季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

博多祇園山笠、追い山2016の日程と時間。コースや見どころは?

多祇園山笠の追い山2016の日程、コースや見どころなどについてご紹介しますね!

 

博多祇園山笠の中でも特に見どころのある、追い山追い山ならしにスポットを当てて特集してみました。

 

博多祇園山笠をもっと楽しむために、追い山のコースや見学ポイントも交えてお届けしますので、お祭りに行く前の参考にしてくださいね♪

 

下記の流れでご紹介していきます。

 

・博多祇園山笠の追い山、追い山ならし、櫛田入りとは?
・博多祇園山笠追い山の日程、時間、コース
・博多祇園山笠の追い山はどれくらいの時間で走るの?
・博多祇園山笠追い山の見学ポイント、注意点

 

Sponsored Link

博多祇園山笠の追い山、追い山ならし、櫛田入りとは?

 

追い山の見どころ
 
博多祇園山笠の本番、クライマックスです。最終日未明、続々と7つの山笠が田神社前に集合し、1番山が合図とともに櫛田入りをします。清道(旗)を廻ったところで7つの山笠を代表して「祝い唄」をうたい、夜明けの博多市街へ駆け出して行きます。

 

以後、5分間隔で残りの6つの山笠が次々とスタート。

全長5kmのコースをいかに速く舁き廻すか、タイムを競い合います。

 

タイムは櫛田入りするまでの時間と、全コース5kmの走破タイムに分けて計測。どちらも1分1秒を争う熾烈な戦いです。

 

追い山ならしの見どころ
 
流舁きで肩ならしした山笠が、本番15日の追い山の行練習をする日です。本番の追い山笠よりコース距離が1km短いものの、タイムトライアルも行われて本番さながらの真剣さ。どの山笠も、他より1秒でも早く駆け抜けようと必死になります。 

追い山が早朝から行われるのに対し、追い山ならしは日中に行われるので、観客も本番に負けないくらいの動員数があります

 

櫛田入りの見どころ
出典:blog.goo.ne.jp

出典:blog.goo.ne.jp

 

櫛田入りとは、舁き出しから境内を出るまでの全長112mを言います。

 

舁き手が走りながら次々に交代する、5kmのコースが長距離走なら、櫛田入りは距離走

各山(流)とも精鋭で挑むことで有名です。

 

最初のダッシュ、清道旗の回り方や、その後のスピードをいかに保てるかなどがポイント。

 

櫛田入りタイムが速いと観客が大いに沸き、遅いとため息が出るほど、白熱します。

 


Sponsored Link

博多祇園山笠追い山の日程、時間、コース

出典:kiten.jp

出典:kiten.jp

 

日程と時間

追い山ならし:7月12日(火)15時59分~

追い山:7月15日(金)4時59分~

※飾り山の展示期間は15日未明までとなります。15日に変わると解体がはじまります。

 

コース

 


Sponsored Link

博多祇園山笠の追い山はどれくらいの時間で走るの?

時計

 

毎年、TV中継があって、まるでマラソンレースを観るかのごとく白熱する追い山ですが、いったい全長5Kmをどのくらいの時間で走るんでしょう?

 

過去3年間の追い山でのタイムを見てみると・・・。

 

山笠   2013年 2014年 2015年
恵比須流 櫛田入り 32秒45 34秒09 33秒48
  全コース 33分10秒 33分47秒 32分49秒
土居流 櫛田入り 35秒41 37秒73 35秒88
  全コース 30分37秒 31分17秒 30分45秒
大黒流 櫛田入り 36秒29 35秒76 37秒11
  全コース 30分02秒 30分20秒 30分05秒
東流 櫛田入り 32秒06 30秒95 31秒22
  全コース 28分49秒 28分25秒 28分39秒
中洲流 櫛田入り 37秒33 35秒98 35秒15
  全コース 33分46秒 33分43秒 34分19秒
西流 櫛田入り 33秒18 32秒76 30秒78
  全コース 30分40秒 30分51秒 30分41秒
千代流 櫛田入り 35秒08 33秒58 33秒85
  全コース 29分43秒 29分05秒 29分23秒

 

だいたい櫛田入りが30秒台の争い5kmコースが30分を切る争いとなっていますね。まるで手ぶらでジョギングしているかのような速さです。

 

これが、総重量約1tの山笠を、26人の男衆で担いで走るタイムとは信じられないですね!

 

途中で交代するとは言え、い迫力だということがお分かりいただけるでしょうか?

