季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

ボジョレーヌーボー2016の解禁日は?出来具合や種類は?

すっかり冬の風物詩になりつつあるジョレーヌーボー

毎年、解禁日が待ち遠しいという人も多いのではないでしょうか?

 

赤ワインが渋くて苦手という人もいるようですが、そんな人でもボジョレーヌーボーは飲みやすいワインです。

 

詳しくは記事で説明しますが、ボジョレーヌーボーは渋みや癖があまりないワインなんですよ♪

 

今回は、そんなボジョレーヌーボーについてまとめていきます。

 

今年の解禁日と、ボジョレーヌーボーのおいしい飲み方も紹介しますから参考にしてみてくださいね!

 

・ボジョレーヌーボー2016の解禁日は?
・ボジョレーヌーボーとは?
・ボジョレーヌーボーの種類と分け方は?
・ボジョレーヌーボーの出来具合の判断基準は?
・おすすめのボジョレーヌーボーは?

 

Sponsored Link

ボジョレーヌーボー2016の解禁日は?

 

2016年のボジョレーヌーボー解禁日は、11月17日の午前0時です。

 

なぜこの日かというと、ボジョレーヌーボー解禁日は11月第三週目の木曜日と決められているからです。

 

元々、ボジョレーヌーボーに解禁日はなかったのですが、「初物」に目が行くのはどこの国の人も同じ。

 

少しでも早くボジョレーヌーボーを売り出すことでお客を獲得しようと、ワインの早出し競争になってしまったというわけです。

 

そんな早出し競争が激化したら、ボジョレーヌーボーの品質が落ちてしまいますよね?

 

そういうわけで、解禁日は品質低下を防ぐ為に設けられたのですよ。

 

Sponsored Link

ボジョレーヌーボーとは?

 

ボジョレーヌーボーは、その年の秋に実った葡萄のみを使って発酵して作られたワインです。

 

日本酒で言うところの新酒ですね。

 

ボジョレーヌーボーの意味も紹介します。

「ボジョレー」はフランスのぶどうを栽培する著名な地域名。

 

フランスのパリの東南に位置するブルゴーニュ地方の南部にあります。

なだらかな丘陵地帯でぶどうの栽培に適した土地と言われています。

 

「ヌーボー」は本来、新しいという意味ですが、新酒という意味で使われているんです。

 

つまり「ボジョレーヌーボー」は“ボジョレー地方の今年初めてのワイン”というわけです。

 

Sponsored Link

ボジョレーヌーボーの種類と分け方は?

 

まず、れる場所で分ける方法がかります。

 

え?ボジョレーヌーボーはボジョレー地方のワインでしょ?と思いましたか?

 

確かにそうなんですが、ボジョレー地方の中でも北側に位置する「39の村」だけで造られるヌーボーにはヴィラージュヌーボー」という表記がされます

 

なぜ、区別されているかというと、この地域は、ボジョレーの中でも高品質のブドウが収穫できる地域だからです。

 

つまり、「ボジョレーヌーボー」より「ヴィラージュヌーボー」の方が地域ブランド力が高いということですね。

 

 

次に注目してほしい表記は「VV(ヴィエィユ・ヴィーニュ)」です。

 

これは古い樹木から作られたワインに表記する印です。

古い木だとなぜワザワザ表記するのでしょうか?

 

それは古い木から採れたぶどうで作るワインは、味わいが複雑で面白みのあるワインに仕上がることが多いからなのです。

 

 

もう一つ注目してほしい表記は「クラッシック」という表記です。

 

最近のボジョレーヌーボーは炭酸ガスをタンクに入れて醗酵を促進させて作ります。

 

「クラッシック」の表記があるボジョレーは、炭酸ガスを樽に入れずに、自然に炭酸ガスが発生するのを待つという製法で作られています。

 

新しい作り方のボジョレーヌーボーの方が色が鮮やかで、香りもほんのり甘い感じ。

 

クラッシック製法のボジョレーヌーボーは、色合いも香りも少し落ち着いた感じです。

 

どちらが優れているというものではなく、好みで選ぶといいですね

 

ボジョレーヌーボーの出来具合の判断基準は?

 

ボジョレーヌーボーは、その年のに実った葡萄だけを使って作られたワインです。

 

だから、ぶどうの出来によって大きく味が変わるのが特徴なんです。

 

ワイン造りに適した、いいぶどうが育つかどうかは、その年の気候、特に夏から秋の天気で決まります。

 

たとえば夏の終わりに雨が非常に多かった2012年は、いいぶどうは取れずに、ボジョレーヌーボーの評判は散々でした。

 

でも、その後は毎年安定しているようですね

今年のぶどうの出来も「悪い」という情報は入っていませんから、最悪という事はなさそうです。

 

おすすめのボジョレーヌーボーは?

正直なところ、ボジョレーヌーボーは解禁日になるまでどのワイナリーのものが美味しいのか分かりません

 

それでも、ここのならば間違いなさそうだというワインを紹介しますね。

 

ボジョレーヌーボーのコンクールに「トロフェリヨン」というコンクールがあります。

 

このコンクールで三年連続ベスト3に輝いている会社のボジョレーヌーボーなら間違いないでしょう。

 

もう予約は開始されているようですよ!

「アンドレ ボニエ サンタムール」

 

 

もう一つ紹介するのは、13年連続人気No.1の

「ボジョレー・ヴァン・ド・プリムール」

 

 

ボジョレーの帝王と言われている、ジョルジュ デュブッフ氏が立ち上げた会社で作られています。

 

サンタルームとは「愛の聖人」という意味。

ラベルが毎年変わるのですが、そのデザインも可愛らしいんです。

 

名前とラベルが女性ウケするワインですね。

もちろん味も期待できますよ。

 

ボジョレーヌーボーのおすすめの飲み方は?

 

ボジョレーヌーボーは、どれも軽くフレッシュな仕上がりになっています。

禁日から2~3カ月までが美味しく飲める期間、だと考えるといいです。

 

何故かというと、ボジョレーヌーボーはその年のぶどうの出来を確認するために作られたワインだから。

 

寝かせておいても味が落ちるだけなので、早めに飲んでしまいましょう。

 

飲み方は、軽く冷やして飲むのがおススメ

 

もちろん常温でも大丈夫ですが、冷蔵庫で一時間ほど冷やしてから飲むと、フレッシュ感をより感じる事ができますよ。

 

 

もしも、購入したボジョレーヌーボーが、期待した味でなかったらどうしたらいいのでしょう?

 

料理酒として使うのもいいですが、サングリアやホットワインにして飲むのがおススメです。

 

サングリアもホットワインも軽めのワインの方が合うので美味しく飲めると思いますよ。

 

ボジョレーヌーボーの予約はお早めに。

 

【関連記事】

甘酒の飲み方。効果的な時間と温度。ダイエットや美肌にも効く?

そば湯の飲み方と栄養効果。カロリーは?おいしい飲み方。

どくだみ茶の効能。アトピーやダイエットにも効果的?副作用は?

 

今回は、ョレーヌーボーの特徴や解禁日についてまとめてみました。

 

ボジョレーヌーボーは、その年の秋に実った葡萄のみを使って発酵して作られたワインで、軽めのフレッシュな味わいが特徴だという事が分かりました。

 

解禁日は11月第三週目の木曜日ですが、人気のボジョレーヌーボーは、もう予約が始まっています。

 

人気のボジョレーヌーボーを試してみたい人は、早めに予約しましょうね!

Sponsored Link