季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

乾燥肌に効果的な食べ物や飲み物。子供の改善におすすめは?

暑い夏が終わると、乾燥肌の人には憂鬱な季節がやってきますね。

 

どんなに保湿をしても数分後には粉を吹いている…なんてこともあるのではないでしょうか?

 

「乾燥肌は体質だから仕方がない」と半ばあきらめている人もいるかもしれませんが、ちょっと待ってください!空気の乾燥は、私達人間の身体にも影響を与えているんですよ。

 

乾燥肌に効果的な食べ物や飲み物があるのをご存知でしょうか。

食べ物や飲み物であれば、それほど費用もかからずに手軽に取り入れられますよね。

 

今回は、そんな乾燥肌に効果的な食べ物や飲み物についてご紹介します。

 

どれもスーパーやコンビニですぐに手に入るものばかりですよ。

 

・乾燥肌におすすめの食べ物は?
・空気の乾燥は『肺』に影響を与える
・乾燥肌におすすめの飲み物は?
・乾燥肌の子供におすすめの食べ物や飲み物は?
・食べ物や飲み物の摂取量は?乾燥肌改善の効果が出る期間は?

 

Sponsored Link

乾燥肌におすすめの食べ物は?

女性 肌
肌が乾燥すると、化粧水やクリームなど外側のスキンケアに手をかけがちですが、実は乾燥肌には体の内側も大きく影響しているんです。

 

食事のバランスが悪いと代謝が悪くなり、皮脂の分泌が減ってしまうことで乾燥肌が悪化してしまいます。

 

肌の潤いを保つためにはある程度の皮脂が必要ですので、まずは代謝を落とさないよう、食事のバランスを整えることが大切です。

 

具体的な栄養素としては、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンE・Bカロテン・タンパク質を十分に摂取しましょう。

 

レモン ビタミン

 

ビタミンAを豊富に含む食材

スモークレバー、鶏肝臓、うなぎ、卵黄など

 

ビタミンCを豊富に含む食材

ピーマン、パセリ、ゆず、レモン、キウイフルーツなど

 

ビタミンEを豊富に含む食材

ひまわり油、ナッツ類、かぼちゃ、あゆ、うなぎなど

 

Bカロテンを豊富に含む食材

シソの葉、にんじん、とうがらし、パセリ、ほうれん草など

 

タンパク質を豊富に含む食材

きな粉、いわし、鶏ササミ、かつおぶし、パルメザンチーズなど

 

空気の乾燥は『肺』に影響を与える

胸にてをあてる女性

 

中医学(薬膳)からみるとこの季節、特に影響を受けるのは『肺』です。

肺は、呼吸器系の働きだけではなく、大腸との繋がりが深いことから水分調整の働きも持っています。

 

大腸は、水分を吸収する臓器なんです。ですから、肺が乾燥により渇くと水分調整がうまく働かなくて乾燥肌になってしまいます

お肌が枯葉のようになってしまっては大変です。

肌の乾燥を防ぐために保湿クリームで潤すことはもちろん大切ですが、食べ物の力を借りて身体の内側から肌を潤してみましょう。

 

肺を潤す白い食材

山芋 のり わさび

 

白い食材には、肺の働きを助け、肌を潤す効果があります。

山芋、里芋、れんこん、豆腐、ヨーグルト、卵、豚肉など

おすすめは山芋。『食材でもあり薬でもある』といわれるほど優れた食材です。乾燥肌を潤いのあるしっとりとしたお肌にしてくれますよ。

 

ワンランク上の美肌を目指すなら、『黒ゴマ』と組み合わせて食べる事をおすすめします。

 

白い食材は『食べる美容液』です。

けれど、乾燥肌に効果があるからといって、そればかり食べていると偏ってしまい逆効果になってしまいます。

 

食べた物は身体の中でアクセルとブレーキのように、お互いに助け合ったり抑制したりしながら働いていますので、バランス良く摂取するのが一番ですね。

 

水分を生み出す食材

梨

山芋、白きくらげ、豆腐、梨、ぶどう、柿など

おすすめは梨。たっぷりの水分で身体の内側を潤いで満たしてくれます。

 

乾燥肌や髪のパサつきに効果的な梨ですが、身体を冷やす性質をもっているので食べ過ぎには注意です。

 

同じように身体を潤し乾燥を改善してくれる『はちみつ』との組み合わせは、梨の身体を冷やす性質を緩やかにしてくれます

 


Sponsored Link

乾燥肌におすすめの飲み物は?

