季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

中秋の名月2016はいつ?満月になる?食べ物をお供えする意味

秋のお月見シーズンが近づいてきました。

 

お月見をするのは「中秋の名月」。

 

今年は比較的月が大きく見える年だそうです。楽しみですね。

 

中秋の名月は、9月の満月の日と勘違いしている人が多いようですが、実は満月の日とは限らないんです

 

どうせなら、満月の日にお月見すればいいのになぁと思いませんか?

 

 

今回は、そのあたりも含めて秋の名月の由来や、お月見ができる時間帯、お供えについてなどまとめていきますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

・中秋の名月の由来は?
・2016年の中秋の名月はいつ?
・おすすめの時間帯や方角は?満月は見られる?
・中秋の名月にお団子をお供えする意味は?
・お団子以外にお供えしてもいいの?

 

Sponsored Link

中秋の名月の由来は?

 

一番有力な説は、平安時代に遣唐使によって国から「望月」(月を観る催し)という行事が伝えられ日本各地に広がったという説です。

 

もともと日本人は太陽より月を愛でてきた民族です。

 

奈良時代には宮中で月見の宴が催されていたという記録もあるくらいですから、月を観る催しは受け入れやすかったのでしょうね。

 

 

その他には、稲や芋の豊作を祈る祭り(畑作儀礼)だったという説もあります。

 

中秋の名月が別名「芋名月」と呼ばれる由縁ですね。

 

 

中秋の名月の由来についてはこの二つが有力な説ですが、私は両方正解なんじゃないかな~と思います。

 

高級貴族達の月見の宴と、庶民の間で行われてきた畑作儀礼が融合したと考えるとすっきりしませんか?

 


Sponsored Link

2016年の中秋の名月はいつ?


「中秋の名月」とは”の真ん中に出る満月”の意味で、旧暦では、

・1月~3月を春

・4月~6月を夏

・7月~9月を秋

・10月~12月を冬

としていたことから、8月は秋のちょうど真中であり、8月15日の夜に出る満月ということで、そう呼ばれるようになりました。

 

旧暦の8月15日を、新暦(グレゴリオ暦)換算すると、2016年の中秋の名月は9月15日です。

 

 

そうそう、中秋の名月を楽しむ方にちょっと知っておいてほしい豆知識を…。

 

日本では旧暦の8月15日だけでなく、9月13日にも月見をする風習があり、8月15日を「十五夜」と呼ばれるのに対し、9月13日は「十三夜」「後の月」「栗名月」と呼ばれるのですが・・・

 

どちらか一方のお月見だけをするのは「片見月」と呼ばれ、縁起が悪いこととされています

 

 

ちなみに中秋の名月と混同されやすい「仲秋の名月」は旧暦の8月の満月を指します。

 

2016年は10月13日が仲秋の名月。混同しやすいので間違えないでくださいね( ..)φメモメモ

 


Sponsored Link

おすすめの時間帯や方角は?満月は見られる?

 

お月見をするとしても、全方向視界が開けた場所はなかなかありませんから、方角は大事ですよね。

 

月の出る時間や角度を調べれば計算できるのですが、結構めんどうですね(笑

 

月が見える方角と時間をまとめてみましたので、参考にしてみてくださいね。

 

東京:

20時  南東

21時  南南東

22時  南南東

23時  南

24時  南南西

 

大阪:

19時  東南東

20時  南東

21時  南東

22時  南南東

23時  南

24時  南南西

 

23時頃が一番月が高い位置にきますので、都市部ではこのへんを狙っていくといいですね

 

逆に視界が開けている場所では19時~20時ごろがおススメ

 

せっかく秋は月待ちの季節なのですから、出始めの月を楽しんでください。

 

 

月の動きを計算してくれるサイトをみつけましたので、参考にしてみてください。

 

お団子をお供えする意味は?

 

収穫祈願を兼ねたお祭りですから、米の粉を使ったお団子を供えてこれからの収穫を祈ります。

 

お団子の丸い形が月をイメージして、幸せを祈るという意味もこめられているそうです。

 

ただし、ピンポン玉のような真ん丸は死者の枕元に供える「枕だんご」に通じるので、ほんの少しつぶします。

 


芋名月」ということで、サトイモのような形のお団子にあんこを付ける地域もあります。

あんこは月にかかった雲を表していると言われています。

 

お団子以外にお供えしてもいいの?

さといも

出典:https://www.ja-megumino.or.jp/

 

豊作を祈るお祭りですから、節の果物や芋など農作物を供える地域もあります。代表的なものを紹介します。

 

サトイモ

サイトイモを供えるのは、中秋の名月が元は収穫祭であったためという説があります。

 

サトイモは供え方も地域によって、葉のついたまま、イモのみなどさまざまです。

 

ススキ

すすきの穂が米の稲穂に似ているためです。お米が豊作であることを祈るものなので、稲穂に似ているすすきを飾るようになったと言われています

 

神様を招く依り代(よりしろ)であり、魔よけの力があるともされています。供えたススキを家の軒先につるしておくと病気にならないらしいですよ。

 

ツルもの

葡萄のようなツルものを供えると、お月様とのつながりが強くなると言われています。

 

中秋の名月は実はレアもの

 

【関連記事】

十五夜の意味。中秋の名月との違いは?すすき、うさぎの由来。

スーパームーンはこの日!超見える時間帯と願い事方法。

秋分の日はいつ?意味や決め方は?おはぎの由来。

読書の秋の由来と意味。英語で言うと?おすすめの本、絵本。

 

今回は秋の名月の由来や月が見える方角についてまとめてみました。

 

とはいえ、この時期(現在の暦の 9~10月)は台風のシーズンだし、長雨の時期にもかかりますから、雨で見られないことが多いんですよね~(^_^;)

 

江戸時代の書物には「中秋の名月、十年に九年は見えず」という記述もあるほどです。

もし、晴れたら縁起物と思って有難く眺めてみてくださいね。


Sponsored Link