季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

海水浴ビーチ遊び方や持ち物!【家族・カップル・団体】おすすめは?


Sponsored Link

梅雨も明け、すっかり夏本番を迎えましたね。

 

と言えば?青い空!青い海!

 

今年も海水浴シーズンが近づいてきました。

 

家族で行く場合、カップルで行く場合、そして部活仲間や会社の同僚などグループで行く場合とそれぞれの楽しみ方があります。

 

ここでは、それぞれのパターンに応じた海水浴やビーチでの遊び方や、持ち物などを紹介します。

 

 

Sponsored Link

海水浴のビーチで遊ぶための基本アイテムは?

ビーチ 遊ぶ

 

海岸に寝そべってゆっくり本を読むのもいいですし、思いっきりアクティブに動き回るのもいいでしょう。

 

それぞれが思い思いに楽しめるのが海水浴の良いところですね。

 

海水浴を安全に目一杯楽しむために、しっかり準備をしていきましょう。

 

どのパターンでも共通する基本的な持ち物は次の通りです。

 

泳ぐために必要な持ち物

・水着

・着替え

・タオル

・ビーチサンダル

水着は基本アイテムですね。

 

ラッシュガードやレギンスを合わせて着るスタイルも、定着してきましたね。

 

タオルは多めにあると便利です。

 

また、8月になるとクラゲが出てきますので、クラゲ除けのクリームなどで予防してくださいね。

 

強い日差しを遮るために必要なアイテム

サングラス 帽子

 

海水浴やビーチには日差しを遮るものが無く、とても紫外線を浴びやすい状態です。
強い日焼けや、熱中症を防ぐために、日差し対策は大切です。

 

サングラス、帽子、日焼け止め、パラソル(レンタルでもOK)など、自分にあったアイテムを持っていきましょう。

 

ビーチパラソルも良いのですが、ビーチテントの方が四方からの日差しを遮られますし、風に飛ばされることも少ないのでおすすめです。

 

特に彼女さんといかれる男性はポイントアップに繋がるかもしれませんよ!

 

ビーチで休むスペースの確保

桟敷やレンタルスペースなどを利用することもできますが、数が限られていることもあります。

 

レジャーシートやタープを持参して、自分たちのスペースを用意すると便利です。

 

小さめのビニールバッグ

泳いだあと、濡れた水着やタオルを収納したり、小銭入れなど貴重品を持ち歩いたりとコンパクトなビニールバッグがあると便利です。

 

ない場合は、ジップロックなどで代用する方法もおすすめ。

 

ジップロックは、スマートフォンの防水にも役立ちますよ。

 


家族や子供が楽しめる遊び方や持ち物は?

子供 浮き輪

 

海水浴を満喫する遊び方

浮き輪でアクティブに遊ぶ

子供達と楽しく泳ぐためには、浮き輪はマストアイテム。
足がつかない深さでも安心して、海遊びを楽しめます。

 

子供にはビーチサンダルではなくウォーターシューズなど靴タイプのサンダルを用意してあげると、怪我をしにくいので安心です。

 

潜って遊ぶ

水中眼鏡や簡単なシュノーケリングセットを用意し、海の中をのぞいてみるのも盛り上がる遊び方です。

 

ビーチを満喫する遊び方

砂遊び ビーチ

 

砂遊び・砂のオブジェ作り

シャベル(スコップ)、クマデ、型抜き、バケツなどの砂遊びセットを持っておくと、泳ぎに飽きた子供も十分楽しめます。

また泳げない小さなお子さんがいる方にもおすすめです。

 

砂のオブジェをきれいに作るコツは、海水と砂を混ぜてセメント状にし、スコップでペタペタと叩きながら空気を抜くときれいにできますよ。

 

シャボン玉

100円ショップで販売されているもので十分。

 

シャボン玉液を多めに用意しておくと、まだ海に入るのが怖い年齢の子供でもビーチを楽しめます。

 

ビーチコーミング

砂浜に落ちている貝殻やサンゴは、子供達にとって宝の山。

 

夏の思い出に拾い集めてみるのも楽しい遊び方です。

 

貝殻集め

貝殻

 

ほかにも貝殻集めなんかもおすすめ。

 

貝殻を拾って帰り、フォトフレームやライトに接着剤でくっつけてオリジナルのフォトフレームを作ってみてはいかがでしょうか。

 

お子さんの夏休みの工作にもなりますよ!

 

注意点は?

子供がいる場合は、熱中症など、体調を崩さないように注意しながら遊びたいですね。

 

遊びに夢中になって、水分補給を忘れがちになってしまいます。

 

海の中でも帽子をかぶり、こまめに飲み物を口にするように心がけましょう。

 

Sponsored Link

カップルで楽しめる遊び方や持ち物は?

マリンスポーツ 海水浴

 

海水浴を楽しむなら

マリンスポーツ

家族連れやグループではなかなか楽しめないのが、シーカヤックやシュノーケリングなど、本格的なマリンスポーツ

 

場所によっては、インストラクター付きでのこうしたアクティビティが楽しめるところがあるので、ぜひ調べてみましょう。

 

初めてでも、ふたりでチャレンジすることでより楽しい思い出をつくることができますよ。

 

浮き輪

しっかり泳いで楽しみたいなら、浮き輪はマストアイテムです。

 

女性は顔が濡れてメイクが崩れたり、日焼け止めが流れたりするのが気になりますが、浮き輪があれば、顔を濡らさず遊べます。

 

長時間、水の中にいても疲れにくいですね。

 

ビーチで楽しむなら

シュノーケリング 楽しむ

 

水中用カメラ

ふたりの思い出をたくさん写真に撮りたい方には、ぜひ防水タイプのインスタントカメラをおすすめします。

 

スマートフォンでの撮影もできますが、防水であっても海の中に落としてしまったら困ります。

 

防水タイプのインスタントカメラは、意外とリーズナブルに購入できるので、気にせず撮影を楽しめますよ。

 

花火

夕方まで楽しめるビーチなら、手持ち花火もおすすめ。

 

手軽に非日常感を味わうことができ、素敵な思い出が増えますね。

 

団体で楽しめる遊び方や持ち物は?

