季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

大津祭2018の日程と見どころ。ちまきゲットして近江牛を満喫!

Sponsored Link

大津祭滋賀県大津市の天孫神社(てんそんじんじゃ)の祭礼で毎年10月に開催されます。

 

湖国(滋賀県)三大祭の1つに数えられているお祭りで、国の重要無形民族文化財に指定されているお祭りなんですよ。

 

大津祭は江戸時代に塩売治兵衛という人がタヌキのお面を被って踊ったのが始まりなんだとか。300年以上の歴史があるお祭りなんですね。

 

大津祭の山車は曳山と呼ばれていて、ゴブラン織りの見送り幕や黄金の装飾金具に飾られた瀟洒な13台です。

 

地元密着感のあるとても暖かい雰囲気のお祭りである大津祭2018の日程や見どころなど、大津祭の魅力を下記の順番でたっぷりお伝えしたいと思います。

 

・大津祭2018の日程とスケジュール!
・大津祭の見どころと鑑賞ポイント!有料観覧席はある?
・大津祭でちまきゲットするコツは?
・大津祭曳山展示館でゆっくり見学
・近江牛を堪能するならココ!
・大津祭へのアクセス方法と駐車場。混雑状況や交通規制は?

 

Sponsored Link

大津祭2018の日程とスケジュール!

日程:2018年10月6日(土)~7日(日)

主なスケジュール2018

9月30日(日) 山建て 8:30~15:00
10月6日(土) 宵宮 13:00~15:00宵宮曳き、夕刻~21:00宵宮 
10月7日(日) 本祭 09:00~17:30市街地曳山巡行

 

大津祭の見どころと鑑賞ポイント!有料観覧席はある?

優美で幻想的!大津祭の見どころ

大津祭

 

宵宮では13時頃より各町内で宵宮曳きが行われた後、夕刻より曳山に大吊り提灯を下げて宵宮が始まります。

 

瀟洒(しょうしゃ)な曳山が提灯の明かりに浮かび上がって、非常に優美で幻想的

祭り囃子が風情を引き立てます。

 

本祭では市街地を曳山が巡行します。

 

ところどころで各曳山が見事な“からくり”を披露!

昼間の曳山も、宵宮とは違った魅力があります。

 

漆黒の漆塗りに黄金の繊細な装飾、緋色の豪華な見送り幕。

 

秋の青空によく映えて、優雅な風情を醸し出します。

 

おすすめ鑑賞ポイントと巡行コース

大津祭 曳山 コース

 

大津に着いたら、駅や中央通りの有料観覧席付近にある臨時案内所で、大津祭のパンフレットを入手しましょう。

 

パンフレットには各曳山の紹介や、巡行経路と時刻、からくりの披露場所が掲載されています。コレを元に観覧しましょう。

 

曳山のおすすめ観覧ポイントは時刻によって違うので、下記の表を参考にしてみてくださいね。

 

1番のメインは13:45~の中央大通り

場所は大津駅より徒歩5分と近いので、アクセス性も抜群です。

 

時間が無い方や、ちょこっとだけ観られればいいなぁって方は、中央大通りで観覧すると良いと思いますよ。

 

大津祭

 

10月7日(日) 場所 備考
09:00~ 天孫神社南側 全13基、曳き揃え
09:30~ 天孫神社 くじ改め、からくり奉納
11:10~ 国道161号北側 電車道の登り
11:15~ 丸屋町通アーケード アーケード進入
13:45~ 中央大通り観覧席 登り
15:50~ 国道161号南側 電車道の登り
16:30~ 寺町通り 下りフィナーレ、もどり山

 

有料観覧席でじっくり堪能!

大津祭

 

大津祭の有料観覧席は、中央大通り沿いに設けられていて、午後の曳山巡行をゆっくり観られるようになっています。

 

有料観覧席の付近ではちまちは撒かれませんが、チケットにはパンフレット、手ぬぐいとともにちまきも付いているので確実にGetできちゃいます。

 

有料観覧席のチケットは前売り3,300円、当日券が3,500円で全席指定です。

 

例年9月1日より販売開始となりますので、詳しくはこちらをご参照下さいね。

 


Sponsored Link

大津祭でちまきゲットするコツは?

大津祭 ちまき

 

大津祭でいうちまきとは厄除けちまきで、食べられるものではありません

いわばお守りのようなものですね。

 

このちまきは曳山より撒かれます。

 

厄除けちまきを授与するお祭りは全国にも幾つかありますが、今でも“曳山よりバラ撒き”方式をとっているお祭りは非常に珍しいんだそうですよ。

 

ここはぜひ入手したいところですが、“バラ撒き”方式なので、Getするのはなかなか難しそう。

 

そこで狙いどころとタイミングを伝授しちゃいますね!

狙い場所は“所望”(からくり奉納)が行われる場所!

パンフレットには“所望”が行われる場所が記載されていますので、先ずはこの場所でからくり奉納を観覧しましょう。

 

タイミングは“所望”が終わった直後が狙いどき!

からくり奉納中はちまきが撒かれることはありません。終わった直後に大量に撒かれるのでこの時が狙いどきです。

 

子供より大人の撒き手側で待受けましょう!

