季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

妊娠中期のむくみの症状と原因。予防と対策について

妊娠初期のつわりが落ち着いてきたと思えば、足や手のむくみで悩まされる人もいるのではないでしょうか。

 

妊娠中にむくみはつきものです。

「妊娠中期のむくみは、どこがむくむのでしょうか?」

「むくみの原因はなんでしょうか?」

「もし、むくんでしまったら、自身で対処ができるのでしょうか?」

そのような妊娠中期のむくみの疑問について、むくみの予防・対策も含めてご紹介していきますね。

・妊娠中期のむくみの症状とは?
・妊娠中期のむくみの原因は?
・妊娠中期のむくみの解消方法
・むくみの予防・対策方法

 

Sponsored Link

妊娠中期のむくみの症状とは?

妊婦 イラスト

 

むくみとは、浮腫と呼ばれ、血液中の水分が何かの原因で体内に溜まること言います。

 

全身に溜まる場合もあれば顔や手、足などの体の一部分に水分が溜まる場合もあります。

むくみの症状をみていきましょう。

 

腎性浮腫

尿が出にくくなります。顔、手足がむくむみます。

塩分の摂りすぎには注意が必要です。

 

栄養障害性浮腫

手足がむくみます。ビタミンB1が欠乏していることが原因です。

顔・下肢・全身のむくみは、妊娠とは別な原因が考えられます。

 

妊娠高血圧症候群

むくみがひどい場合には、こちらの症状も考えられますので早めに医師に相談しましょう。

 

 妊娠中期のむくみの原因は?

妊婦 女医 イラスト

 

妊娠中期とされる妊娠12週目頃から水分が多い血しょう(水分量90%以上)を含む血液が体内に増えます。そのため、むくみやすくなります。

むくみの原因をいくつか挙げていきましょう。

 

体の冷え

妊娠中のむくみとは、胎児が急激に大きくなる妊娠後期に起こる症状で知られていましたが、冷え症の人が増えている現代において、妊婦中期の妊婦さんがむくむことが増えてきたようです。

 

人は、体が冷えると血流が悪くなります。そして、体内の水分がうまく排泄されなくなるため水分が溜まり妊娠中期のむくみの原因となります。

 

疲労や睡眠不足

顔のむくみの原因とされています。

 

妊婦さん イラスト

 

仕事

働く妊婦さんも増えているため、妊娠中期のむくみに影響しています。

 

デスクワークなどで同じ姿勢でいることが多いと血流が悪くなり、妊娠中期のむくみの原因となります。

 

また、仕事の疲れやストレスが原因になることもあります。

 

塩分過多

塩分の過剰摂取はむくみの大きな原因とされています。

 

人は体液の塩分量は決まっているため、塩分を摂りすぎると塩分濃度を薄めようする働きがあります。

 

そのためのどが渇くようになり、水分を通常より多く摂取するようになります。

結果、水分が体内に増え、むくみの原因となります。

 


Sponsored Link

妊娠中期のむくみの解消方法

妊婦 散歩 イラスト

 

むくみの解消法としていくつか挙げられます。

 

リンパマッサージをする。

マッサージすることで、血流を良くしてむくみの症状を和らげます。

 

足の裏には、子宮を刺激する反射があるため注意が必要です。

お腹が張る症状があるときにはマッサージを中断しましょう。

 

ウォーキング

30分~1時時間程度歩くと良いです。

 

むくみ症状に効果的な食べ物や飲み物を摂取する。

・バナナやりんご

カリウムを多く含むため、体の塩分であるナトリウムを排尿させる働きがあります。

 

・豚肉やレバー

ビタミンB1が多く含まれる食材は、疲労回復効果もあり体の調子を整えてくれます。

疲労はむくみの原因ともなるので進んで摂取しましょう。

 

・杜仲茶やタンポポ茶

利尿作用のあるお茶を飲むことでむくみの症状を緩和させます。

 

減塩する

味噌汁やスープなど汁物を控えるだけでも効果的です。

 

睡眠の確保

睡眠は、体の疲れをとり、自律神経を整える働きがあります。

足がむくむ症状の場合には、足を高くして寝るとむくみ解消に効果的です。

 

適度な運動

むくみの解消方としていくつか挙げましたが、これらのことを日ごろから意識することでむくみの

予防にもつながります。

 

妊娠中はホルモンバラスが乱れ疲れやすくなったり、眠くなったりします。

そのため、運動不足にもなりがちです。

 

適度な運動(ウォーキングやストレッチ)を日常生活で取り入れることは、むくみの予防やむくみ症状の解消にとても効果的です。

 

むくみの予防・対策方法

妊婦 ヨガ イラスト

 

運動をする

妊娠中は転ばないようゆっくりと歩くと良いでしょう。

マタニティヨガもおすすめです。

 

栄養バランスを考慮する

つわりも落ち着く妊娠中期には、バランスの良い食事を摂ることを心がけましょう。

バランスの良い食事は、赤ちゃんが生まれた後の離乳食つくりにも活かされますよ。

 

温める

足がむくむ症状の場合には足湯、顔がむくむ場合にはホットタオルを顔に乗せて温めると良いでしょう。

体が冷えないよう日頃から温かい飲み物を飲むことでむくみの予防にもなります。

 

むくみの対策にマタニティヨガをご紹介いたします。

マタニティヨガはリラックス効果も高く、血行促進にも良いとされています。

 

 

体のむくみを取って快適なマタニティライフを送りましょう。

妊婦 赤ちゃん イラスト

 

【関連記事】

妊娠初期のむくみの症状と原因。予防と対策について

妊娠後期のむくみの症状と原因。予防と対策について

妊娠中の便秘解消で効果のある方法まとめ(体操・ツボ・食べ物)

妊娠中にお腹がグルグル鳴るのは病気?原因と赤ちゃんへの影響

妊婦が葛根湯を飲んでも大丈夫?ツムラやクラシエの市販は?

 

いかがでしたか?妊娠中のむくみは誰にでも起こりうることです。むくみの原因を知ることで、むく

みの対策ができますよね。

 

足がむくむと歩くことも大変になり、さらに運動不足になるといった悪循環が生じます。そうならないためにも、日頃からむくまないように対策していきましょう。

 

妊娠中期は、つわりの症状がおさまる人が多く、食欲が旺盛になりがちです。

偏った食事は、むくみの原因になるため、食事には気をつけてくださいね。