季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

お年玉の平均相場一覧(小学生・中学生・高校生・大学生・赤ちゃん)

そろそろ寒さも厳しくなってきて、クリスマスが過ぎたらあっという間にお正月を迎えそうな時期に入ってきましたね。

 

お正月と言えば、親戚一同が集まってわいわい賑やかに過ごす方も多いと思います。

 

その時に気になるのは子ども達への「お年玉」

そのお年玉の相場って一体どのくらいなのでしょうか?

 

今回はお年玉の相場について下記の流れでご紹介したいと思います。

 

・小学生・中学生・高校生のお年玉の相場は?
・大学生のお年玉の相場は?
・赤ちゃんや甥っ子・姪っ子へのお年玉の相場は?

 

Sponsored Link

小学生・中学生・高校生のお年玉の相場は?

貯金箱 お金 電卓

 

小学生(低学年)の場合

小学校低学年(1年生~3年生)の場合は、1,000円~3,000円が一般的のようです。

 

小学生(高学年)の場合

小学校高学年(4年生~6年生)の場合は、2,000円~5,000円が相場の模様。

 

では、中学生・高校生の相場はどのくらいなのでしょうか?

 

 

中学生の場合

中学生の場合は5,000円が定番のようです。

 

高校生の場合

高校生の場合は、10,000円あげるのが相場の模様。

 

全体を通していえることは、相場を目安にするのも大事ですが、最終的には親同士・子供同士の仲の良さやお付き合いの程度、お互いの経済状況なども考えた上で決定するのがよろしいかと思います。

 

親戚同士ではお互いルールを決めていたりする場合も多いですね。

 

お年玉

 

尚、金額を決める目安として以下のような計算式を使っている方も多いようですので、参考までに記載しておきますね。

 

・一般的には、【年齢÷2×1,000円】

・小学生で兄弟の多いご家庭には、【学年×1,000円】

 

上記の相場ともなんとなくリンクしていますよね。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 


Sponsored Link

大学生のお年玉の相場は?

大学生へのお年玉については意見が分かれるところだと思います。

 

 

「お年玉は高校生まで」という風にお考えの方も多いかもしれません。

 

お年玉はいつまであげるもの?

まず一回目の最終回は18歳、つまり高校生までです。高校生のお年玉の相場が10,000円というのも、「これで最後だから」という意味合いがあってのことが多い模様です。

 

続いて二回目の最終回は成人式。20歳はもう立派な大人ですものね。この辺りで、お年玉はほぼ全件打ち止めになるのではないでしょうか。

 

 

ということで、大学生にはもうお年玉は渡さない方も多くいらっしゃるかと思いますが、もし渡すとすれば・・10,000円程度を目安になさればよいでしょう。

 

ここで終わりにしたいと決めた場合は、高校3年生、あるいは19歳のお年玉を渡す時に「来年からもう大学生(20歳)だからお年玉は卒業だね」なんてさりげなく言っておくと、次年度以降、期待されなくて良いかもしれませんね(笑)

 

これくらいの年の子になると、お年玉がストップするのは経済的には寂しいでしょうが、自分も大人になったんだなぁと、自立を意識する良いきっかけになると思います^^

 


Sponsored Link

赤ちゃんや甥っ子・姪っ子へのお年玉の相場は?

赤ちゃん

 

赤ちゃんの場合

赤ちゃんの場合は、お金をあげても意味が分からないので「あげない」という方や、2歳くらいまでは金銭ではなくおもちゃやお菓子を買ってあげる」という方が多いようです。

 

尚、お年玉として渡したい方は大体500円~1,000円くらいを包んでいるとのことです。

 

甥っ子・姪っ子の場合

 

甥っ子や姪っ子が赤ちゃん・あるいは小学生以上の場合は、上段に記載をしておりますので、ここでは甥っ子・姪っ子が小学校就学未満の場合の相場をご紹介したいと思います。

 

甥っ子・姪っ子が3歳から5歳の場合も、赤ちゃんの場合と同様「お金よりも物」を挙げるケースが多いようです。好きなキャラクターグッズやお菓子などですね。

 

ですが4~5歳くらいで兄弟がいる場合などは、他の兄弟と合わせて「お年玉」をあげるのも、もらう方は嬉しいかもしれませんね。金額の相場は、1,000円程度。

 

小さい子供の場合は、お札よりも500円玉でもらった方がなじみが深く、喜ぶかもしれませんね。

 

お年玉

 

【関連記事】

お年玉の意味と語源。子供に渡す由来は?新札やポチ袋は?

 

大人にとってはちょっとした出費で頭を悩ませてしまうお年玉ですが、子供にとっては毎年恒例のお楽しみ行事。

 

本記事を参考に、お年玉でぜひ子供たちの笑顔をお返しして貰ってくださいね。


Sponsored Link