曳山の上に居る撒き手は、大人と子供がいます。子供の小さな手で撒くより大人の方が大量に撒いてくれるので、Getできる確率が高くなります。

 

大声で「ほって~!」と叫んでみましょう!

「ほって~」=放って、投げての意味。声が届けばお情けでちまきが飛び込んで来る確率が高くなります。人情、人情(^^)

 

棚ボタGetも狙い目!

沿道の家の2階に撒くちまきが、受け損ねて落ちてくる確率が高いので、2階の窓を全開にしている家の下で待ち受けるのも良い手ですね。

 

大津祭曳山展示館でゆっくり見学

大津祭曳山展示館

 

大津祭曳山展示館は大津祭のムードをそのまま味わえる演出が施されています。

 

曳山の実物大模型はとても迫力がありますよ。

飾ってあるので隅々までゆっくりじっくり眺めることができます。

 

大型スクリーンやビデオコーナーで大津祭の臨場感を間近で味わうことができるのもいいですね。人混みを気にせずのんびり鑑賞したい方には特におすすめですよ。

 

またお囃子体験もできます。囃子に使われる鉦と太鼓があるので演奏することができるんです。子供に人気ですが、実は大人も結構興味津々だったりします。

 

おみやげコーナーでは大津祭名物の厄除け粽のほか、思わず欲しくなるさまざまなオリジナルグッズが売られているので見てみてくださいね。

 

このほかにもからくりを作動させたりさまざまな装飾品が飾られていたりと、大津祭についてのものがいろいろありますが、館内見学はなんと無料です。

 

しかもスタッフの方がとても親切丁寧に説明までしてくれます。

 

お得ですからぜひ足を運んでみてくださいね。きっと新しい発見があると思いますよ。

営業時間:9:00~18:00(入場は17:30まで)

 

近江牛を堪能するならココ!

大津 近江牛

 

大津と言えば近江牛

これを食せずして帰ることはできませんね♪

 

近江牛を堪能できるおすすめ店は、老舗のかね吉(かねきち)

お味は大津イチだと思います。

 

お店は純和風で大人の隠れ家的な落ち着いた雰囲気、接客も超一流

とにかく極上の近江牛を極上の雰囲気で味わうことができるお店です。

 

直前でも良いので、電話で予約を入れてからご来店くださいね。

かね吉

大津 かね吉

住所:滋賀県大津市馬場1-10-18

電話:077-522-3744

営業時間:11:30~22:00(ラストオーダー21:00)

地図:

 

大津祭へのアクセス方法と駐車場。混雑状況や交通規制は?

大津祭 宵宮 お囃子

会場:天孫神社および旧大津町内一帯

住所:滋賀県大津市京町~中央
電話:077-525-0505 (大津祭曳山連盟)

地図:


公式HP:大津祭

電車の場合:JR大津駅より徒歩3分

車の場合:名神高速大津ICから10分

大津祭 曳山

 

駐車場

大津祭の臨時・特設駐車場はありません。周辺の有料駐車場をご利用下さい。以下の駐車場がおすすめです。

 

明日都浜大津公共駐車場、大津港駐車場、浜大津公共駐車場、大津駅北口公共駐車場、大津駅南口公共駐車場

 

混雑状況

観客動員数は2日間で約15万人。

ほどよく賑わったお祭りと言えると思います。

 

有料観覧席周辺の混雑場所を除けば、車イスやベビーカーの使用も可能だと思います。

 

ただし、ちまきが撒かれる場所は、争奪する人の混雑が激しいので、危険です。

あまり曳山に近寄らないほうが良いでしょう。

 

交通規制

大津祭期間中は宵宮で16:00~22:00くらいの間、本祭では9:00~18:00くらいまでの間を中心に交通規制が敷かれます。

 

時間とともに交通規制の場所が変わりますのでご注意ください。

 

タヌキが守り神のコンチキチン

大津祭 宵宮

 

【関連記事】

時代祭の日程とルート。おすすめ鑑賞スポットと有料観覧席。

鞍馬の火祭りの日程と時間。見どころや宿泊所は?

堺まつりの日程プログラム。パレードの時間や見どころは?

秋の高山祭の日程、スケジュール。駐車場や屋台の時間は?

京都イルミエール。混雑やチケット料金。宿泊所は?

 

大津祭の始まりは塩売治兵衛がタヌキのお面を被って踊ったと伝えられることから、タヌキが守り神になっています。

 

その証拠に、曳山の先頭だけは毎年「西行桜狸山」と決められていて、屋根にはしっかりタヌキが飾られているんですよ。

 

大津祭 西行桜狸山 たぬき

 

また、大津祭のお囃子は、その音色から「コンチキチン」と称されます。

 

現地に行ったらぜひお囃子に耳を澄ませながら、屋根を見上げてみてくださいね。

 

今年は大津祭で、ぜひちまきをGetしてください。

 

もしもGetできなかった場合は、きっと神様が、厄除けちまきが必要の無いくらい、幸運な年だと判断したんだと思いますよ!

 

天孫神社にはお祭り屋台もたくさん出ていますので、屋台巡りもバッチリです。

当日は晴れることをお祈りしております。

Sponsored Link