季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

赤ちゃん(乳児)鼻づまり解消法!寝れない治らない改善方法。

ちゃんって本当によく鼻づまりを起こしますよね。

 

鼻づまりを起こすたびに、おっぱいやミルクが飲めなくなったり、夜泣きをして寝れなかったり、なかなか治らないことも。

 

鼻づまりに苦しむ赤ちゃんがかわいそうで、「早く何とかしたい!」と毎回試行錯誤しているママも多いのではないでしょうか。

 

そこで今回は、赤ちゃんの鼻づまりの原因や解消法についてご紹介します。赤ちゃんの鼻づまりについて正しく理解して、解消に役立ててくださいね。

 

・赤ちゃんの鼻づまりの原因は?
・赤ちゃんが鼻づまりで寝れない時の解消法は?
・赤ちゃんが鼻づまりで夜泣きする場合はどうしたらいい?
・赤ちゃんの鼻づまりがなかなか治らない時は?

 

Sponsored Link

赤ちゃんの鼻づまりの原因は?

ママ 赤ちゃん イラスト

 

赤ちゃんが鼻水を出す原因は、体温調節を行うためや、細菌を体外に出すためですが、そもそも赤ちゃんは鼻水が出やすい体質になっています

 

鼻水を出すことで、病気にならずに健康を保てるよう、自然と体が働いてくれているのです。

 

しかしながら、赤ちゃんは体のパーツが小さいですよね。当然ながら鼻も、鼻の穴の中が狭く、長さも短い造りになっています。

鼻水がたくさん出やすい体質と鼻の小ささが相まって、すぐに鼻づまりを起こしてしまうのです。

 

赤ちゃんは基本的に鼻呼吸ですので、鼻がつまるとなかなか寝付けなかったり、期限が悪くなったり、様々な弊害が起きてしまうのです。

 

赤ちゃんが鼻づまりを起こしてしまった場合は、早めに解消してあげたほうがよさそうですね。

 

赤ちゃんが鼻づまりで寝れない時の解消法は?

ママ 寝る赤ちゃん イラスト

 

鼻水を吸い取ってあげる

やはり鼻づまりの解消法として最も効果があるのは、鼻水をこまめに吸い取ってあげることです。

 

昔の人は、赤ちゃんの鼻の穴に直接口を付けて吸ってあげていたようですが、最近では赤ちゃんの鼻水を吸い取るためのグッズが数多く販売されていますよね。

 

チューブ式のものであれば1,000円以下で買える商品もありますし、少し値段は張ってしまいますが、電動のものもあります。

 

チューブ式のものを使ったことがある方は分かると思いますが、やはり鼻水を吸おうとすると赤ちゃんは泣いて嫌がります。そんな赤ちゃんを押さえて鼻水を吸うのはとても大変で、「電動を買っておけばよかった…」と後悔した経験がある方もいることでしょう。

 

ですからこれから購入を検討される方で予算にも余裕がある方には、電動をおすすめしますよ。

 

 

母乳を赤ちゃんの鼻の中に入れる

「え!?母乳を赤ちゃんの鼻の中に入れても大丈夫なの!?」と驚かれる方も多いかもしれませんね。

ですが、これは小児科の先生も推奨するきちんとした鼻づまり解消法なのです。

 

母乳育児をされているママであれば、少し母乳をしぼって、スプーンやスポイトなどを使って赤ちゃんの鼻の中に垂らしてみてください。

 

母乳は鼻に入れても痛くありませんし、点鼻薬の代わりとなって鼻づまりを解消してくれます。しかも、母乳には免疫物質が含まれていますので、効果が期待できますよね。

 


Sponsored Link

赤ちゃんが鼻づまりで夜泣きする場合はどうしたらいい?

