季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

足利フラワーパークイルミネーション2016-2017。時間と混雑は?

足利フラワーパークは、栃木県足利市にある、花のテーマパークです。毎年草花が停滞期になる10月より、イルミネーション「光の花の庭」が開催されています。

 

約300万球のLEDを使用したイルミネーションは、“関東三大イルミネーション”、“日本夜景遺産”にも認定されているほどなんですよ。

 

そこで足利フラワーパークイルミネーション2016-2017の開催期間やアクセス情報などを交えて、足利フラワーパークイルミネーション2016-2017の魅力をお届けしたいと思います。

 

・足利フラワーパークイルミネーション2016-2017の開催期間やライトアップ時間は?
・足利フラワーパークイルミネーションのチケット料金は?割引方法はある?
・足利フラワーパークイルミネーションの見どころ!おすすめスポットや上手な回り方は?
・イルミネーション期間中の混雑する時間や時期は?ペットも入場できる?
・足利フラワーパークへのアクセス方法と駐車場情報。

 

上記のテーマに沿って書いていきますね。

 

Sponsored Link

足利フラワーパークイルミネーション2016-2017の開催期間やライトアップ時間は?

 

期間:2016年10月22日(土)~2017年2月5日(日)

点灯時間:16:30~21:00(土日祝は21:30まで)

開園時間:15:30~21:00(土日祝は21:30まで)

休園日:12月31日

 


Sponsored Link

足利フラワーパークイルミネーションのチケット料金は?割引方法はある?

足利フラワーパーク イルミネーション

 

足利フラワーパークイルミネーションの入園チケット料金は、大人800円、子供(4歳~小学生まで)400円です。

 

特典がいっぱい!?お得なチケット入手方法

足利フラワーパークイルミネーションの入園チケットをお得に入手するための、割引方法をご紹介しちゃいましょう。いくつかの方法があるので、上手に利用して下さいね♪

 

足利フラワーパークのメール会員(無料)に登録する

足利フラワーパーク 入園割引券

 

入会金無料、年会費無料の足利フラワーパークのメール会員に登録すると期間限定の入園割引券をGetすることができます

 

期間限定入園割引券は、会員1人につき1枚ですが、1枚で3名まで利用することができちゃうんです。

 

入園割引券は、期間によって割引率が違いますが、最低でも1名につき100円引き。この他にもお得な割引サービスや特典がいろいろ付いてくるので、これを機会にぜひ会員登録してみて下さいね。

 

詳しくはこちらをどうぞ。

 

 

JAFの会員証を見せて購入する

JAF 会員証

 

足利フラワーパークのチケット売り場で、JAFの会員証を見せて購入すると、最大3名分まで100円割引になります

 

大人だと800円の入園料が700円で済む計算になりますね。JAFの会員の方は、ぜひ会員証を忘れずに持参して下さいね。携帯の画面を見せる、デジタル会員証でもOKですよ。

 

 

コンビニで前売り券を購入する

コンビニ

 

セブンイレブン、ローソン、サークルK、ファミリーマートなど、コンビニで前売り券を購入すると、1名につき50円引きで入園チケットを購入することができます

 

大人800円→750円、子供400円→350円。前売り券を購入すると、少しでも割引が付く他に、入園する際にチケット売り場で混雑することなく、スムーズに入園できるメリットもあります

 

また、セブンイレブン限定のセブンチケットでは、大人ペア+500円分商品券付きセットや、光るキャンディ付き親子セット券など、バラエティー豊かでお得なオリジナル入園チケットも販売されています。こちらもおすすめですよ。

 


Sponsored Link

足利フラワーパークイルミネーションの見どころ!おすすめスポットや上手な回り方は?

