季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

小倉祇園太鼓2017の日程。暴れ打ちの打ち方とは?動画あり。

小倉祇園太鼓は北九州市小倉北区で、毎年7月の3日間に開催される夏の例大祭。

豪快な太鼓囃子が特徴です。

 

小倉祇園太鼓は、映画「無法松の一生」のヒットで、全国にその名が知れ渡りました。

映画の中で生まれた、暴れ打ちを見ようと、各地から大勢の観光客で賑わいます。

 

小倉城内と周辺では、威勢の良いかけ声や、力強い太鼓の音が響き渡り、子供も大人も一つになって盛り上がるんですよ。

 

今年も最終日の、「勢揃い打ち」は見ものです。

今回は、小倉祇園太鼓の日程やみどころ、歴史・太鼓の打ち方について下記の順番にご紹介したいと思います。

 

・小倉祇園太鼓2017の日程と、主なスケジュール
・小倉祇園太鼓の見どころって?
・小倉祇園太鼓のアクセス情報
・小倉祇園太鼓の歴史は?
・小倉祇園太鼓の楽しみ方

 

Sponsored Link

小倉祇園太鼓2017の日程と、主なスケジュール

 

毎年、7月の第三土曜日を挟んだ3日間の開催となります。

 

日程:2016年7月15日(土)、16日(日)、17日(月)

 

・7月1日    打ち始め

 

・7月15日  宵祭り

神事の後、山車や神輿が神社を出て街を巡回します。

 

・7月16日

15時30分~

小倉城大手前広場にて小倉祇園太鼓競演大会

 

・7月17日

11時~

小倉城大手前広場にて小倉祇園太鼓据え太鼓競演会

18時30~

小文字通りにて、第42回太鼓広場 「廻り祇園」


Sponsored Link

小倉祇園太鼓の見どころって?

豪快な太鼓囃子が見もの

小倉祇園太鼓

 

小倉祇園太鼓では、街のいたる場所で太鼓の競演が楽しめます。

小さい子連れの場合、人混みを避けてもちゃんと祭りの雰囲気を味わう事ができると思いますよ。

 

太鼓の競演会では、大人チームと子供チーム、一般チームがそれぞれ揃いの浴衣で太鼓の打法を競いあいます。華麗なバチさばきは必見!

 

どのチームも一つになり、精一杯の競演する姿に、伝統を感じることでしょう。

 

街中が豪快な太鼓の音に包まれる!

祭りのクライマックス、「勢揃い太鼓」では、全ての“太鼓山車”が停車し延べ4000人が一斉に叩きます!

 

18時30分頃から小文字通りに集まり、18時45分くらいに全太鼓山車が停車し始まります。

 

街中が祇園太鼓に包まれる迫力の競演は見逃せませんよ。

 

そして、またジャンガラや笛の音色と共に山車が小倉の街を巡回します。

20時30分の祇園太鼓終了まで、今年も大盛り上がりすること間違いなしです。

 

 

独特の音色で心地よく拍子を刻む太鼓の打ち方

祇園太鼓は、太鼓の表と裏で音色が違い、打ち方まで異なります。

小倉祇園太鼓の一番の特色は、太鼓の両面を二人で打つ“両面打ち”。

 

高い音が出る方を【カン】鈍い音が出る方を【ドロ】と呼び、両者が息を合わせて打つことで、勢いのある心地良いリズムを刻むことができます。

 

表と裏の両面打ちによって重なった二つの音色に、ジャンガラ(すりがね)の音と、子供たちの「ヤッサ、ヤレヤレ」という掛け声が演奏を賑やかにまとめあげます。

 

 

高い音を打つ方が、難しいそうなので、よく聞いて見分けてみるのも面白そうですね。

 

暴れ打ちって?

