季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

お年玉2018年の平均相場一覧(小学生・中学生・高校生・大学生)

もういくつ寝ると、お正月~♪

子供の頃は、年末になると歌を歌ってお正月を待ちわびていたような気がします。

 

何が嬉しいって、やっぱりお年玉!

あのポチ袋を受け取る瞬間は、本当にわくわくしますよね。

 

ただ、大人になってお年玉を準備する側になると、一体いくら渡せば良いのか悩んでしまうもの。

 

今回は、そんなお年玉の相場をご紹介します。

 

・2018年の小学生のお年玉相場は?
・2018年の中学生のお年玉相場は?
・2018年の高校生のお年玉相場は?
・2018年の大学生のお年玉相場は?
・2018年の赤ちゃんのお年玉相場は?
・2018年の姪・甥のお年玉相場は?

 

Sponsored Link

2018年の小学生のお年玉相場は?

お年玉 相場
まだまだ自分でお金を管理することが少ない学生

でも、お金の価値はなんとなく理解していますよね。

 

私の場合、親戚の子が小さいうちは一律で1,000円を渡しているので、小学生低学年は2,000円、高学年になったら3,000円と決めていました。

 

相場は、低学年で2,000~3,000円くらい、高学年になると3,000~5,000円と、少し金額に幅が出てくるようです。

 

特に女の子は、高学年になってくると友達と買い物に出かけることも増えてくるので、子供ながらに物入りなんですよね。

 

2018年の中学生のお年玉相場は?

招き猫 福
学生になると、お小遣いの金額も一気にあがります。

そのためお年玉の金額にも期待が高まってくるのがわかります。

 

でも、あまりたくさん渡してしまうのは良くない気がするし、本当に難しい年頃だなと感じますよね。

 

中学生のお年玉相場は、5,000円

 

それ以上も以下もほとんど聞いたことがないので、どこの家庭でもほぼ一律なのかなと思います。

 

多すぎず少なすぎず、一番妥当な金額ですよね。

 


Sponsored Link

2018年の高校生のお年玉相場は?

お正月 迎春
校生は、すべての年代の中で最もお年玉に期待している時期かもしれません。

 

遊びに行く場所はもちろん、着る服や所持する物も金額が上がってきますが、かといって、バイトは禁止という学校がほとんどですよね。

 

そのため、年に一度のお年玉は貴重な収入源なんだろうなと感じます。

 

高校生のお年玉は、5,000~10,000円くらいが相場です。

 

中にはお年玉を渡すのは高校生までと決めている家庭もあり、その場合は10,000円を渡しているようです。

 

私自身も、高校生のときには10,000円もらっていたような記憶があります。

 

2018年の大学生のお年玉相場は?

お年玉 熨斗
学生にお年玉を渡すかどうかは、人によって様々です。

 

私の周りでも、高校生までという人もいれば、20歳までと年齢で区切っている人もいますし、はたまた社会人になるまでと考えている人も。

 

祖父母からはもらうけど、親戚からはもらわなくなったというケースも聞きます。

 

特に決まりはないので各家庭の考えで決めてしまって大丈夫だと思いますが、渡すとすれば相場は10,000~20,000円くらいです。

 

2018年の赤ちゃんのお年玉相場は?

家族 親子
ちゃんにお年玉を渡すかどうかというのも、頭を悩ませる問題です。

 

赤ちゃんにというより、赤ちゃんのご両親に対してのご挨拶として渡すイメージかなと思うので、年が明けて親戚と会う際には準備していくのが無難かなと思います。

 

相場は500~1,000円くらい。

また、お金ではなくてお菓子を渡す場合もあります。

 

就学前の小さいお子さんなら、お菓子のほうが喜んでくれるかもしれませんね。

 

2018年の姪・甥のお年玉相場は?

姪 甥
お年玉の金額は、渡す相手との間柄によっても変わってきます。

 

友達の子や近所の子には渡さないことがほとんどですし、遠い親戚の子であれば相場より少なくても問題ないと思います。

 

逆に、祖父母から孫へは相場より多い金額を渡す場合もありますよね。

 

姪・甥にお年玉を渡す場合の金額は、それぞれの年代の相場を参考にするのがちょうど良いと思います。

 

相場よりも気持ちを大切に

家族 大切

【関連記事】

お年玉袋の名前の書き方。相手や自分の位置は?金額は?

お年玉袋のお札の入れ方や折り方。向きや金額、のり付けは?

お年玉の意味と語源。子供に渡す由来は?新札やポチ袋は?

お年玉の英語表現と説明の例文。英語圏にもお年玉文化はある?

 

世間的な相場や平均はもちろん大切ですが、年玉は渡す側の気持ちで準備するものです。

 

金額に対する多い・少ないの捉え方は人それぞれなので、年に一度のプレゼント(なんだかサンタクロースのようですが)というあたたかい気持ちで渡せたら素敵ですね。