季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

引越しの転出届や転入届はいつから?必要書類や忘れた場合は?

引越しをするとなると、荷造りやガス、水道、電気など手続をしなければならないことがたくさんあるかと思います。

 

その中でも重要なのが、「転出届」「転入届」なのではないでしょうか。

 

引越しの際、現住所から新住所の市区町村が異なる場合に「転出届」と「転入届」が必要になります。

 

重要な手続きですが、いつから手続をすればよいのか、必要な書類や万が一忘れてしまったときどうすれば良いのかなど、わからないことはたくさんあるかと思います。

 

ここでは、転出届、転入届はいつから手続きができるのか、必要書類はなにか、その際の注意点などをこちらの流れでご説明していきます。

 

・引越しの転出届はいつから?
・引越しの転出届の必要書類は?
・引越しの転入届はいつから?
・引越しの転入届の必要書類は?
・引越しの転出届、転入届の手続きを忘れた場合

 

Sponsored Link

引越しの転出届はいつから?

転出届

 

現住所の市区町村に届出るのが「転出届」です。多くの市区町村が引越しの14日前から受け付けてくれるそうです。実際に転出届を行っている人のほとんどが、引越しの3日前から14日前に手続きをしているようです。

 

忘れてしまうと、転出証明書がもらえず転入届の手続きができませんので注意しましょう。

 

転出届の手続き方法は、所定の書類に署名、捺印して転出証明書を受け取ります。直接窓口に行って行うか、郵送でも受け付けています。代理人による手続きも可能です。

 

郵送の場合は、書類の記入に誤りがないかしっかり確認をし、押印忘れがないか注意をしましょう。

 

 

また、国民健康保険に加入している人は保険証を返さなければいけません。

 

印鑑登録をしている場合には、廃止の手続きが必要です。

 

転出届の手続きをすると、自動的に廃止になる市区町村もあるようですが、市区町村によって異なる場合もあるそうなので、役所の窓口に相談するとよいでしょう。

 


Sponsored Link

引越しの転出届の必要書類は?

書類

 

引越しの転出届を出す際は、本人が窓口へ行く場合と代理人が窓口へ行く場合、郵送の場合で必要書類が異なります

 

本人が窓口に行く場合と、代理人が窓口に行く場合、郵送の場合と分けてご説明します。

 

本人が窓口へ行く場合

・本人確認書類(運転免許証やパスポートなど顔写真のついたもの)

・国民健康保険証、国民年金手帳、高齢者医療受給証、乳幼児医療証(該当者のみ)

・印鑑(シャチハタ不可)

 

本人確認書類、印鑑は必ず必要ですが、国民健康保険証や高齢者医療受給証、乳幼児医療証は該当する方のみが必要となります。迷ったりわからないときは役所へ相談すると確実でしょう。

 

役所

 

代理人が窓口へ行く場合

・代理人の本人確認書類

・委任状

・委任者の本人確認書類

・認印

 

役所の受付時間は決まっていて、お仕事などの都合でなかなか世帯主本人が直接手続きに行けないことも多いと思います。その場合、世帯主の奥様など代理の者が手続きをすることができます。

 

代理人が行くには本人が窓口へ行くときの必要書類のほかに、委任状と委任者の確認書類も必要になります。

 

郵送の場合

郵便ポスト

 

・転出届依頼書(郵送用)

・本人確認書類のコピー

・返信用封筒(長形4号以上、表に自分の宛先、宛名を書き、切ってを貼ったもの)

 

多くの市区町村では郵送による転出届ができます。郵送の場合は本人でないと申請はできません

 

手続きは各市区町村のホームページから郵送用の依頼書をプリントアウトして署名、捺印したものと上記の書類を添えて郵送するそうです。

 

返信用の封筒に記入する自分の宛先は、現住所か新住所どちらかを記入してください。書類の記入ミス、押印忘れがないよう注意しましょう。

 


Sponsored Link

引越しの転入届はいつから?

転入届

 

新住所の市区町村へ届出るのが「転入届」です。引っ越してから14日以内の手続きが必要となります。

 

所定の転入届と転出届の際に発行された転出証明書が必要となります。必要に応じて、国民健康保険証・国民年金・印鑑登録の手続きをします。

 

引越しの転入届の必要書類は?

 

OL

 

本人が窓口へ行く場合

・転出証明書

・本人確認書類(運転免許証やパスポートなど顔写真のついたもの)

・国民健康保険証、国民年金手帳、高齢者医療受給証、乳幼児医療証など(該当者のみ)

・印鑑

 

代理人が窓口へ行く場合

・転出証明書

・代理人の本人確認書類

・委任状

・委任者の本人確認書類

・印鑑

 

転入届も世帯主本人が窓口へ行けないことがあるかと思います。その場合は、代理人でも手続きは可能です。

 

転出届と同様に委任状と委任者の本人確認書類も必要となります。

 

引越しの転出届、転入届の手続きを忘れた場合

 

引越しの転出届、転入届は忘れないように早めに手続きをすることが良いと思いますが、どうしても忘れてしまったときはどうしたら良いのでしょうか。

 

基本的に転出届を忘れると転入届を出すことはできません。引越し前に忘れてしまっても、旧住所の市区町村に相談をし手続きをすることは可能なようです。

 

長距離での引越しの場合で、旧住所の市区町村へ行くことが困難な場合は郵送でも可能なようですが、まずは旧住所の市区町村の役所へ相談したほうが安心です。

 

転入届を忘れた際も、引越し後14日以上過ぎても手続きは可能ですが、ごく稀に過料を課せられることがあるそうなので注意しましょう。

 

万が一、忘れてしまった場合はすぐに新住所の市区町村へ相談をしましょう。

 

 

・引越しの転出届引越し前の14日前から3日前には手続きをする。

・引越しの転入届引越し後、14日以内に行う。

・代理人の受付も可能だが、委任状と委任者の確認書類が必要。

郵送での手続きはできるが、記入ミスと押印忘れがないように注意する。

・手続きを忘れたら各市区町村へ相談をしましょう。

 

【関連記事】
引越しで東京電力の解約や手続き方法は?電話が繋がらない時は?
引越しでガスの解約(閉栓)手続きの方法は?忘れた時や立会は?
引越しでの郵便局転送(転居)届の手続方法は?期間や解除は?
NHK受信料は引っ越しで解約できる?忘れた場合は?実家・海外
引越しで固定電話を移転する時の手続き方法は?立会や時間は?

 

引越しには必ずやらなければいけない転出届と転入届。

 

いつ出せば良いのか、どのように手続きをしたら良いのか必要な書類はなにかなど、わからないことは多いと思います。

 

そんなときのお役に立てればと思います。ぜひ参考にしてくださいね。


Sponsored Link