 

約300万球のLEDを使用した、足利フラワーパークイルミネーションは、日本夜景遺産の“関東三大イルミネーション”にも認定され、2014年には全国の夜景鑑定士が選定する“イルミネーション全国1位”に認められるほどの実力派

 

花や自然、季節感に特化したイルミネーションを楽しむことができます。プロも認めるイルミネーションを思いっきり堪能して下さいね。

 

シンボルツリー「奇跡の大藤」

足利フラワーパーク イルミネーション 大藤

 

足利フラワーパークのシンボルツリーである、日本一の大藤。この大藤の木に約180万球の薄紫色のLED電球を使用して、満開の藤の花を再現しています。

 

風にゆらめく花房は、まるで本物の大藤のような見応え。白藤、きばな藤にも同様に光の花が咲き乱れます。幻想的な夜の藤の花を、心ゆくまで鑑賞して下さい

 

 

この他にも、園内南側の山際に、斜面を利用して演出される、光の壁画「スノーワールド」や「レインボーマジック」も鮮やか。

 

池の水面に映り込む水鏡効果を利用したスポットも多いのが特徴的で、幻想的な「光のピラミッド」、クリスマスを演出する高さ23mのクリスマスタワーも見応え充分です。

 

フラワーパークだけあって、ローズガーデンに咲き誇るイルミネーションフラワーや、あちこちの花壇に咲く可愛い光の花の演出も見逃すことはできません。

 

お好きな場所からお好きなコースで自由に散策

 

園内に決められたコースはありません。お好きな場所から自由に散策することができます。

 

従って、比較的人の少ない場所から気ままに回るのがおすすめ。カメラの三脚も持ち込み可能、園内での使用可能なので、美しいイルミネーションをじっくり撮影することもできます。

 

イルミネーション撮影はシャッタースピードが遅くなるので、手ブレがし易いです。撮影をしたい方は、三脚を忘れないで下さいね。

 

イルミネーション期間中の混雑する時間や時期は?ペットも入場できる?

 

イルミネーション期間中、混雑する時間帯が気になりますよね。時期によって混雑具合は多少違いがあるものの、おおむね18時を過ぎた頃から徐々に人出が多くなり、19時~20時台に最もピークを迎えます

 

 

園内の混雑よりネックになるのが駐車場。無料駐車場が常時300台、繁忙期には臨時駐車場も増設されますが、訪れる人数に対して収容台数が少ないのが現状です。

 

寒い時期で、平均的な園内滞在時間が短いので、満車状態でも待っていれば順次駐車することはできますが、臨時駐車場に回されると、長い距離をテクテクと歩かされる羽目になります。

 

ここはやはり、開場時間の15時30分を狙って現地入りすることをおすすめします

 

 

平日よりもちろん週末の方が混雑します。時期的には12月が最も繁忙期。特にクリスマス前後は大混雑になるでしょう

 

またイルミネーションがOPENして直ぐの10月も混雑します。時期的な狙い目は11月と1月。混雑を避けてゆっくりと鑑賞したい場合は11月か1月に訪れると良いと思います。

 

 

残念ながら、園内はペット同伴不可、預かり不可です。車イスについては無料貸出しがありますが、ベビーカーの貸出しはありません。

 

園内は段差がある場所もあるので、ベビーカーや車イスの使用できる場所は制限されます。ご利用を考えていらっしゃる方はご注意下さいね。

 

足利フラワーパークへのアクセス方法と駐車場情報。

場所:足利フラワーパーク

住所:栃木県足利市迫間町607

電話:0284-91-4939

地図:


公式HP:足利フラワーパーク

電車の場合:JR両毛線「富田」駅より徒歩約13分

車の場合:①東北自動車道佐野藤岡ICより、国道50号前橋・足利方面進行(約18分)②北関東自動車道佐野田沼ICより、県道16号経由、県道67号足利方面進行(約12分)

駐車場:あり 300台 無料

 

園内に数多くある撮影スポットを上手に利用して

 

【関連記事】

榛名湖イルミネーションフェスタの日程。花火の時間は?

よみうりランドのイルミネーション。期間や入場料は?

恵比寿ガーデンプレイスイルミネーション。時間と混雑。

ドイツ村イルミネーション。期間、混雑状況は?

西武園ゆうえんちイルミージュ。混雑や割引方法は?

 

実際に足利フラワーパーク園内に足を踏み入れたら分かることなんですが、至るところに撮影スポットが設けられています

 

その場所から撮影したら、最も美しいアングルで撮影できちゃうってことなんですね。

 

実際のお花とのコラボレーションも撮影しやすく工夫がされているので、記念撮影をするのにもおすすめ。撮影スポットを上手に利用して、素敵な記念写真を残して下さいね。


Sponsored Link