バナナボート 満喫

 

海水浴を満喫する遊び方

ウェイクボード

ウェイクボードとは、ボードに乗ってボートなどに引っ張ってもらい、波の上を滑る遊び方です。

 

ある程度の人数がそろって、ボートを出航してもらうので、グループでの遊びにはぴったり。

 

レンタルですべての道具がそろうところがほとんどなので、気軽にチャレンジしてみましょう。

 

バナナボート

バナナのような形をした大きな浮き輪状のボートに数人が乗り、ボートに引っ張ってもらう遊びです。

 

一つのボートに数人が乗るため、グループで行くとより楽しめますね。

 

ビーチを満喫する遊び方

スイカ割り ビーチ

 

ビーチフラッグ

大きな道具なしでも盛り上がるのがビーチフラッグ

 

用意するものはフラッグだけ。

フラッグが無い場合は木の棒でも良いと思いますよ。

やり方はとってもシンプル。

 

ビーチにフラッグなどをたて、ある程度離れたところで、後ろ向きにうつ伏せになります。

合図とともにフラッグめがけて走り、一番に取った人が勝利!というゲームです。

 

簡単なルールだからこそ、大人数でも楽しめます。

こちらも動画がありますよ。

スタートの姿勢を変えるのも楽しそうですね。

 

 

スイカ割り

これも夏の海ならではの楽しみ方ですね。

海水浴やビーチでの遊びと言ったらコレ!というような定番です。

 

スイカとスイカを割るための棒、目隠し用の手ぬぐいやアイマスク、ビニールシートなどを用意しておけば簡単に楽しめ、みんなが盛り上がること間違いなしです!

 

定番とはいえ実際やると思った以上に盛り上がるんですよ。

ただスイカが結構高いところが難点かもしれませんね。

割ったスイカはしっかりみんなで食べられるようにシートを下に敷いておきましょう。

 

遊び方はビニールシートにスイカを置きます。次に、割る人に目隠しをし、グルグルと目が回るように5回~10回ほど回します

 

そして、周りの人たちが声を掛け、スイカの場所まで誘導し割らせます。

 

この時にわざとスイカと正反対の方へ誘導するのも良いし、海の方へ誘導するのも良いし、声を掛ける人たちで楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

楽しそうにすいか割りをしている方の動画もどうぞ。

 

 

ドッジボール

10人前後の大人数で海水浴やビーチに行かれたらチーム戦で遊んでみませんか?

 

そんなチーム戦でのオススメの遊び方はッジボール

子供の頃に遊んだことがある人も多いのではないでしょうか。

 

用意するものはビーチボールのみ。

 

ビーチボールだと子供さんが一緒の場合、当たっても痛くないですし、行き帰りは空気を抜いて荷物のかさばりを減らせるので良いですよね

 

チーム分けは棒などで簡単に引くだけでOK!

ルールは頭以外の体に当たったらアウト。

 

そして、陣地内の人が早くいなくなったチームの負けという簡単なルールなので、たくさんの方で楽しめるのではないでしょうか。

 

負けたほうのチームは帰りの車の運転をすることや、バスや電車の場合は荷物持ちなどちょっとした罰ゲームをつけるのも良いかもしれませんね。

 

注意点は?

大人数の場合は、つい盛り上がって周囲の方への配慮を忘れがち。

 

小さな子供や女性など、ほかにも多くの人が利用していることも忘れてはいけません。

 

周りをしっかり確認して、迷惑のかからないスペースで遊ぶようにしましょう。割ったスイカの皮など、出たゴミはきちんと持ち帰るようにしてくださいね。

 

海の遊びはとても豊富!

女友達 海辺

 

【関連記事】
海水浴の持ち物リスト。子供連れに便利なもの。おすすめは?

【関東】きれいな海水浴場人気ランキング!おすすめの穴場は?

【関西】きれいな海水浴場人気ランキング!おすすめの穴場は?

海開き!関東・関西はいつからいつまで?沖縄や石垣島は?

水着で体型カバー。ママの体型隠し。可愛いサロペットは?
潮干狩り便利な持ち物リスト!子連れで行く場合の服装は?

 

海水浴、ビーチでの遊び方や持ち物をご紹介しました。

 

海や海岸の遊び方は実に多種多様です。
一人でも二人でも大人数でもいろいろな遊び方ができます。

 

海水浴やビーチではたくさんの人であふれています。

自分たちで楽しむのは、もちろん良いですが、周りの方たちの迷惑にならないよう遊んでくださいね。

 

また、場所によっては今回紹介した遊び方や他の遊びを禁止しているところもあるので、事前に調べてから行くことをおすすめします。

 

今年の夏は、家族や友達、恋人と海水浴で素敵な思い出をたくさん作ってくださいね。

 

日焼けや水分補給、怪我などには十分気をつけましょう!

Sponsored Link