季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

しもやけの原因と治し方!手や足の指を即効で治療する方法

寒くなってくると手や足の指にできる「しもやけ」に悩まされる方は多いのではないでしょうか。

 

中には子供のころから毎年しもやけになるという方もいるようです。

 

かゆさで仕事に集中できなかったりひどくなると痛みを伴ったりと、日常生活に支障が出ることもありますし、できることならすぐに治したいですよね。

 

そこで今回は、しもやけの原因や治し方、予防法などについてご紹介します。

・しもやけの主な原因は?
・手・足の指のしもやけの治し方
・しもやけを即効で治すには?
・しもやけがかゆい時の対処法は?
・しもやけの予防方法

子供にしもやけができてしまった時の対処法についてもご覧いただけますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

これを読んで今年の冬は「しもやけをなるべく作らず、できてしまったら即効で治す」ことを目標にしていきましょう!

 

Sponsored Link

しもやけの主な原因は?

気温差

冬 気温差
しもやけの最も代表的な原因と言えるのが「気温差」です。

人間の体には体温を調節する機能があり、熱いときは血管を広げて熱を放出したり、逆に寒いときには血管を収縮させて熱を体外に逃がさないようにしたりします。

 

ですが一日の気温差が激しいと、血管を広げたり収縮させたりすることが繰り返され、血液の循環にトラブルが起こることがあります。

 

特に手足は抹消なので、そのようなトラブルが起こりやすく、皮膚の腫れやかゆみの原因となってしまうのです。

一日の気温差が10度を超えるような環境になるとしもやけが起こりやすいと言われていますので、秋の終わりから冬にかけて・冬の終わりから春にかけてなど、季節の変わり目に特に注意が必要ですね。

 

体質

しもやけ 女性
しもやけの一番の原因は前項の気温差ですが、もともとの体質によってしもやけになりやすい方もいるようです。

 

ここでは、どんな体質がしもやけになりやすいのかを見ていきましょう。

当てはまる方は要注意ですよ。

 

低血圧、血行不良

血液の循環がスムーズにいかず、しもやけになりやすくなります。

 

汗をかきやすい

汗が冷える際に急激に皮膚の温度が下がり、しもやけになりやすくなります。

 

遺伝

なんと、しもやけの原因には遺伝も影響しているという情報もあるんです。

 

身内にしもやけの人がいる場合は少し注意が必要かもしれませんね。

 

ビタミン不足

実は、しもやけにはビタミン不足も影響しています。

 

中でもビタミンEは、末梢神経の血行を促進してくれる効能がありますので、このビタミンEが不足してしまうとしもやけになりやすくなってしまいます。

 

しもやけになりやすい人は、ぜひ一度食生活も見直してみませんか?

 

■手・足の指のしもやけの治し方

手 しもやけ
実際にしもやけになってしまったら、どのように治せば良いのでしょうか。

 

ここからは、手足の指のしもやけの基本的な治し方についてご紹介していきます。

 

お湯と水に交互につける

まずはお湯(40度前後)と水(5度前後)を用意します。

その後は、しもやけの部分をお湯と水に交互につけるだけです。

 

お湯につける時間は少し長めに、水につける時間は短めにするように注意してみてくださいね。

 

これによって血管が改善され、しもやけに効果がありますよ。

 

大人だけではなく、子供や赤ちゃんにも対応できる方法ですよね。

 

市販の軟膏を利用する

しもやけに効果のある軟膏も多数販売されていますので、それらを利用するのも治し方のひとつです。

 

ただ、副作用のあるステロイド薬などもありますので、購入の際は薬剤師に相談するのがおすすめです。

 

市販薬であまり改善されない場合や子供や赤ちゃんで市販薬を使うのが不安な場合は、皮膚科を受診するのが良いですね。

 


Sponsored Link

しもやけを即効で治すには?

