季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

正月飾りを玄関に飾る時期や飾り方。位置や付け方。場所は?

正月飾りといえば、年始にはどの家でも拝むことができます。

 

家の中や玄関でもその姿を楽しむことができますよね。

しかし、飾る場所にも飾り方にも結構迷います。

 

それにマンション住まいだと場所のゆとりを考えなくてはいけませんね。

 

さてそんな正月飾りをおしゃれに飾るコツなど含めて色々と紹介していきたいと思います。

 

・正月飾りを玄関に飾る時期はいつからいつまで?
・正月飾りを飾る位置や場所は?飾り方は?
・マンションの玄関の飾り方は?
・正月飾りをおしゃれに飾るコツは?

 

Sponsored Link

正月飾りを玄関に飾る時期はいつからいつまで?

 

正月飾りはいつ玄関に飾るの?

正月飾りの種類は、鏡餅・門松・しめ縄・破魔矢等があります。

 

ちなみにこれらのお正月飾りを飾る期間は全て共通しています。

『松の内』に入る“12月13日から12月28日”が正月の準備期間です。

 

※しかし地域によってその期間は異なるようです。

関東では12月8日で、関西では12月13日からが準備を始める日となっています。

 

しかし、“28”という数字は日本において幸運の意味がある末広がりの“八”の数字が含まれています。

 

したがって、28日は正月飾りを飾る最適な日であると考えられているんですよ。

こちらも正月飾り全てに共通しています。

 

正月飾り。飾るのに適さない日はあるの?

 

ちなみに正月飾りを飾る日に縁起が悪いという理由で、さない日もあります。

まず『29日』。

こちらに入っている数字の“9”は“苦”という言葉を連想させます。

 

次に『30日』と『31日』。

旧暦で30日は『晦日』。

 

つまり月の最後の日を意味しますね。

その為31日と同様の扱いになります。

 

お正月前日ですので、30日、31日は慌ただしい日です。

そんな日に飾るのは、神様に対し礼節を欠きます。

 

※『一夜飾り』と言われ忌み嫌われています。

 

注意する日はこの3日くらいでしょうか。

 

正月飾りを外す日と『松の内』

上記の通り、正月飾りを始める日は一般的に12月13日”からですね。

 

松の内とは『門松を飾る期間』を意味する言葉です。

それは一般的に“1月7日”までとなっており、その日を過ぎれば正月飾りを外します。

 

※しかし、こちらも地域によって異なる様子です。

地域によっては小正月である“1月15日”もしくは、二十日正月の“1月20日”までだそうです。

 


Sponsored Link

正月飾りを飾る位置や場所は?飾り方は?

 りの種類別に飾る位置、場所、飾り方について紹介していきますね。

 

鏡餅

 

・飾る場所について

神様の居場所として、家の中で格の高い場所。

 

それは“床の間”です。

 

しかし床の間がない場合は神棚、玄関、台所、リビング等が一般的でしょうか。

家族に大切にされている場所が良いと思われます。

 

 

・飾り方について

飾り方は地域によって異なる場所もありますが、一般的なものをあげるとしたら説明するとこうなります。

1.まず三方の上に四方紅を置きます

※三方の正面に四方紅の角がくるようにする

 

2.四方紅の上に裏白の葉を正面に垂れさせた状態で置きます。

 

3.鏡餅を置きましょう。

※二つ分かれてる場合は大きい方を下、小さい方を上に。

 

4.御幣を正面に垂れさせるようにして置きます。

 

5.橙を乗せましょう。

 

6.末広を置いたら完成です。

 

しめ縄(または注連飾りともいいます)

 

・飾る場所について

こちらは玄関に飾るのが一般的ですね。

 

神様を迎え入れるために玄関の扉に飾るのが適しています。

 

・飾り方について

特に注意事項などはありません。

 

ただ、玄関は神様をお招きする場所ですのでしめ縄を飾る際に綺麗にすることを忘れずに!