女性 飲み物

 

基本は温かい飲み物

冷たい飲み物は血行を悪くしてしまうので、基本的にはかい飲み物がおすすめです。

 

温かい飲み物を飲んで代謝が良くなることで栄養が体の隅々まで行き渡り、保湿成分を生成してくれますよ。

 

さらに効果を高めたい場合は、血行促進作用のある生姜をお湯に溶かしたものや、ハーブティーなどがおすすめですよ。

紅茶、ココア、牛乳など

おすすめは牛乳。身体の水分を補い、肌を潤す効果は抜群です。乾燥肌が気になるときには、ぜひとも摂りたい飲み物です。

 

滑らかツヤツヤ肌をつくりたいときには、『白きくらげ』と『はちみつ』の組み合わせがおすすめです。

 

ビタミンCが豊富なもの

グレープフルーツジュース

 

ジュースを飲みたい場合は、レモンジュースやグレープフルーツジュースなどのビタミンCを豊富に含むものがおすすめです。

 

これらは抗酸化力が高く肌の老化を防いでくれますし、「セラミド」と呼ばれる保湿成分の生成を促してくれます。

 

一日に必要な分を、こまめに摂取する

乾燥肌を予防するためには、一日に1.5~2リットルの水分摂取が必要だといわれています。

 

水分摂取の際は一気に大量の水分を取るのではなく、何回にも分けて一日の必要量を摂取するようにしましょう。

 

意識していないとついつい忘れてしまうので、「朝起きたら飲む」「トイレの後に飲む」「お風呂の前後に飲む」など、自分なりのルールを決めておくと良いですね。

 

乾燥肌の子供におすすめの食べ物や飲み物は?

子供 乾燥肌
子供の肌はしっとりプニプニ…という印象が強いですが、薄くデリケートなので実は乾燥肌になりやすいんです。

 

子供も大人と同様、バランスの良い食事がまずは大切です。

例えば、具だくさんのスープなどは野菜もたくさん摂れますし、温かい水分も一緒に摂れるのでおすすめですよ。

 

また子供は冷たいジュースが大好きなので、せめて乾燥する季節だけでもなるべく温かい飲み物を飲ませるようにしましょう。

 

乾燥肌に効果のある生姜湯は子供だと苦手に感じる場合もあるかもしれませんが、はちみつを入れるだけでもかなり飲みやすくなりますのでぜひ試してみてくださいね。

前記の通り、どうしてもジュースが飲みたい場合はビタミンCの豊富なものがおすすめですよ。

 

子供は食べ物の好き嫌いが多いですよね。

食べムラがある時には、スープやお味噌汁を具だくさんにしたり、子供が好きそうなメニュー例えばハンバーグに野菜を多めに入れてみたりなど、ちょっとだけ調理の仕方に工夫をしてみるのがいいですね。

乾燥肌だから絶対にこの食べ物!ではなく、彩りよく仕上げてあげれば結果、栄養のバランスもとれていますよ。

 

食べ物や飲み物の摂取量は?乾燥肌改善の効果が出る期間は?

肌 乾燥
ここまでは乾燥肌におすすめの食べ物や飲み物をご紹介してきましたが、実際にはどれくらいの量を摂取すればよいのでしょうか。

食べ物に関しては、厳格に何グラム摂取するといった基準はありません。

 

これまでの食生活を見直し、前記に挙げたような食材を積極的に取り入れてみてくださいね。

 

食事は何よりもバランスが大切です。

 

ひとつの栄養素に偏ってしまうのも良くありませんので、まんべんなく摂取することを心がけてみましょう。

また、栄養を摂取するのと同時に、ジャンクフードやアルコール、カフェインなどの肌にあまり良くないものは極力口にしないよう注意してくださいね。

飲み物に関しては前記の通り、一日1.5~2リットル程度を目安に摂取しましょう。

 

一般的には、人間の細胞が入れ替わるには1ヵ月程度かかると言われています。

 

ですから、最低でも1ヵ月は食べ物や飲み物を意識して生活してみてください

 

そうすればきっと効果を実感できるはずですよ。

 

肌の潤いを保つために、体の内側から変えていこう

乾燥肌 女性
【関連】

乾燥肌対策の化粧水人気ランキング!効果のある付け方は?

乾燥肌の原因。春夏秋冬別の理由。男性や子供の症状は

顔のしわを取る方法。おでこや目の周り、口元のシワを消すには?

スキンケアの正しい順番とやり方!クリームや日焼け止めは必要?

ほうれい線のたるみの原因と対策。舌回し運動は効果あり?

 

いかがでしたか?

 

乾燥肌は体の内側からも改善できるということが、お分かりいただけたのではないでしょうか。

 

どんなに化粧水やクリームを使っても、食事のバランスが悪かったり水分不足だったりするとやはり肌トラブルは起きてしまうものです。

 

食事のバランスを整えることや適度な水分補給をすることは、乾燥肌以外の肌トラブルにも効果を発揮してくれるはずですので、ぜひ今日から始めてみてくださいね。

 

おすすめは旬の食材。

旬の食材には季節ごとのパワーがあり、季節ごとに変化する私達の身体を整えてくれる働きがあるんですよ。

 

食材には色々な効果、効能がありますが、こだわり過ぎずに青、赤、黄色、白、黒と彩りよく見た目も美味しく楽しく食事をすることが、一番効果的だと思います。

 

肌がかさついていると、なんとなく気持ちも落ち込んでしまうもの。

体の内側から肌の潤いを取り戻すと同時に、心も潤わせましょう。