季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

熱中症、熱射病、日射病の症状の違い。応急処置と対策方法。

夏は海やプールと、楽しみもありますが、強い日差しに体調管理も心配かと思います。夏の暑い時期にニュースでも、よく「熱射病(熱中症・日射病)に気をつけましょう」なんて言葉を聞きますよね。

 

この3つの症状って、何が違うのでしょうか?原因は、暑さなのかな?と、なんとなく分かりますが、違いがはっきりしませんよね。それぞれの症状によって対処や対策は違うのでしょうか。

 

そこで、今回は熱中症・熱射病・日射病の症状や対策。もしなってしまったら…。そんな時の対処法について調べてみました。

 

・熱中症・熱射病・日射病の違いって?
・熱中症・熱射病・日射病それぞれの症状は?
・熱中症・熱射病・日射病の対策の取り方は?
・熱中症・熱射病・日射病の対処法は?

 

覚えておいて、いざというときに役立ててくださいね。

 

Sponsored Link

熱中症・熱射病・日射病の違いって?

 

熱射病とは、夏の暑い時期など高い気温の下で起こる体全部の障害をいいます。

 

一方熱中症とは、熱射病の障害の一つになります。

 

そして、日射病は太陽の光が原因で起こる障害で、熱射病の一種になります。

 

日射病は、原因が太陽と特定されているものをいうのですね(^.^)

 


Sponsored Link

熱中症・熱射病・日射病の症状は?

 

人間の体は、気温の変化に合わせて温度調節をしています。でも、屋外や室内の温度が高くなりすぎると、その変化に体がついていけません。

 

大人よりも、小さい子供や赤ちゃんは、まだ体温調節がうまくできませんよね。お母さんは、子供の体の変化に早く気づいてあげないといけませんね。

 

 

熱中症になって体温が37度を越えると、体温を下げるために熱を放出しようとして、余計に体温が上昇します。さらに、たくさん汗が出ると体の水分が減って、血管が収縮して今度は熱が放出できなくなってしまうのが熱中症の症状です。

 

体に熱がこもってしまうことで、熱中症を引き起こすようですね。

 

熱射病の症状は?

 

熱射病は、汗はかかず39℃以上もの熱が出ることがあります。大人がそんなに熱が出たら、意識がもうろうとしてしまいそうですよね。

 

他には、頭痛やめまい。ひどい時は、意識障害や全身けいれんが起きる場合もあるそうです。このような症状が出る前に、素早い対処で押さえておきたいですよね。

 

日射病の症状は?

 

太陽の光をたくさん浴びて、汗をかき体の水分が不足してくると、手足など末端が冷たくなります。子供の手を握ったときに冷たくなっていないかチェックしましょう。

 

他には、口の中の乾きや皮膚がいつもよりカサカサしていないか、下が全体的に白くなっていないかなどの症状があります。自分ではなかなか気づきにくいので外に出かける前の、状態を鏡でチェックしておくと良いかもしれません。

 


Sponsored Link

熱中症・熱射病・日射病の対策は?

 

こまめに水分補給することが大切ですが、水分だけを取りすぎると体の中の塩分が不足してしまいます。塩分不足になると、熱痙攣が起きる可能性があります。

 

水やお茶よりも、経口補水液のペットボトルを持ち歩くのも対策になります。他にも、日傘や日除け帽子は出かけるときに忘れないようにしましょう(^-^)

 

熱中症にならないための対策を動画で紹介しています。ご覧ください☆

 

 

熱射病・熱射病・日射病になった時の対処法は?

 

猛暑日に、外に出て頭痛やめまいがしたら、まずは水分を取りましょう。経口補水液やポカリスエットなどを、持ち歩き小まめに水分補給するよう心がけてくださいね。

 

もし、周りで意識がもうろうとしたり、話がうまくできていない人に気がついたら、すぐに救急車を呼ぶか病院で診察を受けましょう。熱中症などは、しばらく休んで元気になったと思っていても、後から再発したり体に影響が残っているかもしれません。

 

 

「もう、治ったから大丈夫。」と自己診断すると危険です。回復しても、一度診察を受けることをお勧めします。特に、子供や高齢者の人には周りが注意して気をつけてあげましょうね。

 

子供でもできる熱中症の応急処置を動画で確認してみてくださいね。

 

 

熱中症・熱射病・日射病について

 

【関連記事】

熱中症の症状と応急処置。頭痛、下痢、寒気、しびれの対処法

熱中症対策ドリンクの作り方。おすすめは?注意する飲み物は

熱中症の原因と対策。水分・塩分不足、寝不足や疲労は危険!

 

3つの違いや、症状と対策について知ることができたでしょうか?

 

熱射病は体全身の障害をいい、熱中症は熱射病の一種でしたね。
そして外に出て太陽の光を浴び、脱水症状を起こしてしまうなどの症状が日射病です。

 

猛暑日に、家の中にいても体調不良で救急車で運ばれるなんて事もありますよね。外に出て、たくさん汗をかいたときはもちろん、家の中でも喉の乾きを感じたら、小まめな水分補給を心がけましょう。

 

特に、子供や高齢者には注意してあげてくださいね。体調が悪くなったり、意識障害があったら、暑さのせいだと放っておかずに、万が一を考えて診察を受けましょうね。

 

治ったと思って油断して、夜にまた症状が出たら大変です。対処法を知っておいて、熱中症・熱射病・日射病にならないよう、気をつけて夏を元気に乗り越えましょうね!


Sponsored Link