季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

静電気体質の原因と改善方法。食べ物、生活習慣で対策!

冬場重ね着をしていて脱ごうとした時、玄関を開けようとドアに触った時、突然起こる静電気。その瞬間とても痛くて嫌なものです。

 

でも気をつけてみると静電気が起きやすい人と、起きにくい人がいることに気がついたことはありませんか?静電気を起こしやすい体質とかあるのでしょうか。

 

今回は静電気と体質を関連付けて詳しく調べてみたいと思います。

 

・静電気が起こる原因は?
・静電気が起きやすい体質は?身体の危険サイン?
・静電気体質を改善するには?
・静電気を予防するには?

 

Sponsored Link

静電気が起こる原因は?

電気

 

静電気が起こる原因というと次の2つがよく挙げられます。

 

摩擦

人間は行動するたびにどこにでも物と接触するので摩擦が起きやすいです。

摩擦によって電気がたまり(帯電と言うものですね)、それが身体の中にとどまっては危ないので外に出そうとするのです。それが放電、静電気が起こることですね。

ですから普通の生活をしていてもこれは日常的に起きるものです。ただいつも静電気は起きていませんよね。どうしてでしょうか?

 

これは衣類や物の組み合わせによる原因もあるかと思います。その他にも自然と気が付かないうちに何処かで放出しているのかもしれません。

 

乾燥

特に冬場ですが空気が乾燥していますよね。空気中に溜まっている電気が放出する時に頼るのが水分です。

 

皆さんご存知の通り人間の中にも多くの水分があります。そこで水分が多い人間の手の先へと移動し静電気が起きるのです。この現象をよく経験される方が多いはずです。

 

ちなみに加湿器などを使っている家では、静電気が起きにくいと言われていますので、加湿器などを利用するのも一つの手段ですね。

 

静電気についてのわかりやすい実験の動画がありますのでご覧いただければと思います。

 

静電気が起きやすい体質は?身体の危険サイン?

聴診器 ハート

 

人間の体の電気について。

静電気が起きやすい体質の前に、人間の身体にはいつもごく僅かですが電気が流れているのをご存知ですか?

 

例えば、身体を動かそうとした時、脳に動けと信号を出すのも電気の力が働きます。それに心電図なども電気の力によって心臓の動きが信号となって伝わってあらわされるそうです。

 

でも身体に電気があっても静電気が起きないのは、自然にその電気を放電しているからなのです。逆に放電がうまくいかない人が体の中に溜め込んでしまって静電気が起きやすくなってしまいます

 

静電気が起きやすい体質は?

ドアノブ 静電気 イラスト

 

「これが静電気の起きやすい体質だ」と言うのは残念ながら医学的な根拠が実証されていません。ですがいろいろな角度から考えられるような点はいくつか挙げられています。

 

乾燥しやすい人

先程静電気が起きる原因のところでもお話させていただきましたが、乾燥はとても重要なポイントです。

 

人の肌でもよく乾燥しやすい人とかいらっしゃると思います。そういう人は体内の水分が少ないためどうしても自然に放出ができづらいのだと思います。

 

血流に原因がある人

血流が悪いいわゆる「ドロドロ血」になっている人のことです。この「ドロドロ血」の中にあるのはプラスイオンが多くなり、マイナスイオンが少ないという偏りができてしまいます。

 

そうしますとプラスイオンだけが溜まっていきやすくなって、放電するためにはマイナスが必要なってきます。このマイナスの電気と触れ合った時にたまった電気が放電、いわゆる静電気が発生します。

 

身体の危険サインでは?

これらの静電気が起きやすい体質だろうと考えられている原因は、よくよく見ると体にとってはとても危険な信号を発しているのではないでしょうか。

 

乾燥しやすい人は体の水分が足りていないと言うことですね。そういう方は血液中の濃度が高いと言われています。これは「ドロドロ血」と同じことです。どちらも関係のあるものですね。

 

ドロドロ血についての危険性については、テレビや雑誌などでもよく目にされているので、怖いものであることはご存知かと思います。静電気の影にこんな怖いことが隠れていたのには驚かされます。

 


Sponsored Link

静電気体質を改善するには?

ジャンクフード 禁止

 

それでは静電気の体質を少しでもよくしていくためにはどうしたら良いのか考えてみましょう。

 

食事の面から改善してみましょう。

ファーストフードやお菓子など高カロリーのものが毎日当たり前のように食べられています。また添加物が多く含まれた加工食品も多いですよね。

 

このような環境に慣れた現代人は、その味にも慣れてしまって美味しく感じてしまうところが怖いところです。

 

ですがカロリーは多くても、食物繊維やタンパク質、ビタミンといった大事な栄養素が全く取れていないのが現実です。まずはここから改善していかなければいけないと思います。

皆さんもよくご存知と思いますがドロドロ血を改善する食べ物と言うと、青魚・くるみなどのナッツ類・玉ねぎが代表的なものになるかと思います。そして良質のタンパク質も取っていくことで少しずつ改善されていくと思います。

血液がサラサラとなっていくということは、そこにマイナスイオンが増えて自然に放電されていくこと、そして血液中の水分も増えるので静電気が起こる割合も減ってきます。

 

生活習慣から改善してみましょう。

車社会になってちょっとしたところに出かけるのも車で移動するので、運動不足が深刻化しています。便利な生活は運動をする機会をどんどん少なくしてしまいます。

 

またタバコアルコールも血液濃度を上げる大きな原因です。できるだけやめるようにするほうが望ましいでしょう。

 

またストレスイライラも身体に良くない原因ですので十分な睡眠を取ってストレスを軽減することが大事かと思います。

 

他にも先程お話しましたが加湿器などでお部屋の湿度を高くするということも良いでしょう。

 

静電気を予防するには?

スプレー イラスト

 

静電気防止スプレー

衣類の静電気を防止するスプレーがあります。これを利用することによって、重ね着とか衣類の摩擦による静電気を防止してくれます。

 

静電気除去シート

使い方はドアや金属に触る前にシートに触ることです。とても簡単ですね。100円ショップでも売っているようですが、効果の方を考えるとお値段はかかりますが車用品店や文房具屋さんで購入したほうが良いかもしれません。

 

その他にも、特に冬の時期になりますと静電気防止グッズがたくさん出てきますので、自分にあったものを探してみてはいかがでしょうか。

 

静電気の影に体の不調が隠れているかもしれません。

体操 女性 イラスト

 

【関連記事】

静電気除去グッズおすすめランキング!ビリビリ防止対策アイテム

静電気で髪の毛が逆立つ!ぺったんこ!原因と対策。除去するには?

しゃっくりの原因。止まらない理由は病気やストレス?食べ過ぎ?

貧血の症状チェック!目がチカチカ、吐き気、眠気、これって貧血?

過呼吸の原因や対処法とは?過呼吸の症状に陥った時にすること

乾燥肌の原因。春夏秋冬別の理由。男性や子供の症状は?

いびきの原因(女性・男性・こども)と治し方。枕トレーニングで改善。

 

今回は静電気と体調を中心にお話をさせていただきました。

 

パチパチとする不快な静電気ですが、ただ電気が溜まっているだけではなく体の不調にも影響を与えているようです。

 

きちんとした食生活と生活習慣の改善で少しでも体調を整えましょう。それで少しでも不快な静電気が防げるかもしれません。