季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

ごま油でうがいの効果とやり方。白髪や口臭、喉の痛みに効能あり?

インドの伝統医学のアーユルヴェーダで実践される、「ごま油」を使った健康法をご紹介しましょう。

 

「ごま油」と言っても、料理によく使われる褐色の香ばしい「ごま油」ではなく、太白胡麻油という生の「白ごま油」を使います。

 

この「白ごま油」にどのような効果があるのか、これから詳しくご説明していきますね。

 

・「白ごま油」でうがいの効果や効能は?
・「ごま油」のうがいが良い理由は?使う「ごま油」の種類は?
・ごま油でうがいの作り方、やり方は?
・ごま油でうがい効果がでる期間は?

 

Sponsored Link

「白ごま油」でうがいの効果や効能は?

 

「白ごま」には、セサミンやセサモールと言われる酸化物質が含まれます。

「白ごま油」には若返り効果があります。

抗酸化効果と毒素排泄効果もあるのです。

 

口臭や喉の痛みにも効果があります。

 

アーユルヴェーダの考え方

〇「ごま」は、ピッタという火のエネルギーを持っています。

 

オイルとして身体に塗ることで、代謝を高め、身体をあたためる効果があります。

 

 

〇さらに、「ごま」にはアグニという消化を強める効果があります。

 

アグニが強くなると、ピッタも強くなり、免疫力が高くなります。

現代医学でも、体温が高くなると免疫力も高くなることが知られています。

 

 

〇冷たく乾燥したヴァータを下げる効果が、「ごま」にはあります。

 

ヴァータこそが老化の原因そのものなのです。

そのヴァータを下げるので、「ごま」には若返り効果があるのです。

 

現代医学的に言うと、「ごま」にはゴマリグナンという抗酸化物質がたくさん含まれていて、老化の原因である活性酸素の働きを抑えてくれるので、若返り効果があるわけですね。

 

「ごま油」のうがいが良い理由は?使う「ごま油」の種類は?

 

アーユルヴェーダで使うごま油は、太白胡麻油と言います。

 

料理によく使う褐色のごま油は焙煎したもので、焦げた色をしているのです。

 

白胡麻油とは、「白ごま」を生のまま絞った油のことです。

匂いもなくサラっとした、少し黄色がかった透明の油です。

 

なぜ、直接ごま油を飲んだり食べたりするより、うがいの方が良いのか?

それは、に塗るほうが吸収が良いからです。

肌に塗ると毛穴の毛細血管から入り、全身にいきわたり、15分で骨まで浸透すると言われています。

 

「ごま油」はきめ細かく、浸透性がとても高いのです。

直接肌に塗ることで体内にもっとも早く吸収されるわけですね。

 

うがいで効果がでるわけは?

 

の裏の毛細血管から「ごま油」の成分が吸収され頭部全体に回るのではないかと考えられています。

 

直接頭部に塗っても良いわけですが最初は抜け毛が増えますし、いちいちシャンプーも大変ですよね。

 

手軽に毎日できる方法が、「白ごま油」でのうがいですね。

 

「白ごま油」を食べないほうが良いわけは?

「白ごま油」はピッタ(火の)性質が強く胃腸を通して摂ると、ピッタの性質が強まりすぎてしまうのです。

 

ピッタが強まると、や皮膚のトラブルが起きやすくなります。

普通の油でも摂りすぎるとニキビや吹き出物の原因になったりしますね。

 

「白ごま油」は小さいビンなら300円ちょっとからあります。

一カ月フルに使っても千円以下というコスパの良さですね。

 


Sponsored Link

ごま油でうがいの作り方、やり方は?

100度に熱して冷ました白ごま油を用意します。

一瓶全部作ってしまわないで、一週間分ぐらいの量を作るほうが良いです。

 

サラっとした油ですが、作ってみると、空気に触れると少しずつ粘度が出てきます。

三か月くらいは持つと言われていますが、使い心地の良い頃に使える分ずつ作り置きするほうが良いですね。

 

 

動画のようにプツシュして出しやすい容器に保存すると便利ですね。

化粧水の空き瓶などを利用しても良いですね。

 

うがいの前にお口をハブラシで素磨きします。

 

食べかすが口の中に残らないようにしてから始めます。

うがい中に食べかすが口の中でブクブクされては気持ち悪いですから。

 

白ごま油は大さじ1~2杯を口に含みます。

舌で、唇と歯茎の間にも、口全体に行きわたらせるようにします。

くちゅくちゅと音が大きくでるほど強くブクブクして喉のうがいをもガラガラとします。

 

舌で歯茎の裏から頬の裏側からほうれい線も裏から舌でこすると、ほうれい線も薄くなり、フェースラインもキレイになります。

 

環境に配慮して捨てましょう。

最後に吐き出しますが、油なので流しに流してしまわないように、ティッシュなどで口をぬぐいゴミとして捨ててくださいね。

 

環境への配慮ですね。

 

殺菌効果に口臭予防

 

白ごま油でくちゅくちゅすると、ツバがだんだん溜まってきます。

 

このツバも殺菌効果があり、細菌をやっつける働きがあります。

 

ごま油でうがい効果がでる期間は?

 

【関連記事】

健康効果高い!ごま油の効能。カロリーやダイエット効果は?

口臭の改善方法まとめ。即効で治すには?食べ物、飲み物で予防

喉の痛みの治し方。即効で治すには?はちみつや飲み物で改善。

オリーブオイルの美容効果と健康効能。美肌や高血圧改善!

アーモンドの効果的な食べ方。栄養と効能。白髪や便秘にも効く?

老け顔の女性(10・20代)の原因と改善方法。髪型やメイクで対策。

老け顔の男性(10・20代)の原因と改善法。髪型、ファションで対策。

 

うがいにしろ全身マッサージにしろ、長く続けてきた人は効果が目に見えて若いです。

 

しかし1日で効果があるものでもなく長期的に続けてきた人には、いつまでも若々しいと評価されているようです。

 

継続が効果の秘密であるとも言えますね。

 

ボディクリームの変わりに白ゴマ油を使うと、とてもいい感じです。

足の脛や、かかとなど、乾燥しているところにのばすとよくのびて吸収されてすべすべになります。

 

ボディクリームを買うより安いですし、シミが薄くなったとの報告もありますし、期待して使いつづけてみたいと思いますね。

 

全身に抗酸化物質を行きわたらせてみましょう。

数年後には、白ごま油マッサージをしてこなかった人と大きな差がでていると思います。

 

乾燥しない肌バリアを作る! セサミオイルの秘密

 

全身のマッサージにも効果的な「ごま油」の機能は万能ともいえる素晴らしいものですね。

 

みなさんも、この「白ごま油」効果をぜひ体験されて、いつまでも若いご自分を維持されてくださいね。


Sponsored Link