泣く赤ちゃん イラスト

 

体を起こすように抱っこしてあげる

鼻づまりの解消法を試してみても赤ちゃんが夜泣きをしてどうにもならない場合、まずは抱っこしてあげましょう。

 

体が横になっていると鼻がつまりやすく、苦しくなってしまうことがあります。

ですから、首がすわっている赤ちゃんであれば普通に縦抱きをし、首すわり前の赤ちゃんであれば少し上体を起こすように抱っこしてあげましょう。

 

体が起き上がることで鼻づまりが解消され、それだけで泣き止むこともありますよ。

 

抱っこしたままソファーに寄りかかり、朝までその状態で寝たことが何回もあるママもいるようです。

できればパパと交代で赤ちゃんを抱っこし、夜を乗り越えられるといいですね。

 

頭を少し高くして寝かせてあげる

抱っこでなくても大丈夫な場合は、タオルや枕などを使って赤ちゃんの頭を少し高くしてあげるのもおすすめですよ。

 

こちらも抱っこと同じで、頭を高くすることで鼻づまりが起こりにくくなります。

 

ただ、寝返りがまだ上手にできない赤ちゃんの場合は、うつ伏せになってしまうと窒息のリスクもありますので、十分注意してくださいね。

 

赤ちゃんの鼻づまりがなかなか治らない時は?

ママ 赤ちゃん イラスト

 

早めに受診を

赤ちゃんの鼻づまりが長引いていてなかなか解消されない時は、早めに病院へ行って診てもらいましょう。

 

大人であれば「鼻水くらいなら放っておく」という方も多いかもしれませんが、赤ちゃんの場合は鼻水を放っておくと副鼻腔炎や中耳炎になってしまう可能性があります。

 

副鼻腔炎や中耳炎になってしまうと、熱が出たり耳垂れが出たりと、赤ちゃんもさらに辛い思いをしてしまいますので、「たかが鼻水」とあなどらずに、鼻づまりが数日続いている場合は早めに受診しましょう

 

小児科と耳鼻科、どっちに行けばいい?

いざ病院へ行くとなると、小児科と耳鼻科のどちらへ行けばいいか迷ってしまいますよね。そんな時は、赤ちゃんの状態をよく観察してみてください。

 

赤ちゃんの症状は、鼻づまりや鼻水だけですか?他に熱や下痢などの症状はありませんか?

もし、鼻水の他に熱や下痢などの症状があるようであれば、まずは小児科の受診をおすすめします。

 

症状が鼻水や鼻づまりだけだったり、耳を痛がっているような素振りがあれば耳鼻科を受診してみましょう。

最初は小児科へ行ったけど、その後も鼻づまりが治らない…なんていう場合も、耳鼻科へ相談してみるといいかもしれませんね。

 

また、「自分では上手に鼻水を吸ってあげられない」というだけであっても、病院へ行けば機械で吸い取ってもらえますので、躊躇せずに受診してみましょう。

 

早めの対処で赤ちゃんの鼻づまりを解消しよう

赤ちゃん イラスト

 

【関連記事】

赤ちゃんの鼻水の上手な吸い方。透明な鼻水や寝れない時の対処

赤ちゃんの高熱(38度以上)対処方法。冷やし方やお風呂の入れ方

赤ちゃんの咳が長引く原因は?熱はないけど鼻水もでる場合は?

赤ちゃんの寒さ対策。部屋、外出先で寒さを防ぐ服やグッズ

赤ちゃんの暑さ対策。部屋、外出先での上手な体温調節方法。

 

いかがでしたか?

どんな方法をとるにしろ、赤ちゃんの鼻づまりを解消するためには早めの対処が大切です。

 

少し鼻がつまってきたな…と感じたら、こまめに鼻水を吸ってあげたり、母乳を垂らしてみたり。「これくらいならまだ大丈夫だろう」と放置せずに、早めに手を打ってあげましょう。

 

そのためにはまず赤ちゃんの健康状態の観察と、鼻吸い器などの道具の準備が必要ですね。

 

日頃から赤ちゃんの健康状態をしっかりと観察し、いざという時のために道具を準備しておけば、赤ちゃんも長い間苦しまなくて済みますし、結果的にママも楽になりますよ。

 

万全な備えと早めの対処で、赤ちゃんの鼻づまりに立ち向かいましょう。