歩きながら叩く「歩き打ち」、両面を叩く「両面打ち」は小倉祇園太鼓の昔ながらの独特の叩き方ですが、「暴れ打ち」や「乱れ打ち」は映画の撮影中に生まれました。

 

 

「無法松の一生」では、主役の松五郎が小倉祇園太鼓のバチさばきを披露しています。

この映画をもっと迫力ある豪華な演出にするため、暴れ打ちが誕生したそうですよ。

 

「無法松の一生」は古き良き時代の、代表的な日本映画です。

日本男子の心意気に胸が熱くなるかもしれませんね。

 

 


Sponsored Link

小倉祇園太鼓のアクセス情報

小倉祇園太鼓

 

地図:


電車なら

JR小倉駅より、徒歩15分

JR西小倉駅より、徒歩10分

 

車なら

北九州都市高速~大手町ランプより5分

北九州市小倉北区2―1

 

駐車場

勝山公園地下駐車場

時間:8:45~21:00

料金:1時間200円、30分毎150円


魚町銀天街のアーケードや小倉駅そばの百貨店(コレット)周辺で、太鼓合戦が繰り広げられます。

 

そのため、一部道路規制があります。こちらは今年の交通規制地図ではありませんが、例年ほぼこのような交通規制が敷かれることになりますので、参考にしてみてください。

 

 

詳細は北九州市のホームページをチェックしてみてくださいね。

 

小倉祇園太鼓の歴史は?

出典:www.kitakyushu-museum.jp

出典:www.kitakyushu-museum.jp

 

小倉祇園太鼓は、小倉城内にある八坂神社の例大祭です。

昭和33年には、県指定無形民族文化財に指定されました。

 

全国三大祇園の一つと言われていて、京都の祇園祭をルーツに始まり、江戸時代から始まり約400年の歴史があります。また、博多祇園山笠と戸畑祇園大山笠と共に「福岡県の三大祇園祭」の一つとも呼ばれています。

 

人々を救うお祭り

小倉祇園太鼓は、細川忠興公が疫病や災害に苦しむ人々を救うため、京都の祇園祭をまねて開催したのが起源といわれています。

 

江戸時代は、山鉾や人形山車が使われていましたが、幕末の戦火でほとんどが焼失してしまったため、太鼓を中心としたお祭りに変わりました。

 

太鼓の音には、天下泰平・国土安泰・五穀豊穣・商売安全・家内安全の願いが込められているそうですよ。

 

古くから、祇園風に吹かれると夏患いせぬと言われています。

祇園太鼓の音色で、夏を元気に乗りきってくださいね!

 

屋台は?

井筒屋近くのちゅうぎん通りから、みかげ通りまでたくさんの屋台が出店しています。

 

フライドポテト・かき氷・焼きうどんやスーパーボールすくい・ヨーヨーつりなど、祭りならではの屋台で子供たちのはしゃぐ賑やかな声が聞こえるでしょう。

 

他には、体験コーナーもあるそうなので、思い出にオリジナル作品を作ってみるのもいいですね。

 

興奮と熱気!勇壮な太鼓囃子!

小倉祇園太鼓

 

【関連記事】

博多祇園山笠の日程とスケジュール。見どころをご紹介!

戸畑祇園大山笠の日程。競演会観覧のおすすめの場所は?

大牟田大蛇山まつりの日程。かませにおすすめの大蛇山は?

柳川ひまわり園の見頃と開花状況。ライトアップはいつ?

 
昔ながらの叩き方と、映画の中で生まれた激しい暴れ打ち。

どちらも、みどころのある小倉祇園太鼓。

 

お腹の中まで響き渡る、太鼓の音色が、本当に夏の暑さや疲れを吹き飛ばしてくれそうです。

 

小倉祇園太鼓の開催中に、祇園太鼓を体験できるチャンスがあります。

体験することで、競演をよりいっそう楽しむことができますよ。

 

少しの雨なら決行されますが、荒天の場合は延期になるかもしれません。

どちらか分からないときは、小倉祇園太鼓のサイトや、北九州市のホームページで確認してから出かけてくださいね。

 

豪快な太鼓の音が響けば、たちまちのうちに多くの人が集まり人垣ができます。

熱気と暑さに負けないよう、日焼けと熱中症対策をしっかりして小倉祇園太鼓を満喫してくださいね!


Sponsored Link