季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

いびきの原因(女性・男性・こども)と治し方。枕トレーニングで改善。

いびき。気になりますか?

 

いびきは寝ている間のことだけに、自分では制御不能。知らないうちにパートナーとの関係を悪化させることも少なくありません。

 

そうでなくても、いびきは睡眠の質を落として寝不足になってしまうので、昼間の集中力が低下してとっても危険!

 

これから、いびきの原因と治し方を紹介しますので、ぜひ記事を参考にいびき対策をしてみてください(^_^)

 

・いびきの原因は?
・女性と男性のいびきの原因はちがうってホント?
・子供や赤ちゃんのいびきの原因は?
・いびきの治し方は?できるだけ簡単な方法を知りたい!
・恋人や友達と旅行。いびき予防にすぐ出来る対策は?

 

Sponsored Link

いびきの原因は?

 

いびきは、上気道(鼻腔やのどから気管までの呼吸の通り道)が狭くなることが原因でおこります。

 

気道が狭くなる原因は大きく分けて二つ

一つ目は肥満。首や顎についた脂肪が気道を狭めてしまうのです。

二つ目は、口内の筋肉の衰え。
口内の筋肉が緩むと舌が気道を塞いでしまうのです(舌根沈下)。

 

これらの他に、口呼吸、そもそも舌が大きい、顎が小さい、扁桃や口蓋垂が大きいなどが原因の場合もあります。

 


Sponsored Link

女性と男性のいびきの原因はちがうってホント?

 

女性の方が顔が小さいので当然顎も小さく、舌が口の中に収まり辛くなって気道を塞いでしまいやすくはありますが、基本的にはいびきの原因は男女で変わりません

 

でも、女性にいびきをかく人は少ないのです。不思議ですよね?何故かというと、女性ホルモン(黄体ホルモン)には呼吸中枢を刺激する作用があって、女性は気道の広さを保ちやすいのです。

 

ですから、閉経後の女性が突然いびきをかき始めることはよくあります。つまり、いびきの原因ができたのではなく、いびきを抑える作用が弱まった為にいびきをかくんですね。

 


Sponsored Link

子供や赤ちゃんのいびきの原因は?

 

子供はあまりいびきをかきません。風邪をひいた時や、特に疲れたり緊張した日などに一時的にいびきをかくだけなら特に心配はありません。

 

いびきのせいでよく眠れない為に昼間ボーっとしている。

大音量で毎晩いびきをかく。

仰向けで眠れない場合。

 

このような時は、耳鼻科や小児科を受診した方がいいかもしれません。と、いうのも子供のいびきには鼻の疾患やアデノイド肥大・扁桃腺肥大症などの病気が隠れている場合があるからです。

 

いびきの治し方は?できるだけ簡単な方法を知りたい!

 

上気道が狭くなることでいびきが起こるわけですから、それを防げばいいのです。

 

1.肥満を解消する。太り過ぎを自覚している人は、まずダイエット!

生活習慣を見直して、脂肪を落としましょう。ダイエットは、一朝一夕にできるものではありませんから次の2~4を実践しながら地道に取り組みましょう。

 

2.寝姿勢を工夫する。

枕を低くする…枕が高すぎる場合、首が曲がって気道を狭めてしまいます。

腕の位置に気をつける・・胸の上に手を置く寝姿勢は、腕の重さが胸(肺)にかかってしまい、呼吸が乱れ、いびきに原因になってしまいます。

 

3.口呼吸を防ぐ。

・いびきの治療用のマウスピース…市販されているものと、歯科医で作ってもらうものがあります。

・鼻腔拡張テープ…鼻腔を広げて鼻呼吸を助けてくれます。

・口を塞ぐテープ…口を塞いで、鼻呼吸を促すグッズです。

・いびきスプレー…喉にスプレーして、喉の振動を防ぐスプレーです。

・口や舌の筋肉を鍛える体操をする…あいうべ体操と呼ばれる体操で、口を大きく動かして「あ」「い」「う」舌を出して「べ」をする体操です。

 

いびき対策☆舌の筋トレ あいうべ体操☆インフルエンザ・風邪予防にも

 

 

4.アルコールを控える。

アルコールは筋肉を弛緩させますから口や舌の筋肉も緩めてしまいます。舌根沈下を防ぐためのもアルコールは控えましょう。

 

恋人や友達と旅行。いびき予防にすぐ出来る対策は?

 

【関連記事】

歯ぎしりの原因。睡眠中の子供・大人の歯ぎしりはストレス?

 

とにかく、今日だけはいびきはNG!って時もありますよね。そんな時には、先に紹介したアルコールを控えるなどの対策をした上で、加湿器や濡れタオルなどで部屋を加湿します。

 

そして、横向きで寝る!なんだ、そんな事?と思いましたか?横向きに寝るという方法は、単純ですが効果があるんです。

 

舌根沈下は仰向けの時に起こりますから、横向きで寝れば舌が気道を塞ぐのを防止できます。横向き姿勢に慣れない場合は、抱き枕を利用すると楽ですよ。

 

 

いかがでしたか?今回はいびきの原因と治し方を紹介しました。

 

いびきの治し方は色々ありますが、気道を確保することが大事だということが分かりましたね。いびきは、恥ずかしいだけでなく、睡眠の質が悪くなってしまいますから、記事を参考にいびき対策をしてみて下さいね!


Sponsored Link