 

破魔矢

 

・飾る場所について

破魔矢は本来神棚や、床の間に飾っていたそうですが、最近ではどちらも無い家が多いですね。

 

ですので、こちらも家の大事にしている場所で“大人の目線より高い場所”に飾りましょう。

理由は神様を見下さないようにという礼儀の意味からです。

 

 

・飾り方について

方角など気にする方もいらっしゃるようですが、どの方角に飾っても大丈夫です。

 

縁起を担ぎたいという方はその年の『の方角』に向けるのがおすすめですよ!

 

門松

 

・飾る場所について

門松は家の門に飾るのが一般的です。

 

そもそも門松というものは歳神様の依代と言われています。

 

お正月飾りの中では一番重要で、歳神様が迷わず降りて来るための目印になるのです。

 

 

・飾り方について

門松は門の両側に設置します。

 

そしてこの様に、番目に長い竹が外側になるように置きましょう。

 

余談ですが、この門松の竹の長さは地域によっても違いがあり、関東の方が長く関西の方は短くなってます。

 


Sponsored Link

マンションの玄関の飾り方は?

マンション、またはアパートの方の場合。

『門松』でしたら、玄関扉の両側に略式の門松が売っていますのでそちらを設置するのがおすすめです。

 

こんな小さなものが売ってますよ!

 

 

『しめ縄』は玄関の扉や下駄箱の上、もしくはトイレ等の水場が良いそうですね。

 

 

『鏡餅』は玄関の下駄箱の上、テレビ台の上に飾る方が多いようです。

 

 

『破魔矢』はこのような破魔矢置きを買って設置する方も多いようですね。

 

正月飾りをおしゃれに飾るコツは?

リース感覚で。少しモダンチックに

まずはしめ縄から見てみましょう!

 

出典:http://roomclip.jp/

出典:http://roomclip.jp/

 

可愛らしくておしゃれな上にさり気なさがありますね。

冬に赤い実が暖かみがあります。

 

右の年号プレートの配置も良いですね。

 

出典:www.instagram.com

出典:www.instagram.com

 

こんなにおしゃれなしめ縄も売られています。

お正月だけに飾るのはなんだかもったいないですね。

 

家の前の扉だけでなく、部屋の扉等にも飾りたくなります。

 

リボンや橙にちょっと工夫して

次は鏡餅です。

こちらもちょっと凝った飾り付けがされてます。

 

出典:http://roomclip.jp/

出典:http://roomclip.jp/

 

こちらはダイニングにさりげなく飾られています。

小さいのに、リボンと橙のアクセントがきいていて存在感がありますね。

 

横のお皿に飾ってある南天の実も可愛いです。

 

 

出典:https://kinarino.jp/

出典:https://kinarino.jp/

 

こちらもリボン飾りに他は折り紙で工作されているようです。

 

色にお正月らしさも残しながら、周囲の小物を置くことで賑やかさと可愛らしさが出ていますね。

 

ペーパークラフト!竹も全て手作り

出典:atelier.woman.excite.com

出典:atelier.woman.excite.com

 

こちらの門松は何と全て紙で手作りされたそうです。

 

門松も最近は小さいものも売ってますが、家の中で飾るならこの様に小さな物だと片付けも楽そうですね。

 

こちらはどうやら玄関に置かれている様子。

こんなに可愛い門松を見たら微笑ましい気分になりそうですね。

 

もうすぐ年末!正月飾りの準備を始めましょう。

 

 

【関連記事】

正月飾りを手作りで簡単に作る方法。子ども、高齢者におすすめ!

しめ飾りの作り方と処分方法。簡単に手作りする方法は?

お正月の神棚の飾り方や期間。お供え物やしめ縄はいつまで?

門松の飾り方。雄松雌松の左右の位置。玄関の飾る場所は?

どんど焼きの意味と歴史。名前の由来は?地域別の呼び名は?

一陽来復御守の貼り方と時間。ご利益は?穴八幡宮のアクセス。

歳神様とは?祀り方や読み方。正月との関係や由来は?

 

正月飾りの話をさせて頂きましたがいかがでしたか?

 

正月飾りが12月13日から飾られるものだと知り、驚いた方もいることでしょう。

 

周囲の方も大概年末に飾られることが多かったので、正月飾りとはこんなに奥が深いものなんだと再認識できたことと思います。

 

この記事がこれからのお正月準備に少しでもお役に立てば幸いです


Sponsored Link