季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

妊娠初期のむくみの症状と原因。予防と対策について

妊娠中は、赤ちゃんに会えるまでの楽しい期間ですが、さまざまな体の変化に悩まされ気を使って過ごしているかと思います。

 

妊婦さんの症状でむくみは、元々の体形とあまり関係なく悩まされる人も多いようです

 

ふくらはぎがむくんで、足首がなくなった!なんてよく聞くのではないでしょうか?

 

そこで今回は、娠初期のむくみの症状と原因について調べてみたいと思います。

 

・妊娠初期のむくみの症状って?顔や手足は?
・妊娠初期のむくみの原因は?
・妊娠初期のむくみの解消法は?
・妊娠初期のむくみの予防と対策は?

 

予防と対策をしっかりして、快適に楽しい妊婦生活を送りましょうね(^-^)/

 

Sponsored Link

妊娠初期のむくみの症状って?顔や手足は?

 

妊娠中のむくみは、顔より下半身に出やすいようです。

 

自分でむくんでいるのかはっきり分からない時は、ふくらはぎの裏側や太ももを強めに押してみましょう

 

すぐに元に戻らず、が残ったままならむくみと疑って注意しましょう

むくみでいつものサイズの靴では、小さくて入らなくなってしまう人もいます。

 

もし、妊娠中に靴を購入するなら、横幅の調整ができるものを選びましょうね。

 

 

手がむくんでくると、今までしていた指輪が抜けなくなりますよね。

あまり痛いようなら、結婚指輪もむくみが取れるまで外しておいた方が良いかもしれません

 

その時は、旦那さんにちゃんと理由を伝えてあげてくださいね(^-^)

 


Sponsored Link

妊娠初期のむくみの原因は?

 

妊娠初期のむくみの原因って、普段のむくみとは違うのでしょうか?

 

妊娠中の子宮内では、ちゃんの胎盤を完成させるため栄養を蓄えるのに必死です

お母さんの血液を送って赤ちゃんに栄養が届いていますよね。

 

血液は多くの水分でできています。

その水分が皮下脂肪に溜まってむくみの原因になるようです

 

出典:http://www.kamiyutaka.com/

出典:http://www.kamiyutaka.com/

 

また、妊娠するとプロゲステロンとエストロゲンの分泌が増加します。

 

どちらも、大切な役割をしていますがホルモンバランスがいつもと変わり、心や体が追いつきません。

 

エストロゲンには、体内の血液を外に出そうとする働きがあります

それが原因で妊娠さんの体は、むくみやすくなってしまうようです。

 

妊娠にむくみはつきものと諦めず、予防と対策をすることをおすすめします☆

 


Sponsored Link

妊娠初期のむくみの解消法は?

 

むくみは、体の中に水分が溜まっている状態でしたよね。

 

分な水分を出してあげることで、改善されていきます

 

もちろん、常温の水を普段より多めに飲んで、体の中をきれいにするのも大切です(^-^)

 

体調の良いときは、めのお風呂につかって代謝をあげましょう

お湯につかるのはちょっと…という人は、足湯をするだけでもむくみ解消になりますよ。

 

食べ物や飲み物は?

塩分控えめの食事を心がけるのは、基本ですよね。

むくみだけでなく、娠高血圧症の予防にもなります。

 

味噌や醤油は、減塩のものを使うと良いかもしれません。

 

意識して、毎日少しずつでも取りたい食材を紹介します。

☆海草・豆類・いも類・葉物・ごぼう・明日葉

☆キュウリ・スイカ・ブルーベリー

☆大豆・しょうが

☆鶏肉・豚肉・鮭・カツオ

などです。

 

薄味にして、バランスよく楽しい食事をしましょう。

 

暑い時期にピッタリの夏野菜のスープと牛乳寒天のレシピを紹介します(^-^)/

栄養も取れて夏バテ対策にもなりそうですね。

 

 

 

マッサージはどうやるの?

☆妊娠初期のマッサージ

 

 

☆妊娠後期の足のマッサージ

注意点

マッサージで血流を良くすると、足が軽くなって楽ですよね。

 

でも、妊婦さんにはあまり強い刺激はよくありません。

素人には分からない、子宮を刺激するツボも足にはあります。

 

リンパを流すなら、撫でるだけでも十分流れます。

子宮の周りだけでなく、首や肩を揉む時もゴリゴリ押さないように気をつけてくださいね

 

マッサージに行くなら、妊婦さん用のマッサージができる人にしてもらいましょう。

安定期に入っても、普段と同じようにすると子宮を刺激してしまうかもしれません。

 

マッサージをするときは、妊娠前と同じようにしないよう気をつけてくださいね。

 

妊娠初期のむくみの予防と対策は?

 

妊娠初期のうちに、ちゃんと予防と対策をしておけば、むくみも最小限に抑えることができます。

理をせず毎日少しずつ意識して、むくみ対策をしましょう!

 

・適度な運動

妊娠初期で、眠くて運動なんて…。と思うかもしれません。

 

でも、よっぽど気分が悪くて動けないとかでなければ、涼しい時間に歩くことをオススメします。

むくみの予防になるだけでなく出産の時に必要な体力作りにもなりますよ。

 

つわりで運動したり食べたり出来ない人は、無理をする必要はありません。

 

体を締め付けない服装で、足元を高くして寝るなどできる範囲でむくみ対策をしましょう。

ジュースやお茶よりも、常温の水を飲んで予防してくださいね。

 

妊娠初期のむくみについて。

 

【関連記事】

妊娠中期のむくみの症状と原因。予防と対策について

妊娠後期のむくみの症状と原因。予防と対策について

妊娠中にお腹がグルグル鳴るのは病気?原因と赤ちゃんへの影響

妊娠中の便秘解消で効果のある方法まとめ(体操・ツボ・食べ物)

妊婦が葛根湯を飲んでも大丈夫?ツムラやクラシエの市販は?

 

娠初期のむくみについて、参考になったでしょうか?

 

お腹の赤ちゃんが成長していくのは嬉しい反面、お母さんの体はホルモンバランスの変化で周りが思っている以上に大変かと思います。

 

少しでも、体を楽に妊婦生活を送りたいですよね。

 

お仕事をしている人も、専業主婦の人も、食事やお風呂。

マッサージなどでむくみ予防に気をつけながら、出産に向けて体を作っていきましょう

 

長い妊婦期間に感じますが、お腹の赤ちゃんと一緒に入れる時間を大切に楽しんでくださいね☆

 

 

出産後はお母さんにとって、体力勝負です!

体を動かして基礎体力をつけておくことを、オススメします。

 

元気な赤ちゃんに会えますようにp(^-^)q


Sponsored Link