季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

カーテンのカビ取り方法。洗濯での上手な落とし方とは?

皆さんは、カーテンビ取りの方法がわからず、お困りではありませんか?

 

いつも掃除をするわけではないため、ついつい見落としがちになるカーテンのカビ

 

ですが窓の湿気での結露などでも濡れやすいため、ある日突然カビていることに気づく…なんてことも。

白いカーテンであればなおさらですよね。

 

できればカビが発生する前に対処したいところですが、なかなかそうもうまくいかないでしょう。

 

今回はそんなすでに発生してしまったカビを落とす方法をいくつかご紹介いたします。

 

・カーテンを漂白剤で洗濯する場合(酵素系、塩素系)
・重曹を使ってカーテンのカビ取り!
・カーテンのカビ取りはクリーニングが一番?
・カーテンのカビ対策と予防方法

 

これで湿気の多い季節のカーテンのカビ取りも乗り切りましょう!

 

Sponsored Link

カーテンを漂白剤で洗濯する場合(酵素系、塩素系)

洗濯機

 

ひとつめに、白剤をかけるという方法があります。

 

漂白剤にも種類があり、手っ取り早くカーテンのカビ取りをしたい人は、素系のものを使うと良いでしょう。

 

キッチン用や衣料用の“漂白剤”と言われるものは、だいたいがこの塩素系の漂白剤です。

 

 

使い方は、

・バケツに水を入れる

・その中にカビてしまったカーテンを入れ、最低一日浸けておく

・浸けおわったら、一回カーテンを水洗いする

・カーテンを通常通り洗濯し、干して乾かす

たったこれだけで、頑固なカビも真っ白になってくれます。

 

 

ただ注意していただきたいのが、塩素系の漂白剤は匂いが少しきついということ。ですので換気がきちんと出来るところで行うようにしてください。

 

カーテン自体にも少しにおいが残ってしまうかもしれませんが、数日で取れます。

 

またカーテンの種類によっては塩素系の漂白剤が使えない場合もありますので、きちんと確認をしましょう。

 

 

また素系の漂白剤もカビ取りをすることができます。

 

塩素系よりはやや効き目が落ちてしまいますが、それでも十分な効果を実感できる上、においもそこまできつくないです。

 

使い方は、塩素系の漂白剤と同じです。

さらにこの酵素系のすごいところは、洗濯する際に一緒に洗濯機もきれいにしてくれるところです。

 

塩素系も酵素系も、どちらも近くのお店で入手することができます。

 

 


Sponsored Link

重曹を使ってカーテンのカビ取り!

重曹

 

最近キッチンや浴槽、洗濯槽など、様々な場所や用途で使えるため注目を浴びている重曹

 

口に入れても安全なため、小さいお子さんやペットがいるご家庭でも安心して利用できます

 

実はこの重曹でも、カーテンのカビ取りができます。

 

ただ体にとても優しい分、すでにできてしまったカーテンのカビ取りには少し弱いようです。重曹で落とす場合は、一緒に漂白剤を使うことをおすすめします

 

 

使い方はこちら。

・水にたいして1%~2%の漂白剤を入れる

・重曹をそこに小さじ一杯分入れ、混ぜる

・そこにカビが発生したカーテンを浸け置く

 

あとは漂白剤の洗濯方法と一緒です。

 

漂白剤も使っているため、換気できる場所で利用するというのはもちろんですが、ゴム手袋もきちんとはめておこないましょう。

 

重曹もドラッグストアなどで購入できます。

 


Sponsored Link

カーテンのカビ取りはクリーニングが一番?

クリーニング

 

どうしても自分でカーテンのカビ取りをする難しい場合は、クリーニングに頼んでしまうというのもひとつの手です。

 

少々割高になってしまうかもしれませんが、プロの力はやはり大です。

 

 

値段などが気になる際には、カーテンの長さなどをあらかじめ測っておき、お店の人に聞いてみるといいでしょう。

 

カーテンの大きさや裏地の有無でも、クリーニングの金額が変わってきます。

 

 

さらに大きなカーテンなどの場合、取り外しから取り付けまで行ってくれたり、クリーニング中に予備のカーテンを貸し出してくれるクリーニング店もあります。こちらも店舗に確認できますよ。

 

カーテンのカビ対策と予防方法

窓辺 猫

 

どんなに頑張っても取れない…お気に入りのカーテンだった場合は、なおさらショックが大きいでしょう。

 

そうなる前に、今からできるカーテンのカビ対策はきちんとして、最小限のカビ取りのみにおさえましょう!

 

湿気がこもらないようにする

 

まずはカビの一番の原因となる、湿気を徹底的にこもらないようにしましょう。

 

湿気が結露となり水滴化し、そこにカビの栄養分となるカーテンの汚れがあると、すぐにカビが発生してしまいます。

 

気温が低い日でもこまめに換気をするようにしましょう。

 

ホコリもしっかり取り除く

 

ほこりなどもカビを発生させてしまうカビの栄養分です。

 

窓の結露をしっかり取ったら、一緒にほこりも拭いてしまいましょう。

 

風の通り道を意識する

 

湿気をこもらせない方法と似ていますが、部屋は二か所以上窓を開けたり、通り道を意識するようにしてください。

 

カビを予防すると健康にも効果的♪

カーテン リビング

 

【関連記事】

押入れ、クローゼットのカビや湿気を対策!すのこや新聞紙で防止

畳のカビを上手に掃除する方法。効果的に除去する取り方は?

布団の湿気カビ対策!フローリング直敷きは危険?予防方法は?

部屋の湿気対策。原因は?カビやカビ臭さを防ぐおすすめ除湿法

加湿器のカビ対策と掃除方法。カビ臭さを除去して防止しよう!

エアコン掃除を自分でやる方法。フィルター、ファン。カビ取り。

 

ーテンのカビ取り方法についてご紹介しました。

知っているようで実は知らなかったと、いう方も多いのではないでしょうか。

 

梅雨の時期や冬場などに、湿気のせいでカビが発生しやすいカーテンですが、放っておくとカビの胞子によってアレルギー症状が起こる場合も…

 

ただの花粉症やハウスダストだと思っていたのに、カビが原因だったということも大いにあり得ます。

 

対策予防をしっかりおこない、万が一カーテンにカビができてしまっても、紹介した方法でしっかりカビ取りをおこないましょう!


Sponsored Link