季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

立春2018年はいつ?意味は?食べ物や立春大吉について。

寒い季節の中、ニュースで「暦の上で今日は立春です」ということを耳にしたことはあると思います。

 

なぜ暦で春が決まっているの?立春って何?と思われる方も多いと思います。

四季を大事にする日本人にとってちょっと疑問ですよね。

 

そこで「立春」にまつわる意味や、2018年の立春はいつなのかなどを含めて、いろいろなことを調べていきたいと思います。

・立春とは?2017年はいつ?
・立春に食べる食べ物は?どんな意味があるの?
・立春大吉を貼る意味は?
・立春は一日だけではない?期間は?
・節分と立春の関係は?どんな違いがあるの?

 

Sponsored Link

立春とは?2018年はいつ?

春が来た 立春

 

立春にはどんな意味があるの?

「立春」とは字を読むと「春が立つ」と書いて、これから春が始まりますよという意味を表しています。

 

で春が始まるとはどのように決まっているのでしょうか?

昔中国から伝わってきた、二十四節気という太陽の動きを元にした考え方があります。

少し専門的ですが、太陽が天球を移動する道を黄道と言いまして、それを24に分割したものが二十四節気といいます。

 

それを暦に取り入れて季節の道標(みちしるべ)として使われ始めたのです。
立春はこの二十四節気の一番めに当たるものです。

 

2018年の立春はいつ?

春 息吹
2018年2月4日(日)
この日が立春となっています。

 

先に書きましたとおり太陽の動きによって立春が決まりますので、その年によって少し日にちが変わってくるのです。

 

ちなみにこの日を決めているのが国立天文台暦計算室というところです。

そこで暦要項と言うものが発表されていますので興味のある方はご覧いただければと思います。

平成30年暦要項

2月4日と言うとまだ寒さが厳しい頃ですが、日本の南の方では少しずつ春の息吹が感じ始めた頃でしょう。

立春を思わせる素敵な動画がありますのでご覧いただければと思います。

 

 

立春に食べる食べ物は?どんな意味があるの?

立春の日に食べると起が良いと言われているものがあります。

それを紹介しますね。

 

立春朝搾りの酒

新酒 福
立春の朝一番に絞ってできた新酒のことを言います。

の一番酒とでもいうのでしょうか。

 

このお酒は神主さんにお祓いを受けてから出荷されます。

手に入れるためには事前に予約をしておくと良いそうです。

 

立春大吉豆腐

豆腐 食べ物
これは2回食べることに意味があります。

豆腐は、邪気を祓う食べ物として知られています。

 

そこで立春の前日に「今までの穢れや罪を祓う」としていただき、立春当日に「汚れのない真っ白い身体に幸せが来ますように」としていただくのです。

 

立春大福

大福 小豆 餅
小豆には穢れを祓うとか、鏡餅のように神の依代としてお餅を使われることから、立春の朝にできた大福は縁起が良いと言う意味があります。

 

大福以外にも、桜餅うぐいす餅など春を代表する和菓子などもあります。

 


Sponsored Link

立春大吉を貼る意味は?

立春大吉 朝
立春の朝に、玄関先に「立春大吉」というお札が貼るという習慣があるのをご存知ですか?

 

一般家庭では少ないかもしれませんが、禅寺の門には必ず貼られています。

なぜこのお札を貼るようになったのでしょうか。

「立春大吉」という文字が左右対称で縁起が良いとか、厄除けになるといわれていたりします。

 

また「立春大吉」が表から見ても裏から見ても同じ文字のため、鬼の目くらましになるなど様々な意味があります。

 

立春は一日だけではない?期間は?

カレンダー 期間
立春は暦で一日を指しますが、二十四節気のなかで「立春」の次が「雨水」と言います。

その「雨水」が来るまでの間を立春とも言います。

 

2018ですと、立春が24日で雨水が219日なので立春の期間は24日~218となります。

 

「立春」で春の訪れを告げ、「雨水」で太陽が降り注ぎ雪などを少しずつとかすという、まさに春を感じさせる移り変わりですね。

 

節分と立春の関係は?どんな違いがあるの?

節分 鬼
立春が2月4日とお話させていただきましたが、日が節分ということに気が付かれましたでしょうか?

 

「立春大吉」での鬼の話や、「立春大吉豆腐」のところで出た前日に食べるお豆腐のことなどからも、立春と節分とは深い関わりがあるのです。

節分には「季節を分ける」、つまり冬と春の境目という事になります。

 

節分によって鬼とされる穢れや悪いことなどを、豆などによって追い払い穢れを取り除きます。

そして綺麗に清められたところで「立春」という春を迎えることになるのです。

 

古来より日本人は穢れに対して恐怖し忌み嫌っておりましたので、一つの節目を迎えることに清めを行い、穢れを持ち越さないように気をつけていたのです。

 

特に立春は二十四節気の始めとされていますので、その気持ちが特に大きいと思います。

 

立春は大事な季節の始まりです。

立春 季節

 

【関連記事】
立春大吉の意味。お札の貼る場所や期間。古いお札の処分方法。
立春の候の時期はいつからいつまで?挨拶例文や読み方。
節分の時期はいつ?節分の意味と由来について
節分の時期は?恵方巻きの方角と由来について。

 

「立春」は春の訪れを告げるだけでなく、が芽吹くものとしても大事な時期の始まりとして古来より大事にされてきました。

 

現在節分の行事が大きく取り上げられていますが、「立春」も同じくらい大事な行事なのです。

 

今回ご紹介させていただいいた中で、できるところから「立春」の行事を行ってみてはいかがでしょうか。