しもやけ 治し方
一分一秒でも早く治したい!という方には、即効性の高い以下の方法がおすすめです。

 

湿布を貼る

湿布にしもやけを治す効果があるのをご存知でしょうか?

 

湿布に含まれる鎮痛成分が痛みやかゆみを抑えてくれますし、温湿布であれば血行も良くなります。

 

早ければ1日でしもやけが改善されることもありますよ。

 

湿布を小さく切って患部に貼り、まずは1日過ごしてみてくださいね。

 

縄跳びをする

「しもやけに縄跳び!?」と思われた方もいるかもしれませんが、縄跳びの動作を想像してみてください。

 

つま先でジャンプをしますよね。

 

この動作を続けることで足先の血行が良くなり、足のしもやけの治し方としては抜群の効果がありますよ。

 

子供であれば遊びながらしもやけを治すことができますよね。

 

10~20分ほどで十分ですので、ぜひ試してみてくださいね。

 

しもやけがかゆい時の対処法は?

足 しもやけ
しもやけがかゆい時の対処法としては、まず血行を良くすることが大切です。

 

前記したお湯と水に交互につける方法は血行を良くするのに高い効果を発揮しますし、湿布もかゆみに効く場合があります。

 

また、仕事中などでお湯と水がすぐに用意できない場合は、手足をグーパーさせて血行を促進するのもおすすめですよ。

 

どうしてもかゆみが収まらない場合は薬に頼るようにしましょう。

 

しもやけの予防方法

予防方法 手袋

 

手袋や靴下を着用し、体を冷やさない

の冷えは血行不良に直結し、しもやけになりやすい状態になってしまいます。

 

特に手足は冷えやすいので、厚手の手袋や靴下を着用してなるべく冷やさないようにしましょう。

 

最近では靴下用のカイロなども販売されていますので、ぜひ活用してみてくださいね。

 

体が濡れたらすぐに拭き取る

膚が濡れたままの状態で放置してしまうと、水分が蒸発する際に急激に皮膚の温度が下がり、しもやけの原因となってしまいます。

 

汗をかいた後や水仕事の後などは、しっかりと水分を拭き取り、できれば温めるところまでしておきたいですね。

 

ビタミンEを摂取する

前記のとおり、タミンEは末梢神経の血行を促進してくれる働きがあります。

 

ぜひ一度食生活を見直し、ビタミンEを積極的に取り入れてみてくださいね。

 

また、その際にはビタミンEの吸収を良くしてくれるビタミンCも一緒に摂ることがおすすめですよ。

ビタミンEを豊富に含む食材
ひまわり油、アーモンド、あゆ、うなぎ、大根の葉など
ビタミンCを豊富に含む食材
ピーマン、ゆず、レモン、ケール、めんたいこ、ブロッコリーなど

 

今年の冬はもうしもやけに悩まない!

冬 男の子 女の子

 

【関連記事】

しもやけのかゆい症状と原因!対処におすすめの薬は?

しもやけの治し方。効果的な対処法と予防方法。原因は?

しもやけ治療方法。足や手の治し方と予防法。おすすめの薬は?

低温やけどの症状と処置方法!湯たんぽやカイロでの水ぶくれは?

冷え性改善方法!おすすめ食べ物・飲み物。ストレッチのやり方。

 

しもやけができると、「今年もこの季節がきたか…」と憂鬱になってしまいますよね。

 

ただでさえ寒さで過ごしにくい時期ですから、できればしもやけに悩むことなくこの時期を乗り越えたいですよね。

 

今回はしもやけの原因や治し方などについてご紹介させていただきましたが、しもやけの原因を知っていればしっかりと予防ができますし、即効性のある治し方もあることがお分かりいただけたのではないでしょうか?

 

日頃からしっかりと対策をし、しもやけができてしまった場合は早めに治療を行いましょう。

 

軽いしもやけであれば、今回ご紹介した治し方で十分に対応することができますよ。

 

今回の記事を参考にして、しもやけに悩むことなく寒い冬を乗り越えましょう。