季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

袋井花火大会2017の日程と駐車場情報。有料チケット購入方法。

7月になり、すっかり夏本番の暑さですね。

お子さんがいるご家庭では、もうすぐ夏休みが待ち受けていますよね。

 

夏休みとなると思い出作りに海水浴やキャンプなど、計画している方も多いのではないでしょうか。

そんな夏休みの思い出に静岡県で行われる袋井花火大会に行ってみませんか。

 

全国の花火名人が集結し、最高傑作の花火を魅せます。間髪入れずに連続して放たれる、色彩豊かな光の渦に呼吸を忘れるほど。

 

花火の町ふくろいが発信する魅力あふれるプログラムは必見。

芸術的な花火が次々打ち上がる、袋井花火大会2017についての日程や見どころ、おすすめ観覧場所などを、下記の順番でご紹介します。

 

・袋井花火大会2017の日程や開催場所。見どころと屋台情報。
・袋井花火大会おすすめの観覧場所。穴場スポットは?
・袋井花火大会の有料席チケット購入方法や値段は?
・袋井花火大会のアクセス方法と駐車場情報。混雑状況は?

 

Sponsored Link

袋井花火大会2017の日程や開催場所。見どころと屋台情報。

 

袋井花火大会が行われるのは下記の日程です。

日程:2017年8月11日(金祝)

時間:19:00~21:00

雨のみの場合は開催決行。

台風や強風など荒天の場合、12日(土)に順延になります。

 

開催場所は静岡県袋井市愛野、原野谷川親水公園にて行われます。

 

 

花火名人オールスター戦!

打ち上げ花火 華やか
袋井花火大会では「全国花火名人選抜競技大会」という、花火と音楽を組み合わせた演出が競われる大会。全国各地から選ばれた一流の花火名人が参加する、まさに花火名人オールスター戦なんです。

 

それだけに大空に咲く花火の芸術性も抜群で、1つ1つの演出がとても華やかで圧倒的で楽しいんですよ。

 

全長200mを超える富士山のナイアガラはもちろん、日本一のジャンボワイドスターマイン、メロディースターマインなどの仕掛花火がかなりの見どころです。

 

 

花火の町ふくろいの名は伊達ではなく、次々と夜空に放たれる芸術的な花火は必見。輝きに満ちた魅力あふれるプログラムに終始釘付けになることでしょう。

 

屋台情報

花火 屋台

 

花火大会のもう1つの楽しみと言えば屋台ですよね。

 

静岡のB級グルメをはじめとした屋台もあれば、袋井花火大会の為だけに作られた「花火弁当」や袋井の地酒も販売されますよ。

 

「花火弁当」は事前予約がありますので、確実に食べたい方は予約しておくと安心ですね。

 

袋井花火大会おすすめの観覧場所。穴場スポットは?

袋井花火大会

 

花火大会を楽しみたいけど人混みが苦手、という方にオススメの穴場スポットを紹介します。

小野田河川公園


JR袋井駅から徒歩で約15分。こちらは花火大会の公式の自由席エリアなので、人は多いかと思います。ですが、かなり広い公園でトイレや屋台もあるため、ゆっくりと花火を楽しめると思いますよ。

 

逆川上流の橋土手


川の土手ですが人が少ないうえに花火が全体的に見ることができるので、人混みが苦手な方にオススメです。人が少なくゆっくりと花火を楽しみたい方にオススメの穴場スポットですよ。子供連れの方にオススメ!

 

香りの丘茶ピア


JR袋井駅から徒歩45分。駅から徒歩45分と遠いですが車でも行けますよ。茶摘みやいろいろなお茶が購入できますので、お茶好きな方は購入も兼ねて一緒に花火も楽しんではいかがでしょう。

 


Sponsored Link

袋井花火大会の有料席チケット購入方法や値段は?

 

袋井花火大会の迫力や演出を1番、楽しむにはやっぱり有料席!

 

特に200mを超える富士山のナイアガラを含む5台の仕掛花火は、有料席が1番楽しめるということで、有料席チケットの案内です。

 

有料席チケットには下記の4種類になります。

・イス席¥5,000

・ペアイス席¥8,000(2人1組)

・ブロック席¥4,000

・ファミリー席¥20,000(定員6人)

ブロック席は各自でレジャーシートなど敷物を用意しなくてはいけないので、忘れないようにしてくださいね。

 

販売場所は、袋井商工会議所、袋井市観光協会などのほか、全国のファミリーマート、セブンイレブン、ローソン、サークルKサンクスなど。発売日は6月24日(土)10:00~です。

 

袋井花火大会へのアクセス方法と駐車場情報。混雑状況は?

 

袋井花火大会の開催場所へは静岡方面からはJR愛野駅、浜松方面からはJR袋井駅で、降りると徒歩約20分で行けます。

 

16時くらいから混雑し始めるので、早めに行かれることをオススメします。

 

また、車で行かれる場合、袋井花火大会専用の駐車場というのはありません。

ですが、小笠原エコパスタジアムが花火大会当日に駐車場を開放しているので、そちらをご利用ください。


こちらも16時までには満車になってしまうので、早めに行かれたほうがよいでしょう。

 

昭和20年から続く歴史ある花火大会

打ち上げ花火 大輪

 

【関連記事】

安倍川花火大会の日程と穴場スポット。桟敷席はある?

熱海海上花火大会。花火の見える穴場ホテルはココ!

諏訪湖花火大会の日程と穴場。おすすめの宿泊所は?

神奈川新聞花火大会日程。有料席でない穴場スポットは?

横須賀花火大会の日程と穴場。米軍基地おすすめスポット

 

井花火大会は、昭和20年から続く伝統のある花火大会でもあります。

 

伝統ある花火大会であり、花火師たちの技術が競われる花火大会。

今年の夏休みは大いに楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

夜空に次々に咲く極彩色の花々に会場のボルテージも上がりっぱなし。

怒涛の打ち上げを大いに楽しんで下さいね。