季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

夏バテの症状と対策。夏バテのしやすい人や生活とは?

梅雨があけると、楽しい夏の季節がやってきます。海やお祭り、ビアガーデンにお盆など、わくわくするイベントがたくさん。

 

夏がくるのが待ち遠しい人も、少なくないですよね。

 

でも、気をつけなければいけないのは、暑さによる夏バテですよね。体調をくずしてしまっては、せっかくの夏も十分に楽しめません。

 

そこで今回は、夏バテの症状や対策について、調べてみたいと思います。

 

・夏バテの症状って?
・夏バテしやすい人はどんな人?
・夏バテになりやすい生活は?
・夏バテしないための対策は?

 

夏バテの症状の原因を知って、対策しましょう。元気に、夏を乗り越えて楽しい思い出を作りましょうね。

 

Sponsored Link

夏バテの症状って?

夏バテ

 

夏バテは夏の暑さで、脱水症状、栄養不足、自律神経失調症を引き起こし、それが原因で、めまいや吐き気、下痢・便秘、微熱、むくみ、食欲不振などの症状が体にあらわれます

 

体の症状だけではなく、やる気が起こらなかったりイライラしたりと、心のバランスも乱れてしまいます

 

子供の症状としては、脱水症状を起こしやすいので、お母さんはこまめに水分補給をしてくださいね。

 

高齢者は、体温が上がると熱中症になりやすいので、室内にいるときも注意が必要です。周りの人が、気づかって対策してあげましょう。

 


Sponsored Link

夏バテしやすい人はどんな人?

 

毎年、夏バテの症状がでてしまう人もいます。あなたは、夏バテしやすい体質ではありませんか?チェックしてみてくださいね。

 

・体力がなく風邪をひきやすい

・低血圧で朝が苦手

・胃腸が弱い

・いつも不安があり、ストレスを感じる

・肌や髪が乾燥しやすい

・手足が冷たく、肩こり

・慢性的な便秘

・顔から汗をよくかく

・のどがすぐに渇く

・むくみやすい

 

どうでしょう。いくつか、当てはまりましたか?

 

もともとの体質もありますが、日々の生活で改善することができます。バランスを整えて、夏バテにならない体を作り対策しまょう。

 


Sponsored Link

夏バテになりやすい生活は?

 

普段から食事のリズムがバラバラだったり、睡眠不足だと夏の暑さに体がついていけず夏バテしてしまいます。毎日、3食栄養を考えて食べましょう

 

冷房の部屋で一日デスクワークで、まったく体を動かさない人も注意です。

 

ウォーキングや体操など、毎日少しでも体を動かしてあげましょう。有酸素運動はストレス解消にもなります。涼しい時間に行ってみてくださいね。

 

 

夏バテ対策に効果のある食べ物や飲み物は?

暑いと作るのも食べるのもめんどうになりますよね。さっぱりした美味しいご飯で、夏バテ対策をしましょう。

 

ご飯が食べたくない日は、麺料理はどうでしょう?無理して食べるよりも、食べやすい食事を取りましょうね。

 

 

納豆やオクラなどの、ネバネバ食材もおすすめです。一品にくわえてみてください。

 

飲みやすく、疲労回復にシソジュースもいいと思いますよ。朝ごはんを食べない人は、コーヒーよりシソジュースにしてみてはどうでしょうか?

 

 

夏バテしないための対策は?

太陽

 

夏バテしないためには、普段の生活で対策が必要です。暑い外から涼しい部屋に入ると、生き返ったような気持ちになりますよね。

 

でも繰り返していると、部屋の中と外の温度差に体がついていけず、自律神経が乱れてしまいます。外と中の温度差は、5~6度に保ちましょう。

 

お店など冷房のよくきいた場所にいくときは、一枚羽織れる服を持って出かけましょうね。

 

そして、夜はお風呂にもきちんと入りましょう。

 

お風呂

 

冷たい飲み物や冷房で、思ったより体は冷えています。お風呂で温めることで自律神経も整います

 

ぬるめのお湯にゆっくり浸かり、リラックスしてから布団に入りましょうね。

 

冷えてリンパや血液の流れが滞ると、夏バテしやすい体になってしまいます。いつも流れの良い状態を保つ事が、夏バテしないための対策です。

 

夏バテの症状が出てしまったら、体を温めてしっかり休んでくださいね。

 

暑い夏を乗りきるために。

日差し

出典:matome.naver.jp

 

【関連記事】

夏バテ予防&防止効果のある食べ物、飲み物。おすすめの栄養素。

熱中症の原因と対策。水分・塩分不足、寝不足や疲労は危険!

熱中症の症状と応急処置。頭痛、下痢、寒気、しびれの対処法

熱中症対策ドリンクの作り方。おすすめは?注意する飲み物は?

赤ちゃんの熱中症の症状と対策!!水分補給は母乳でもOK?

 

夏バテの症状や対策について、知ることができたでしょうか?

 

きちんと栄養と睡眠をとって、適度な運動をすることで夏バテしにくい体を作りましょうね。そして、こまめに水分補給をしてくださいね。

 

どうしても食事が食べれなくて体がだるいときは、病院で点滴をしてもらうといいと思います。ビタミン剤などのサプリメントも上手に活用してください。

 

暑いだけで体力は消耗してしまいます。梅雨の間に体力づくりをするのもいいですよね。

 

しっかり対策して、夏バテ知らずの体で夏をめいいっぱい楽しみましょう。


Sponsored Link