季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

プール熱(大人・子供)の症状と潜伏期間。感染経路と予防法 

子供がかかる夏風邪の一つと言われるプール熱

 

7月~8月に多く流行するとききますが、プール熱って子供の風邪だから子供だけがかかって、大人はかからないものなのでしょうか。

 

一体どんな症状が現われて、その感染経路は?などなどいろいろな疑問がありますよね。

 

そこで今回は、プール熱にかかってしまった時の対処法やその予防について調べてみました。

 

・プール熱の大人と子供の症状は?はやり目との違いは?
・プール熱の大人と子供の潜伏期間について
・プール熱の大人・子供の対処法は?予防方法は?

 

上記のテーマに沿って書いていきたいと思います。

 

Sponsored Link

プール熱の大人と子供の症状は?はやり目との違いは?

 

プール熱。正式には咽頭結膜炎といいます。

 

原因はアデノウィルスというウィルスに感染することで発症します。

 

症状は、目の充血やかゆみまた痛みを伴う結膜炎や、のどの痛みや咳がでるという咽頭炎が現われます。

 

またプール熱の特徴の症状には38度~39度にも及ぶ高熱を伴う発熱です。

その他、下痢や腹痛など風邪に似た症状が現われるんです。

 

のどの痛み

 

症状は3日~5日続き、咽頭炎によるのどの痛みから食欲がなくなったり、また熱が高いため脱水症状も起こすといわれています。

 

こじらせると肺炎を起こしてしまいます

 

 

目が充血して涙が止まらなくなるという似たような症状においては、「はやり目」という病気がありますが、はやり目は結膜にウィルスが感染してして起きる急性の結膜炎のこと。

 

プール熱は結膜炎以外にもほかの症状を伴う、夏風邪の一つに上げられている病気です。

 

子供がかかる夏風邪の一つにあげられていますが、大人はかからないというわけではありません

 

 

プール熱の原因となるアデノウィルスは、とっても感染力が強いウィルスなので、プール熱にかかってしまった子供を看病しているお母さんがかかることも多くあります

 

家族で一緒に使っているタオルなどから、体力の落ちたご老人も感染することもあります。

 

大人がかかった場合も、症状は子供の場合と同じですが、大人の方が子供より少し軽い症状だと言われています。

 

 

Sponsored Link

Sponsored Link

プール熱の大人と子供の潜伏期間について

 

プール熱はウィルスに感染することで発症するとお話ししましたが、その感染経路には、飛沫感染と接触感染があります。

 

飛沫感染は、咳とかくしゃみによって飛んできたウィルスに感染するもの。

 

接触感染はたとえばプール熱にかかっている人と同じタオルをつかったりすることなど、手や指を通じてウィルスに感染することです。

 

 

感染経路は空気中また接触することにあります。

 

また、ール熱と呼ばれている、その名前どおり、水の衛生面がよくないプールに入ったことで感染するともされています

 

こんな経路で感染してしまったプール熱の潜伏期間はというと、大体5日~7日くらいです。

 

 

しかし咳やくしゃみによる咽頭からは1週間~2週間、また便からはひと月くらいにおよんでウィルスが飛び続けるので、症状が治まっても空気中や接触による二次感染には注意しなければなりません

 

 

子供がプール熱であると病院で診断された時には、学校保健法で症状が治まるまで出席は停止とされていて、症状が治まり2日経ったら登校できるようになんですよ。

 

教室内での空気感染などを防ぐためですね。

 


Sponsored Link

プール熱の大人・子供の対処法は?予防方法は?

 

残念なことにプール熱に感染してしまった時の対処法として、特効薬というのはありません。現われる症状に対してひとつずつ対処していかなければならないんです。

 

たとえば、結膜炎の症状が現われた時には、眼科で充血や目のかゆみをおさえる目薬を処方してもらったり、咳やのどの痛みには、咳止めやトローチを飲むこと。

 

また発熱には解熱剤をつかったり、水分補給をすることです。

 

 

そしてプール熱でも普通の風邪と同じように、睡眠は十分にとり安静に過ごすことが大事です

 

その他、熱が下がるとお風呂に入りたくなってしまうのはやまやまなんですが、プール熱は感染力がとても強いです。

 

家族への感染を防ぐ意味でも、感染者は一番最後に入るか、湯船にはつからずシャワーだけにしておくとよいですね。

 

タオル

 

もちろんタオルはみんなと別のものを使ってください。

 

予防については、まずうがい・手洗いを十分にすることです。

 

 

【関連記事】

ヘルパンギーナ。子供の登園はいつから?プール感染について

ヘルパンギーナの症状(大人・子供)と期間。手足口病との違い。

手足口病の子供の症状と感染力。保育園の登園はいつから?

手足口病の大人の症状と対処法。出勤停止期間や予防方法は?

夏風邪で子供が長引く理由と期間。原因と対処法について

 

プール熱は何回もお話ししているように感染力が強いので、殺菌力のある石鹸を使ったり、消毒液を使って、手のひら・指・手首までよく洗うことが大切です。

 

便からの感染もあるのでトイレのあともしっかりと手を洗いましょうね。

 

 

そしてプールからの感染予防として、プールから上がった後はしっかりシャワーで体をながしたり、目もよく洗いましょう。

 

おうちに感染者が出てしまった時には、タオルなどは同じものを使わないことです。

 

子供がかかるといわれる夏風邪にひとつ「プール熱」。

大人だってかかります。

 

子供も大人もしっかり予防して楽しい夏を過ごしましょうね!


Sponsored Link