季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

『薬』はお茶で服用しても大丈夫?水以外の飲み合わせの副作用は?

について知っているようで、薬の飲み方について正しく知っている方は少ないようです。

 

せっかく飲むお薬について、正しい知識を持ちお薬の効果を最大限に引き出してくださいね。

 

・手元にお茶しかない! 薬はお茶で服用しても大丈夫なの?
・薬と一緒に飲まないほうが良い飲み物は? 副作用はある?
・薬と飲み物で避けたほうがいい飲み合わせは?副作用は?
・薬と相性の悪い食べ物は?
・脳梗塞の薬ワーファリンと相性の悪い食べ物

 

Sponsored Link

手元にお茶しかない! 薬はお茶で服用しても大丈夫なの?

 

昔は、たしかにお茶で薬を飲むと吸収が悪くなると注意されていました。

 

しかし、製薬会社がお茶の影響を受けないようにカプセルなどで対応していますので、いまではお茶で薬を飲んでも大丈夫なんですよ。

 


Sponsored Link

薬と一緒に飲まないほうが良い飲み物は? 副作用はある?

〇お茶・コーヒー・紅茶などのカフェインとの副作用

鉄剤は昔、お茶のタンニン酸により吸収が悪くなることがありましたが、除放性鉄剤を服用する「鉄欠乏貧血」の患者さんは、必要な量の鉄分が吸収されるとの報告があり、お茶と飲んでも大丈夫なようです。

 

お薬も胃を荒らすものがありますが、カフェインと飲むとさらに胃を荒らします。

 

尿酸を排泄させるお薬といっしょに飲むと、カフェインは尿酸と構造が似ているため、カフェインが先に排泄されてしまい、肝心の乳酸の排泄がうまくいかなくなります。

 

〇炭酸水

全般的に薬の吸収が悪くなります。

胃薬や鎮痛剤と相性が悪いです。

 

〇牛乳

抗生物質を飲むときは、薬の吸収が悪くなるので牛乳は避けたほうが良いです。

抗生物質を飲んで1時間ぐらいしたら牛乳を飲んでも大丈夫です。

 

〇スポーツドリンク

抗生物質の種類によれば、苦くなり、薬の効き方もちがってきます。

 

 


Sponsored Link

薬と飲み物で避けたほうがいい飲み合わせは?副作用は?

グレープフルーツジュース

 

血圧の薬にはグレープフルーツジュースは飲まないでください。

 

飲み合わせはよくありません。

薬の作用が強く出て危険な場合があります。

 

大丈夫な薬もありますが、わざわざ薬を飲むときにグレープフルーツジュースを飲む必要はないですね。

 

薬を飲む前後2時間・計4時間は、グレープフルーツジュースを飲まないでくださいね。

 

お薬によればグレープフルーツの影響が1日以上続く場合もありますので、毎日高血圧のお薬を飲む方は、もうグレープフルーツジュースも生のフルーツも食べない方が無難です。

 

アルコール

アルコールと薬の飲み合わせはよくありません。

 

肝臓はアルコールの代謝で手一杯になってしまい、本来、肝臓で代謝されるはずのお薬が代謝されず、高濃度で身体中にまわってしまいます。

 

睡眠薬や、精神薬、抗てんかん薬、花粉症の薬、風邪の薬などは、アルコールと飲むと思った以上に薬が強く作用してとても危険ですから、けっしてアルコールといっしょに薬は飲まないでくださいね。

 

薬と相性の悪い食べ物は?

 

〇油っこい料理

抗生物質、喘息の薬、爪水虫の飲む薬などは油と相性が悪く、吐き気や頭痛を起こすこともあります。

 

他にノコギリヤシやバイアグラも揚げ物などと相性が悪いです。

 

 

脳梗塞の薬ワーファリンと相性の悪い食べ物

 

ワーファリンは血栓をできにくくするお薬ですが、ビタミンKを多く含む食べ物とは相性が悪いです。

 

ビタミンKは血を固める作用があります。

 

ワーファリンとビタミンKは打ち消し合うので、血栓ができ重篤な疾患に陥ることもありますので、以下の食べ物は控えたほうが良いです。

〇ビタミンKを多く含む食べ物

抹茶、青汁、乾燥ワカメ、食べるお茶、納豆

パセリ、モロヘイヤ、しそ、明日葉、クロレラ

(濃い緑の葉野菜に多いですね。)

 

最も効果的な薬の飲み方は?水なしでも問題ない?

【関連記事】

白湯の効果と飲み方。美肌、ダイエットに!飲む時間帯は?

貧血の症状チェック!目がチカチカ、吐き気、眠気、これって貧血?

妊婦が葛根湯を飲んでも大丈夫?ツムラやクラシエの市販は?

 

どうして水や白湯で薬を飲むほうが良いかというと、“薬を溶かして”吸収を促すために飲みます。

 

飲み込みにくいから飲むわけではなく、薬を飲みこんだあともコップ1杯ほどの水は飲みほしたほうが良いです。

 

水なしで薬を飲んだり少量の水で飲むと、喉で引っかかったりして危険です。

 

喉の部分で溶けると、薬の種類によっては喉が炎症を起こしたりすることもあります。

ちゃんと胃で溶けるように十分な量の水を飲んでください。

 

やはりお薬はお水や白湯で、コップ1杯の十分な量を飲むのが一番ですね。

その方がお薬の効果を最大に引き出せますし、危険もありません。

 

以上、の飲み合わせなどについてご紹介しました。

薬を飲む際の参考にしてくださいね。


Sponsored Link