の方が年収300万円にやっとなったが、家庭をもっていて生活できず共働きになっている、その状態で子供など持てる状況ではないとの意見もありました。

そこから考えると新卒では300万円をもらうというのはなかなか難しい状況と思えます。

 

地方によっての年収もかなりの差があることが伺えます。

 

・国税庁の調べによると新卒で全ての年齢での平均の年収が約200万円~約230万円とのことで、月に換算すると約19万円となるそうです。

また地方によっては月収が約13万円~約15万円と差が出ているとのことで、300万円から下がってしまう計算になっています。

これらのことから年収300万円もらえるということは、ということになると思います。

 

これからの展望としても300万円を支給される企業は増えるだろうと言われてはいますが、格差がそれに伴って大きくなるとのことですから、これから就活される方にとってはなかなか競争が激しくなると思います。

 


Sponsored Link

年収300万円の場合、手取りはいくらぐらい?

年収 手取り
それでは年収300万円をもらうということは手取りでどれくらいの計算になるのでしょうか?

 

皆さんもご存知かと思いますが、給料から所得税や住民税などの税金、健康保険料や厚生年金などの社会保険料が引かれて実際にもらうのが「手取り」となります。

 

そこで計算をしたところ、手取り金額として年収が約242万円となると思われます。

 

新卒の年収が高いところは?

就職 会社
就職するなら少しでも年収のいい会社と思うのは当然の流れだと思います。

 

では新卒の年収の高い所というとどのような企業があげられるのでしょうか。

 

職種では?

携帯の普及からソーシャルゲームの取り扱う企業の伸びがめざましいものがあります。

 

その他には石油関連企業、出版関連会社、印刷業などが取り上げられています。

 

企業名Best10

1.日本商業開発
2.ドリームインキュベーター
3.福音館書店
4.サイボウズ
5.aws(アマゾンウェブサービス)
6.エリアリンク
7.サイバーエージェント
8.アドウェイズ
9.ランドビジネス
10.フューチャーアーキテクト

 

年収は一つの目安。

新卒 仕事

 

【関連記事】
新卒の月収手取り平均額は大体どれくらい?いくら引かれる?
新卒の初任給平均はいくらぐらい?支給時期や手取り額は?

公務員ボーナス支給日!夏冬の支給はいつ?土日の場合は?
歓迎会のお礼メール文例集!件名は?一斉送信の場合は?

 

卒の年収を調べてみました。

それぞれの年収によって生活の仕方も変わるかと思います。

しかし仕事とは単純に年収だけでは決められることではありません。

 

自分自身がやりがいとしてその職業につくというかたも、たくさんいらっしゃると思います。

 

そこで年収はあくまでも就職の一つの目安として考えられるのではないでしょうか。

 

もちろん収入は多いことは嬉しいことですが、それぞれの企業の仕事があって成り立っているということも念頭に入れていただいて、お仕事も頑張っていただきたいと思います。

Sponsored Link