季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

ローストビーフ用の人気のフライパンとオーブンはこれ!

毎年クリスマスに、ホームパーティーで自慢の料理を披露する方も多いことでしょう。

 

クリスマス料理の定番と言えばローストチキンやローストビーフですが、チキン派かそれともビーフ派かでも分かれるかもしれませんね。

 

今年はローストビーフに挑戦という方に、ローストビーフに最適な人気のフライパンオーブンをご紹介していきたいと思います!今回のテーマはこちら。

 

・ローストビーフ作りに人気のフライパンはこれ!
・ローストビーフ作りに人気のオーブンレンジはこれ!
・ローストビーフをフライパンとオーブンで作る手順は?
・ローストビーフをフライパンとオーブンで作る違いは?
・ローストビーフと一緒に!人気のおすすめレシピ

 

Sponsored Link

ローストビーフ作りに人気のフライパンはこれ!

フライパン ローストビーフ

 

フライパンが無いという家庭はほとんどないかと思いますので、買い替える、あるいはもう一つ増やすことを考えている方に人気のフライパンをご紹介しますね。

 

調べたところによると、人気なのはIH対応のセラミックコーティングのフライパンです。北斗晶さんをはじめ芸能人も使用している、セラフィットフライパンは焦げつかず丈夫で安全長持ち♪

 

価格は、単品だと大きさにもよりますが、1万円弱となっています。3点セットで1万5千円ほどですので、セットの方がお得かもしれませんね。

 

出典:www.suntory.co.jp

出典:www.suntory.co.jp

 

IH対応のスーパーストーンバリアのフライパンも人気です。こちらも焦げ付かず、丈夫で長持ちです。価格は大きさにもよりますが、単品で6,000円以内です。

 

どちらも焦げ付かない、丈夫、安全、長持ちとなっていて、主婦には嬉しいフライパン。あとは予算に応じてお選びください。

 

 


Sponsored Link

ローストビーフ作りに人気のオーブンレンジはこれ!

ローストビーフ オーブンレンジ

 

次に紹介するのはオーブンレンジです。今人気のオーブンレンジを価格比較サイトで調べてみました。

 

1位はパナソニック3つ星ビストロNE-BS1200です。価格は最安値で87,400円。サイクロンウェーブ加熱を搭載したスチームオーブンレンジです。
芯までほぐせる解凍力があり、厚みのあるお肉の調理でもしっかりおいしく調理することができます。

 

2位はシャープのRE-S31F-S。価格は最安値で26,740円。価格を低く抑えたい方におすすめです。簡易的ですがスチーム機能もしっかりついています。

 

出典:www.pinterest.com

出典:www.pinterest.com

 

オーブンレンジを選ぶ際に、しっかりとしたスチーム機能があるかないかの違いは選ぶ基準としてひとつあるかもしれませんね。

 


Sponsored Link

ローストビーフをフライパンとオーブンで作る手順は?

ローストビーフを作る際に、フライパンで作る場合とオーブンで作る場合の手順について見てみましょう。

 

材料

牛ももかたまり肉

こしょう
すりおろしにんにく
オイル
※たれはお好みで

 

まずはフライパンで作る場合の手順です。

 

フライパンでローストビーフ作る場合の手順

肉にすりおろしにんにくと塩コショウをたっぷりすりこみ、しばらく常温で置いておく

熱したフライパンにオイルをいれ、強火で肉の表面にまんべんなく焼き色をつける(表面、裏面、側面1分づつ 約4分)

弱火でふたをし、蒸し焼きにする(表1分、裏1分)

アルミホイルを2重にして肉を包み、さらにふきんで包んで熱を封じ込める

30分ほどそのまま置いて出来上がり

タレにしばらく付け込んでから焼く方法もありますが、ここではごく一般的な方法をご紹介いたしました。

 

 

次はオーブンで作る場合の手順になります。

 

オーブンでローストビーフ作る場合の手順

肉にすりおろしにんにくと塩コショウをたっぷりすりこみ、しばらく常温で置いておく

オーブンを250度に予熱しておく

予熱完了後、オーブンの皿に肉を載せ、下段で25分~30分焼く

アルミホイルを2重にして肉を包み、さらにふきんで包んで熱を封じ込める

10分~20分そのまま置いてできあがり

さきにタレに付け込んで焼く、フライパンで表面を焼いてからオーブンに入れる、野菜を切ってオーブンで一緒に焼くなど様々な方法がありますが、これも一般的な方法です。

 

ローストビーフをフライパンとオーブンで作る違いは?

 

フライパンで作る場合とオーブンで作る場合の、手間の違いについて見てみましょう。

 

手間

手順を比較してみると、焼き方が違うだけで、ほとんど手順に変わりはありません。
ただフライパンは、まず表面をまんべんなく焼くため、つきっきりになりますが、オーブンは焼く間は何もする必要がありませんので、その間に他のお料理を作ることもできます

 

時間

時間を比較してみると、焼いている時間は

フライパンが6分

オーブンは25分~30分です。

 

フライパンの方が圧倒的に時間は短いですね。

 

コスト

調理時間が短いという面からみると、フライパンのガス代、IHなら電気代とオーブンの電気代では、フライパンの方がコスト面では安く済みそうですね。

 

オーブンは準備や片付けが面倒なので、フライパンの方がお手軽感はありますが、オーブンは焼いている間に別の作業ができるなどの良い面もあります。

 

ローストビーフと一緒に!人気のおすすめレシピ

ここまでローストビーフについてお話ししてきましたが、その他ホームパーティーの際に、簡単で豪華に見えるおすすめのレシピをご紹介します。

 

パエリア
豪華に見えますが、家庭のフライパンでもできます。フライパンのまま食卓へ。

 

 

スペアリブのママレード煮
スペアリブをまんべんなく焼いて、ママレードとにんにく、醤油で煮るだけ。

 

 

手巻きずし
材料を揃えればできるので、皆で楽しく過ごせます。

 

 

たこ焼き・お好み焼き
たこ焼き器、ホットプレートなどがあれば、子供も喜んでやってくれます。

 

 

ミネストローネ
野菜をたっぷり入れて、パスタを入れれば、見た目も華やかな一品に♪

 

 

【関連記事】

クリスマスチキンに最適な人気のフライパンとオーブンは?

 

他にもいろいろありますので、紹介したもの意外にもどんどん挑戦してみてくださいね。

 

パーティー、家族の団らん、お一人で豪勢に、楽しい時間を過ごしていきましょう。


Sponsored Link