季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

赤ちゃん(乳児)鼻づまり解消法。寝れない治らない改善方法

赤ちゃんの鼻づまり、とても苦しそうでどうしたら楽にさせてあげられるか気になりますよね!?

 

乳児期の赤ちゃんは口呼吸が苦手な子が多いので、鼻が詰まってしまうととてもつらいはずです。

 

なんとか、解消してあげたい!と思うお母さんたちは多いと思います。

 

私の子たちも、赤ちゃんのときの鼻づまりはとてもかわいそうでした。特に夜中は辛そうで何度も泣いて起きていた記憶があります。

 

一晩中、抱っこしていたりなんてこともありました。

 

少しでも、赤ちゃんの鼻づまりが解消されるために、解消法や鼻づまりの原因などについて調べてみました。

 

・赤ちゃんの鼻づまりの原因は?
・赤ちゃんの鼻づまり解消法は?
・赤ちゃんが鼻づまりで寝れないときや夜泣きしてしまうときは?

 

上記のテーマに沿ってまとめていきたいと思います。

 

Sponsored Link

赤ちゃんの鼻づまりの原因は?

赤ちゃん ママ

 

赤ちゃんは頻繁に鼻づまりを起こしますよね?!我が子もしょっちゅう鼻が詰まっていました。

 

フガフガなり、授乳していても苦しくてヒーヒーなってしまったり、大泣きしたりします。

 

発熱しないのに、鼻水、鼻づまりが長引くことも多いですよね。そんな鼻づまりの原因はなんなのでしょうか?!

 

大人と赤ちゃんには、鼻の特徴が全然違うのです。

・鼻が低い。

・鼻の穴が小さい。

・鼻腔が狭い。

赤ちゃんは、このような鼻の特徴がありますが、なんだかわかる気がしますね。

 

このせいで鼻水が溜まりやすく排出しにくいのだそうです。

 

赤ちゃんは少しの気温の変化や乾燥によって、すぐに鼻水が増え、固まりやすくなります。

 

赤ちゃんは体温調節も自分ではできないですし、適温で適度な湿度は赤ちゃんにとってとても重要ですね。

 

 


Sponsored Link

赤ちゃんの鼻づまり解消法は?

赤ちゃんが鼻づまりを起こしたときに、どう対処したらよいのでしょうか?

 

こちらの動画で、わかりやすく説明されていたのでご紹介しますね。

 

 

赤ちゃんが鼻づまりを起こすととても苦しそうで、発熱していなくてもすぐに病院に受診する方も多いと思います。

 

苦しそうで心配ですので、私も長女のときはそうしていました。

 

しかし、病院もたくさんの患者さんがいますし逆に風邪をもらってしまうなんてこともあります。

 

ですので、元気があって母乳やミルクが飲めていれば自宅でできる対処をして、様子を見ることも大切です。

 


Sponsored Link

赤ちゃんが鼻づまりで寝れないときや夜泣きしてしまうときは?

動画で紹介している他に、よい解消法があったので紹介しますね。

 

母乳でできる解消法

母親 赤ちゃん

 

母乳で?どうやって?と、思いますね!私も実践はしてことありませんでしたが、授乳中に知っていれば実践してみたかったです。

 

まず、母乳は新鮮な状態のものを使用します。搾りたてということですね。

 

この母乳をスポイトなどに入れて、赤ちゃんの鼻の穴に2〜3滴たらします。母乳は赤ちゃんの鼻に入れても痛くないそうです。

 

垂らしたあとに、鼻をクチュクチュと軽くつまんであげます

 

粉ミルクや冷凍していた母乳は使わないでくださいね。

 

夜泣きしてしまうときの解消法

赤ちゃん 夜泣き

 

赤ちゃんの鼻づまりは、夜に悪化しやすいと思います。なるべく夜泣きせずに寝かせてあげたいですよね。

 

赤ちゃんは乾燥もよくないので、お部屋を加湿して乾燥にも気をつけてあげましょう。

 

また、寝るときは状態を少し起こしてあげるとよいでしょう。

 

このとき頭だけを高くするのではなく、タオルやクッションを上手に使い、なだらかな傾斜を作ってあげ、なだらかな滑り台のようなイメージで赤ちゃんが寝やすい傾斜を作ってあげましょう。

 

それでも夜中、鼻づまりがひどく泣いてしまうときは、ガーゼなどで、鼻の上を温めてあげましょう。

 

赤ちゃん

 

・赤ちゃんは鼻の穴が小さく、鼻腔が狭いため鼻づまりを引き起こしやすい

 

・鼻づまりを引き起こしても、母乳やミルクを飲めていて元気があれば慌てずに見守りましょう。

 

・自宅でできる解消法を実践してみて、少しでも鼻づまりを楽にしてあげましょう。

 

適度な室温、適度な加湿を心がけましょう。

 

・苦しそうで、母乳やミルクを飲むのも困難な場合は、病院を受診して小児科医の指示を仰ぎましょう。

 

【関連記事】

赤ちゃんの鼻水の上手な吸い方。透明な鼻水や寝れない時の対処

赤ちゃんの高熱(38度以上)対処方法。冷やし方やお風呂の入れ方

赤ちゃんの咳が長引く原因は?熱はないけど鼻水もでる場合は?

赤ちゃんの寒さ対策。部屋、外出先で寒さを防ぐ服やグッズ

赤ちゃんの暑さ対策。部屋、外出先での上手な体温調節方法。

 

赤ちゃんは、言葉で伝えられない分、泣いてお母さんにアピールします。

 

鼻づまりで苦しそうな姿は本当にかわいそうですし、早く治してあげたいですよね。

 

お母さんの心配な表情や気持ちは、赤ちゃんにも伝わります。

 

大丈夫だよぉ!治そうね!」と、慌てずに解消してあげられるように、この記事が参考になれば幸いです。


Sponsored Link