季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

新卒の貯金!月平均は?一人暮らしと実家ぐらしの場合は?


Sponsored Link

学校をやっと卒業して社会人になられた方、おめでとうございます!

 

社会人と学生との一番の違いは、なんといってもお金がもらえることですよね。

 

でもらえる給料は職種や学歴によって多少の差はあるものの、そんなに大きく差がつくことはあまりありません。

 

でも、5年後や10年後に差がつくのは貯金です。

 

同じ給料をもらってもその給料をどれくらい貯金できるかによって、将来どのような生活ができるかに差が出ています。

 

今回は男女の違いを踏まえて、そんな新卒の貯金事情を詳しく見ていきたいと思います。

・新卒の貯金額は月平均どれくらい?
・新卒の月々の貯金額は一人暮らしと実家住まいでどれくらい違う?
・新卒で100万円の貯金するのにかかる期間は?200万や300万円は?
・新卒でも効率よく貯金額を増やす方法は?

 

Sponsored Link

新卒の貯金額は月平均どれくらい?

新卒 貯金額

 

「マイナビ学生の窓口調べ(2016年)」で調査された新卒の貯金額を、下記のように月々の金額に変換してみました。

 

最新年度ではありませんが、年度ごとに大きく変わるものではありませんので、十分参考になると思います。

0円/月・・・20.7%
41,666円/月・・・13.5%
8,333円/月・・・11.3%
25,000円・・・10.1%
83,333円・・・8.7%

意外にも一番多いのは0円!
これをみると貯金をしている人は少ないことがわかります。

 

2番目に多いのが41,666円を毎月貯金している新卒。

 

20万6,100円が大学生の平均給料と言いますので、毎月16~17万円で生活をしているということですね。

 

そう考えれば、不可能という数字ではありません。

 

また、実家から通勤している人も増えているため、賃料分を貯金に回せるといった背景もありそうですね。

また20代の貯金額の平均を男女で見てみると、

 

男性:164万円 女性:144万円

 

という結果も出ています。

 

20代は恋愛の真っ盛りの時期で、女性は男性よりも洋服や化粧品などにお金を使ってしまうなどの要因が考えられますね。

 


新卒の月々の貯金額は一人暮らしと実家住まいでどれくらい違う?

貯金 月々

一人暮らしと実家住まいで貯金額は全く異なります。

それもそのはず。

 

実家暮らしは一人暮らしと違い、「家賃」、「水道・光熱費・ガス」、「食費」が大幅に節約できます。

 

もちろん、社会人になってからは一定金額を母親や父親に渡す人も多いようですが、それでも一人暮らしより出費が少ないことは間違いありません。

 

実際に実家暮らしの新卒の貯金額は、一人暮らしの貯金額よりも50万円ほど多いと言われています。

では、実際にどれくらい生活費が違うのかをそれぞれ見ていきたいと思います。

 

一人暮らしの貯金額

一人暮らし 貯金額

 

ある調査会社の結果によると、新卒で一人暮らしをしている人は全体の30.1%と言われています。

 

1/3以下ということで、意外にも多くないですね。

 

大学新卒の平均給料が20万6,100円なので、給料から一人暮らしの生活費を差し引いた残額は下記のように計算できます。

・家賃 70,000円
・食費 40,000円
・水道光熱費 4,000円
・ガス代 2,000円
・携帯電話 7,000円
・インターネット通信 4,000円
・交際費 30,000円
・日用品 10,000円 

残額:39,100円

これはあまり飲み会や旅行に行かない人のパターンですが、こうやってみると月5万円弱も貯金できることがわかります。

 

ただ、女性の場合はオートロックなどの物件で家賃が高くなったり、美容室や化粧品などの費用が上乗せになり、もう少し貯蓄額が低くなるでしょう。

 

実家暮らしの貯金額

実家暮らし 貯金額

 

では次に、新卒社会人の70%である「実家暮らし」の生活費のパターンを見ていきましょう。

 

