季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

祝日と祭日の違いとは?日数・一覧表。英語で言うと?

日・祭日・祝祭日……どれもよく耳にする言葉ですよね。

 

それぞれ似たようなイメージがありますが、「あれっ?この違いってなんだろう?」なんて思ったことはありませんか?

 

普段何気なく使っている言葉だからこそ、使い分けができるとかっこいいですよね♪

 

今回は、祝日と祭日の違い、さらには外国の事情まで、みなさんにご紹介します!

 

・祭日は誤り?!なごりとして残った俗称
・国民の祝日は1年に何回?
・外国にも祝祭日はある?多い国は?

 

Sponsored Link

祭日は誤り?!なごりとして残った俗称

 

正式名称は「国民の祝日」

まず、結論から言うと「祭日」は誤りでした!

 

よく聞く言葉なだけに、びっくりしちゃいますよね。

私もおじいちゃんやおばあちゃんが祭日と言っているので、小さいころから不思議に思わず使っていました…。

 

似たような言葉なのに、いったい何が違うのでしょうか?

 

 

祝日と祭日の違いについて、それぞれの定義を見てみましょう。

”「祝日」とは、建国や独立などのその国の歴史的な出来事に由来したり、功績のあった人物を称えて制定された記念日の事。”

”「祭日」とは、宗教儀礼上重要な祭祀を行う日のこと。”

 

つまり…。

 

祝日は、国に特別な日として定められた日のこと。

祭日は、宗教などの祭祀にまつわる日のことを言うんですね。

 

祝日と祭日の違いは分かっていただけたでしょうか?

 

「祭日」「祝祭日」は愛称?

 

じつは、今書いたことは”世界的”な定義

日本では、もうすこしだけ細かい法律があります。

 

「祝日」は日本において「国民の祝日」といった名称で、休日に指定されています。

そして「祭日」は宗教儀礼上の祭祀が行われる日ですが、こちらは日本にはありません。

 

ただ、完全に間違いってわけじゃないんです。

 

日本でも、1947年までは「祭日」がありました。

 

皇室祭祀令というもので、皇室での儀式や祭典があり、その日は正式に祭日と呼ばれていたのです。

 

そして、その祭日も祝日と同じように休日に指定されていたので、休日=祝日=祭日だと思っている方も多いんですね。

 

祝日と祭日に意義としての違いはありますが、私たちからすれば同じ休日で、あまり違いにピンとこない方も多いと思います。

 

実際、祝日と祭日を合わせて「祝祭日」とも呼びますからね。

 

ただ、室祭祀令が廃止されてから日本に法律上での祭日は無くなりました

 

 

今の日本にとって「祭日」と「祝祭日」は、の名残。

いわゆる愛称というものですね。

 

私が生まれる前には祭日が廃止されていたので、実感こそありませんが、おじいちゃんやおばあちゃんが「祝祭日」と呼びつづけるのは、口に馴染んだ言葉なのでしょうね。

 

法律上では無くなってしまっただけで、親から子へ、この愛称もつづいていく……そういうのも、いいんじゃないかなと思います。

 

勤労感謝の日が新嘗祭のなごりであったりと、昔の祭日が、現在の祝日に受け継がれているものもありますから。

 

お祝い事という点には変わりがないんです。

ですが、正式な文書を書くときには、祝日と祭日の違いにご注意くださいね。

 

「休日」と「国民の祝日」の違い

 

昔は、休日=祝日+祭日でしたが、今はどうなのでしょうか。

 

休日=祝日?

 

実は、ここにも少しだけ違いがあります。

「国民の祝日」は休日ですが、休日がすべて「国民の祝日」ではありません。

 

 

みなさんよくご存知と思いますが、日曜日も一般的に休日とされています。

また、振替休日や、ゴールデンウィーク・シルバーウィークもありますね。

 

こちらは全て俗称になりますが、祝日が休日と被った場合は翌日以降に振替ることや、祝日と祝日の間の平日は休日になることは、国民の休日として法律上決まっています(正式名称がないだけですね)。

 

そんなわけで、祝日を休日を呼ぶのは構いませんが、休日を祝日と言ってしまうのは避けたほうがよさそうです。

 


Sponsored Link

国民の祝日は1年に何回?

 

そんな祝日ですが、日本では何日あるのでしょうか?

 

その数、なんと16回!

わかりやすいように、一覧にまとめてみました。

 

元日:1月1日成人の日:1月の第二月曜日

建国記念の日:2月11日

春分の日:春分日(太陽が春分点を通る日)

昭和の日:4月29日

憲法記念日:5月3日

みどりの日:5月4日

こどもの日:5月5日

海の日:7月の第三月曜日

山の日:8月11日

敬老の日:9月の第三月曜日

秋分の日:秋分日(太陽が秋分点を通る日)

体育の日:10月の第二月曜日

文化の日:11月3日

勤労感謝の日:11月23日

天皇誕生日:12月23日

 


Sponsored Link

外国にも祝祭日はある?多い国は?

 

もちろん、外国にも祝祭日はあります

英語で祝日はpublic holiday祭日はa festival (day)

 

こうして見ると、日本では同じようなイメージだったものが、がらりと変わりますね。

 

ちなみに、世界一祝日が多いのはインドとコロンビアの18日。

一番少ない国はメキシコで7日。

 

日本は世界的に見ても、かなり祝日の多い国なのだそうです。

 

お休みが少ないと話題の国なのに、不思議ですね。

 

「休日」で考えてみるとそんなに…

でも、実際日本人のお休みは少ないものです。

 

現に24時間365日対応してくださるお店も多いですよね。

一般的な休日に働く方も多くいらっしゃいます。

 

また、土日祝が休みの仕事であっても、有給が取りにくい……なんて方も多い国。

 

 

一方で外国では、給休暇の消化率が高いとの話です。

とくに、バカンスをとることで有名なフランスは消化率100%。

 

法律でひと月以上も休めるうえに、国全体が納得しているのですから、うらやましい話ですね。

 

日本人は自主的に休日を取りにくいところがありますので、祝日の設定が多いのも頷けるのではないでしょうか。

 

 

【関連記事】

昭和の日の由来と意味。天皇誕生日からの変遷。みどりの日は?

山の日の祝日の由来。なぜ8月11日?ハッピーマンデー対象?

秋分の日はいつ?意味や決め方は?おはぎの由来。

 

日と祭日の違い、わかっていただけたでしょうか?

 

普段なにげなく使っている言葉も、改めて調べてみると別の見え方がありますよね。

 

これからは、この二つの違いについて意識しながら見てみてはいかがでしょうか。


Sponsored Link