 

観ている観客が大いに沸きあがるのも納得というところですね(^-^)b

 

博多祇園山笠追い山、追い山ならしの見学ポイント、注意点

 

1番白熱する「櫛田入り」は、事前に桟敷券を入手しなければ見物することはほぼ不可能です。

 

残念ながらこの桟敷券はとても入手が難しく、発売と同時に15分で完売しちゃう人気ぶり。

 

ごく稀にチケットショップに出回ることもありますが、数万円のプレミアが付くんだそうです。

 

そこで、櫛田入り以外の場所で清道(旗)を廻るポイントや、見応えのあるポイントをご紹介します☆

東長寺前

 

櫛田入りを終えた舁山は国体道路を通って東長寺前の清道を廻ります。清道があるのは、櫛田神社を除くと、東長寺と承天寺だけなので、清道廻りを見たい方にはおすすめです。

 

走る飾り山として親しまれている上川端通の山笠も廻るポイントなので、第1のおすすめポイントであると言えますね。

 

上川端通の山笠だけはこのあとそのまま上川端商店街に帰ってしまうので、走る飾り山の姿を見たい場合はこの場所を見逃すことはできません。残りの7流はこの後、承天寺を目指します。

 

承天寺前

 

第2のおすすめポイントは承天寺前。ここにも清道があるので勢い良く廻る舁山の勇姿を見物することができます。この場所は道幅が非常に狭いので、山笠と接触する恐れがあるので注意を要します

 

逆に言えば間近で見られるので迫力があるとも言えますね。勢い水でずぶ濡れになる可能性が大きいので、濡れる覚悟をして見物して下さい。

 

東町筋

 

承天寺の清道を廻った舁山は、次いで東町筋を通り抜けます。この道は道幅が4~5mと狭く、舁山とともに大勢の舁手たちも走り抜けるので、力満点で見ることができます。

 

特に上呉服町の下り坂では勢いが増すので見ものです。東町筋も勢い水が飛び交いますので、濡れる覚悟をして見物して下さいね。

 

大博通り

 

大博通りは4車線なのでお子様連れや、濡れずに見物したい方にぴったりなポイント。舁き手にとっては、勢い水が届かないので、晴天時にはスタミナを消費する難所。

 

よってめまぐるしく舁き手が交代するので、一味違った見応えがある場所でもありますよ。

 

西街筋

 

西街筋は東町筋よりもさらに道幅が狭いので、迫力ある見物ができます。コースも直角に曲がる場所があるので見応え充分。

 

ですが、この場所は毎年のように舁き手と観客との接触事故が起きています。

 

大変に危険な場所でもあるので、見物時には充分注意して下さいね。ここも掛け水でずぶ濡れになることを覚悟しておいて下さい。

 

奈良屋町

 

廻り止め(ゴール)のある奈良屋町では、ストスパートの迫力ある見物ができます。

 

全力を出し切って駆け込む舁山、ゴール後の舁き手たちの感動する姿は、見ている観客をも巻き込みます。動のゴールを見たい方は、ぜひおすすめです♪

 

見物の注意点

係員の指示に従って下さい

重さ1tにもなる山笠、駆け抜ける舁き手。毎年のように見物客との接触事故が起きています。

 

カメラの手を伸ばしたり、前のめりに身を乗り出すと大変に危険なので、係員の指示には従って、注意しながら見物して下さいね。

 

掛け水に注意です

コース上は掛け水が飛び交います。見物はずぶ濡れになる覚悟をして下さいね。

 

濡れても良い服装か、カッパを着用することをおすすめします。傘は人混みで非常に危ないので、使用しないで下さい。

 

カメラや貴重品はビニール袋などで防水するといいですよ!

 

自転車やベビーカーは危険です

人混みで身動きがとれなくなるので、自転車やベビーカーは大変に危険です。止むを得ずベビーカーを使用する場合は、大通りを選びましょう。

 

hakata-yamakasa.net

hakata-yamakasa.net

 

【関連記事】

博多祇園山笠の日程スケジュール。見どころと楽しみ方!

小倉祇園太鼓の日程。暴れ打ちの打ち方とは?動画あり。

戸畑祇園大山笠の日程。競演会観覧のおすすめの場所は?

大牟田大蛇山まつりの日程。かませにおすすめの大蛇山は?

 

博多祇園山笠、追い山と追い山ならしにスポットを当ててお届けしましたが、いかがでしたか?

 

博多祇園山笠は、7月という季節柄と、熱気で見物には暑さ対策が必要です。

ぜひ、タオルと飲み物を持参で楽しんで下さいね。

 

700年以上もの伝統のある、力と動を味わいにぜひ博多祇園山笠を見に行ってみてくださいね。

 

家族で行けばの良い思い出になること間違いなしです^^


Sponsored Link