季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

七五三のお参り。初穂料のし袋の相場や書き方。いつ渡す?

かわいいお子さんやお孫さんの七五三

 

一生の中でその時しかない晴れ姿に、家族は皆、心躍る瞬間でもあります。子供本人より、まわりの大人たちがわくわくしてしまうのも無理はありません。

 

しかし初穂料やのし袋など、知っておかないといけないことももちろんあります。初めてのことであればなおさら、「わからない!」となってしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

そんなあなたのために、七五三の初穂料やのし袋、金額の相場などをご紹介いたします!

 

・七五三のお参りの際の初穂料とは?
・七五三の初穂料ののし袋の書き方は?封筒でもいいの?
・七五三の初穂料の金額の相場は?新札でないとダメ?
・初穂料を渡すタイミングは?

 

Sponsored Link

七五三のお参りの際の初穂料とは?

 

初穂料とは、神社などに七五三でお参りに行き、祈祷を行ってもらう際に、神主さんにお渡しするお金です。読み方は、「はつほ」と言います。

 

初穂とはもともと、その年に収穫された米や穀物などといった最初の農作物のことです。初穂料とは、この農作物の代わりにお渡しする金銭であることから、この名前が付きました。

 

この他にも、神前に捧げるために「玉串料」という名で納められることもあります。

 


Sponsored Link

七五三の初穂料ののし袋の書き方は?封筒でもいいの?

初穂料 のし袋

 

のし袋に書く際、外袋と中袋に分かれているため、それぞれで書き方が違います。

 

外袋の書き方

外袋には水引があると思います。

その水引の上に「御初穂料」または「初穂料」と書きます。

 

水引の下段には、七五三で祈祷を受ける自分の子供の名前をフルネームで書き入れます

 

また兄弟や姉妹で一緒に祈祷を上げる際には、連名にして書いても大丈夫です。書く際には、ボールペンなどを使うよりも、見栄えもよくなりますので筆ペンを使うようにしましょう。

 

中袋の書き方

のし袋の中の中袋ですが、こちらの表には包んだお金の金額を書き、その裏には住所と今回七五三で祈祷を上げる子供の名前を書きます。

 

中袋にもともと名前や住所を書けるようになっているものも販売されています。その場合は、そのまま書いてしまって大丈夫ですよ。

 

さらに、お子さんの名前の左側に年齢を書く地域もあります。

 

のし袋以外に封筒でも大丈夫ですが、お祝い事のお参りですので、できれば水引がきちんとあるのし袋を使われることをおすすめいたします。

 


Sponsored Link

七五三の初穂料の金額の相場は?新札でないとダメ?

のし袋 お札

 

七五三の際に神社に渡す初穂料の相場は、だいたい5,000円~10,000円くらいです。

 

と言っても、各神社で金額が違ったりもしますので、七五三の祈祷をしてもらう前に、一度電話などで問い合わせをすることをおすすめいたします。

 

またお札は、必ず新札でなくてはいけないということはありませんが、汚れや破れがあるお札や、しわしわのお札というのは避けてください

 

実際、神社から強要がなくとも節目の行事で心を引き締めるといった意味で、新札を使われる方はとても多いです。

 

初穂料を渡すタイミングは?

社務所 神社

 

用意したのし袋に初穂料を包み、七五三のお参りをする神社に持参します。

 

神社についたら「社務所」と呼ばれる神社の受付がありますので、そこですべて行います。社務所では、祈祷に使用する祈祷申込書を渡されますので、そちらに必要な事項すべてを記入します。

 

その申し込み用紙を記入した際、一緒にのし袋に入った初穂料を渡します。

 

万が一この祈祷申込用紙がない神社であれば、社務所などで聞いたり、事前に電話で問い合わせておくのがいいでしょう。

 

七五三のお参り、楽しみですね!

【関連記事】

七五三はいつからいつまで?数え年と満年齢どちらで祝うの?

七五三のプレゼント。女の子男の子におすすめランキング!

七五三のお祝いお返しの相場。贈る物やのしの書き方は?

七五三で3歳の女の子の着物の選び方。相場やレンタルについて。

七五三で3歳の男の子の着物(袴、被布)やスーツの選び方。

 

七五三のお参り、初穂料などについてご紹介いたしました。

 

初めての七五三、のし袋に包むべき相場や、書き方などわからないことも多く困っていたかたも多かったのではないでしょうか。

 

そして毎年あるわけでもないので、一度やってもついつい忘れてしまいがちです。ですがお子さん、お孫さんの晴れ姿を見れる大事なお参り、できることならきちんと事を進めたいですよね。

 

納めるべき初穂料なども各神社で違うこともあるため、まずは神社に問い合わせされることをおすすめいたします。


Sponsored Link