季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

ノロウイルス感染を予防する消毒方法と消毒液の作り方

ノロウイルスの季節がやって参りました。寒さが身にしみるこの季節、ノロウイルスの発生がピークを迎えます。

 

感染すると、酷い吐き気やめまいを引き起こすノロウイルス。感染しない為にはどうすればいいのか。その予防と消毒についてご紹介していきたいと思います。

 

・ノロウイルスについて
・ノロウイルスの感染経路は?
・ノロウイルスにかかった時の適切な消毒・対処法は?
・ノロウイルス予防の消毒液の作り方
・ノロウイルスの予防法や注意点は?

 

上記の流れに沿って書いていきたいと思います。

 

Sponsored Link

ノロウイルスについて

ノロウイルス感染症の基礎知識

 

どんなウイルス?

ノロウイルスは“ノロウイルス感染症”という、老若男女問わず幅広い年齢層に急性胃腸炎を引き起こす怖いウイルスです。潜伏期間も短く、長期免疫が成り立たないため一定期間に何度もかかる可能性があります。

 

年間を通して発生しますが、主に11~2月に流行し、年末年始にピークを迎えます。また、食べ物や料理を経由して感染する事が多い事も特徴です。

 

ノロウイルス

 

なので、この時期ならではのクリスマス、大晦日、お正月、節分、バレンタインデー等の時事的イベントは特に気をつけなければならない…ということです。

 

原因菌は人の腸管内でのみ増殖しますが、アルコール消毒や乾燥、熱にも強く自然界でも生き残れます。感染、発症が非常に速く、ほんの10個から100個程度からでも発症しますので要注意です。

 

症状は?

主に「腹痛・下痢・吐き気・嘔吐・めまい」といった症状を引き起こします。約半日から二日以内に発症します。まず何らかの体調不良による予兆があり、唐突に発症するのが特徴です。

 

 

大人から子供まで同様の症状となり、37~38℃程度の微熱も併発します。発症後は通常1~2日で治まります。

 

また、下痢が幾度も繰り返されます。軽ければ2~3回で済む事もあるようですが、重症ならば十数回あることも珍しくありません。

 

後遺症はほとんど残りませんが、めまいなどから頭痛がしばらく残る事があるようです。

 


Sponsored Link

ノロウイルスの感染経路は?

ノロウイルスは“経口感染”

上でも少し書きましたが、主に食事から感染する事が多いようです。というのも、ノロウイルスは“経口感染”であるため、特に感染した二枚貝(牡蠣など)を食べる事で感染します。

 

生牡蠣

 

また、感染者の出す便や吐瀉物に触れ、そこから食べ物を経由して二次感染する事も多いのです。

 

ウイルス性胃腸炎の症状や原因は?潜伏期間や感染経路は?

 

知らないうちに感染源?“不顕性感染”

また症状が無くても感染し、そのまま便などから感染を引き起こしてしまう場合があります。知らず知らずのうちに感染源になっているのです。これを「不顕性感染」と言います。

 

菌

 

自覚が無くても、身近な人が感染している場合は自身が不顕性感染している可能性がありますので、食品を取り扱うのであれば特に注意しなければならないですね。

 


Sponsored Link

ノロウイルスにかかった時の適切な消毒・対処法は?

救急車

 

症状が出て感染が疑われる場合、まずは診察してもらいましょう。緊急性があるならば救急車を呼んでも構いません。

 

適切に汚物を処理しよう!

感染者以外の家族や友人に行ってもらうのが最適です。もちろん二次感染には気をつけて。まずは、使い捨ての手袋やエプロン等で防護しましょう。

 

 

処理者以外は汚物に寄らないでください。消毒液の作り方はこの続きに書いてあります。

 

マスクの着用を忘れずに。はじめに既に使用したトイレ、洗面台、洗面器、コップやお椀などを消毒しましょう。

 

感染者の吐瀉物や排泄物からの感染を防ぐため、迅速に対処を行う必要があります。換気を徹底し、広範囲の壁や床を洗浄してください。処理後には入念な手洗い、うがいをしてください。

 

 

感染者と食器や食事は別々に

感染者は安静にしている必要があります。まずはインフルエンザ等と同じく部屋に隔離し、食事は一人で、口にする物や食器も家族とは別にしましょう。

 

ノロウイルスには有効な抗ウイルス剤が無いため、対症療法を行うしかありません。

 

特に子供やお年寄りは“脱水症状”になりやすいため、症状が落ち着き次第少しずつ水分補給をしてください。

 

 

酷くなると点滴が必要になります。一人暮らしの場合は最悪救急車を呼んだ方がいいでしょう。

 

ジュースや牛乳などではなく、アクエリアスやポカリスエットといった、吸収しやすくカロリーの高い飲み物を飲みましょう。

 

吐瀉物で窒息する事も考えられます。なので逆流を防ぐために、一気のみではなく少量ずつ飲むようにしてください。

 

下痢止めは厳禁です。体の中にウイルスを残しかねません。すると回復が遅れるので、結果的に苦しみ続けてしまいます。

 

ノロウイルス予防の消毒液の作り方

消毒液

 

まずは塩素系の漂白剤を用意してください。水で薄めて、0.1%以上の濃度の消毒液を作ります。経時変化を踏まえて、なるべく濃いめに作ってください。

 

水量1ℓに対して33㎖程度を目安にしてください。また、一回ごとに使い切るようにしましょう。漂白作用がありますので、脱色される物は注意してください。

 

これをスプレー状の容器に入れてスプレーするのが効果的です。

 

ノロウイルスの予防法や注意点は?

アニメでわかる”ノロウイルス食中毒予防”

 

 

とにかく、手洗い、うがいを徹底する事です。それが一番確実です。また、二次感染を防ぐためにも感染者の傍には近づかないようにしましょう。

 

感染者も下痢が無くなったからと言って安心せず、手洗い、うがいを欠かさず行いましょう。

 

ノロウイルス 予防

 

【関連記事】

大人がノロウイルスを発症した時の症状と期間は?予防方法は?

ノロウイルスの子供の症状はつらい?感染期間と予防対策とは

 

いかがでしたでしょうか?ノロウイルスに関する理解は深まりましたでしょうか。

 

万が一かかってしまった時のために、予防・消毒を徹底し、日々の感染を防ぎましょう。適切に対処することで、重症化や二次感染を防いでいくことができます。

 

ぜひともここに書いてある対処法や予防方法を取り入れ、健康的な生活を送れるようにしてくださいね。


Sponsored Link