ここでは、実家に50,000円を入れて、携帯は自分で契約している人を想定してみました。

・実家へのお金 50,000円
・食費 10,000円
・携帯電話 7,000円
・交際費 60,000円
・日用品 5,000円 

残額:74,100円

どうでしょう?実家に50,000円のお金をいれても、70,000円以上貯金ができてしまいます。

実家暮らしの特徴はなんと言っても、「家賃・水道光熱費・ガス」かからないこと。

また実家にお金を入れるからといっても、都内で一人暮らしをする人の家賃よりも高くはないはず。

 

しかも、食費や日用品の大半は実家で払ってくれるとなると、食費と日用品の費用は一人暮らしの人よりも抑えることができます。

 

通信費も家にインターネット環境があればかかりませんし、場合によっては携帯の代金を払ってくれるということもあるでしょう。

 

交際費を一人暮らしの2倍使ったとしても、2倍弱貯金できてしまう実家暮らしの生活ぶりです。

ただ、男性か女性のどちらが実家暮らしをしているのかによって、出費も変わってくることがあります。

 

特に親の世代であれば、「男は外で働くべき」という考えがまだまだ根付いています。

そのため、「家にいるならお金を入れてほしい」と言われるのは男性の方が多いとも言えるでしょう。

 

Sponsored Link

新卒で100万円の貯金するのにかかる期間は?200万や300万円は

新卒 貯金 期間

 

では、新卒で働いて100万円貯めるのに具体的にどれくらいかかるのでしょうか?

 

それぞれ「一人暮らし」と「実家ぐらし」のパターンで見ていきましょう。

 

一人暮らしの場合

平均 貯金 一人暮らし

月の平均貯金額を39,100円と計算しましたので、100万を39,100円で割ると、1,000,000円 ÷ 39,100円 = 約26ヶ月(2年と2ヶ月)という計算になります。

 

単純計算をすると、200万の場合は約52ヶ月(4年と4ヶ月)、300万円の場合は約78ヶ月(6年と6ヶ月)ということになります。

 

ただ、これはあくまでも楽観的な視点で、旅行や帰省の費用は含まれていません。

もし、よく旅行に行く方や帰省にお金がかかる方は、もう少し時間がかかるといってもいいでしょう。

 

実家暮らしの場合

平均 貯金 実家暮らし

実家暮らしの平均貯金額を74,100円とすると、下記の計算になります。

 

1,000,000円 ÷ 74,100円 = 約13ヶ月(1年と1ヶ月)

 

200万円は、約26ヶ月(2年と2ヶ月)。

300万円は、約39ヶ月(3年と3ヶ月)という期間に。

 

一人暮らしの2倍ものスピードでお金を貯めることがわかりますね。

 

新卒でも効率よく貯金額を増やす方法は?

貯金額 増やす 方法

 

お金をためるのに良いことはとにかく使わないこと!
これにつきます。

お金持ちの人は1円を大切にする人とよく言います。

そのため、100円を使うのにも何のために使うのかをよく考え、不要な出費を控えることが大事です。

 

また、お金を使いたい気持ちと戦う心を持つために、「何のために貯金するか」の目標を明確に持つことも大事です。

 

一概に実家暮らしがいいとも言えないこともある

お金 貯める

 

【関連記事】
新卒の初任給平均はいくらぐらい?支給時期や手取り額は?
新卒の月収手取り平均額は大体どれくらい?いくら引かれる?
新卒の年収平均や手取りの額はどれくらい?高いところは?

 

いかがでしたでしょうか?

 

こうやってみると、「絶対に実家暮らしがいい」と思いがちでなのですが、実はそうではありません。

実家暮らしの人は、彼氏や彼女ができるとなかなか家にも帰らなくなり、出費が増えることがあります。

逆に一人暮らしの人は彼氏や彼女ができると半同棲のような生活になり、出費が減ることも。

 

また、実家ぐらしは家族と上手くやっていかないと、コミュニケーションの部分でストレスが溜まりやすくなりますので、色々と考えることが増えてきます。

 

もちろん、お金を貯めることは大事ですが、人生のすべての幸せがお金で買えるわけではありません。

自分に合った生活スタイルを見つけ、しっかりとした貯金体質を身に付けていきましょう。

Sponsored Link