季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

手足口病は妊婦に感染する?後期や臨月、胎児への影響。

小さい子供を持つお母さんなら、手足口病のことは、よく耳にしているかと思います。

 

保育所や幼稚園に通うようになると、「手足口病で◯人休んでいます。」

なんて先生からお知らせがありますよね。

 

あまり大人にうつる事はないようですが、妊娠中は細心の注意をはらいたいところです。

 

万が一、婦さんが手足口病にかかってしまうと、どんな症状が出るのでしょうか?

お腹の赤ちゃんへ、影響はないか不安にもなりますよね。

 

そこで今回は、手足口病の妊婦さんへの感染や、予防と対策。

妊娠後期の胎児への影響について、調べてみました。

 

・手足口病って、妊婦に感染するの?
・手足口病の症状は?
・妊娠初期・中期・後期によって違うの?
・胎児への影響はあるの?
・手足口病の予防と対策って?

 

事前に知っておくことで、予防になればと思います(^-^)

 

Sponsored Link

手足口病って、妊婦に感染するの?

 

手足口病の病原体はエンテロウイルスです。

 

エンテロウイルスは、咳やくしゃみ、ウイルスのついている手で粘膜に触れるなどの接触で感染するようです。

 

子供なら、プールの時期は要注意ですよね。

手足口病にかかるのは、ほぼ5歳以下の子供で大人の患者は一割程度です。

 

基本的には子供の病気ですが、大人も発症することもあるので、もちろん妊娠中の感染予防も大切です。

 

対策をしておけば、不安になりすぎずに過ごせるかもしれませんよ(^-^)/

 


Sponsored Link

手足口病の症状は?

 

子供なら熱も38度以下の微熱で、さほど機嫌も悪くないようです。

手足や口内に水疱性の湿疹ができ、ひどい時は食べたり飲んだりするのが辛そうですが、症状の重さはそれぞれです。

 

大人が手足口病に感染すると、40度近い高熱が出る場合もあります

子供の病気が大人にうつると、症状が重くて長引いてしまうものが多いですよね。

 

手足口病も、その一つだと言えます。

それに加えて、皮膚の湿疹も重症化しやすいようです

 

口の中にも湿疹ができて、食事が困難になると辛いですよね(>_<)

妊娠中期に入ると、鉄分やミネラルなどの栄養をしっかり取って免疫力も高めましょうね。

 


Sponsored Link

妊娠初期・中期・後期によって違うの?

 

妊娠中は、ホルモンバランスの変化により、いつもより免疫力も下がってしまいますよね。

 

初期・中期・後期の、どの段階で感染しやすいというのは、はっきりしません。

妊婦さんのその時の体調によると思います。

 

妊娠初期から中期の感染は、胎児への影響という点で心配ありませんが、後期の手足口病感染には注意が必要です。

 

妊娠後期や臨月で、手足口病にかかると、ちゃんに感染する可能性があるそうです

かなり低い確率ですが、妊娠後期の妊婦さんは、さらに気をつける必要があります。

 

胎児への影響はあるの?

 

妊婦さんにの手足口病の感染で、一番気がかりなのは児への影響ですよね。

 

手足口病は、大人の発症自体がまれなので、多くのデータが取れていません。

 

妊娠中の感染で、胎児異常の確率が上昇したという報告はありますが、一方で胎児への影響はみられないという報告も多く存在します。

 

手足口病の感染が、胎児へ影響するのか、関連性について報告がないのが現状のようです。

まれなケースとはいえ、対策はしっかりしておきましょう。

 

手足口病の予防と対策って?

 

子どもが手足口病になったら、看病するときに気をつけて感染対策をしましょう。

 

まずは咳やくしゃみでウイルスが入らないように、マスクをつけて下さいね。

そして、顔や体を拭くタオルは別にしておくことも、忘れずにしましょう。

 

オムツ替えをしたら、しっかり手を洗って使用済みのオムツは密封して捨てるようにしてくださいね。

 

もちろん、外出先から帰ったら手洗いうがいを忘れずに!

 

手足口病は、症状が治まってから完治するまでに2週間~1ヶ月ほどかかります。

油断せずに、回復してからも予防を続けてくださいね。

 

妊娠中の手足口病について

 

【関連記事】

妊娠中の便秘解消で効果のある方法まとめ(体操・ツボ・食べ物)

妊娠初期のむくみの症状と原因。予防と対策について

妊娠中期のむくみの症状と原因。予防と対策について

妊婦が葛根湯を飲んでも大丈夫?ツムラやクラシエの市販は?

手足口病の大人の症状と対処法。出勤停止期間や予防方法は?

 

疫力が落ちている妊娠中は、手足口病だけでなく風邪などの体調管理は気をつかいますよね。

 

いつもより、心も不安定になりやすい時期です。

体が元気でいることも大切ですが、なるべく穏やかに過ごす事もとても大事かと思います(^-^)

 

胎児への影響の心配はあまりないにせよ、妊娠中に発症したら体力が低下してしまいます。

過度にピリピリしすぎず予防して、元気な赤ちゃんに会えるのを楽しみに待ちましょうね☆

 

まだまだ暑さは続きます。

冷え対策と栄養のある食事で、体力と免疫力アップを心がけましょうね。


Sponsored Link