季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

部屋の湿気対策!原因は?カビやカビ臭さを防ぐおすすめ除湿方法。

Sponsored Link

部屋の湿気はどれくらいあるか知っていますか?

 

実際に湿度計で毎日計っている人は少なく、どちらかと言うと体感で感じる方が多いのではないでしょうか。

 

この湿気は大変厄介なものです。

 

カビの原因になり、それが体調に悪い影響を与えたり部屋の中のものをカビさせてしまったりと最悪なのです。

 

そこで今回は部屋の湿気について調べていくとともに、カビが発生した時の対策も含めてお話させていただきます。

 

・部屋の湿気の原因は?
・部屋の湿気対策は?
・部屋の湿気の除湿方法は?
・部屋のカビ臭さを取る方法は?
・部屋のカビを発生させない予防方法は?

 

Sponsored Link

部屋の湿気の原因は?

どうして湿気が発生するのか知っていますか?

その原因について調べてみましょう。

 

夏の場合

6月 梅雨
一番厄介なのが雨の季節ですね。

皆さんもご存知の通り空気中に水分がかなりの量が含まれているので、不快指数も最悪です。

そして梅雨の季節は窓をあけることもできませんし、洗濯も室内干しとなります。

 

実はこれも湿気の原因となっています。

 

そもそも空気は外と部屋の中を循環させて、湿気を外に逃がすようにします。

それが梅雨の季節となると、外の湿度が高いので逆に部屋の中の湿度を上げる原因となります。

 

また洗濯物を干すのが室内になりますと、洗濯物の水分が全て室内にとどまる状態を作るわけです。

 

冬の場合

冬 結露
の湿気の原因は、外の気温と部屋の中の気温の差が原因となります。

 

窓ガラスなどに結露が発生するところからもわかると思います。

 

結露が発生する原因

外が寒くて窓ガラスなど冷たくなります。逆に室内は暖かくなっていて、空気の中に含まれる水蒸気の量が多くなっています。

 

そこで空気が冷たい窓ガラスなどに触ると急激に温度が下がって、空気中に含まれていた水蒸気が水となって窓ガラスなどに付着するわけです。

 

 

環境が原因の場合

その他に部屋の環境が原因で湿気が発生することもあります。

・北側の部屋

日当たりが悪いので外気よりも温度が下がって湿気が上がる。

 

・床下の湿気が多い

水はけが悪い土地や床の基礎工事が悪い時は床から湿気が多くなる場合があります。

また一階が車庫などになっているとその気温差で湿気が発生します。

 

・加湿器をつける

 

部屋の湿気対策は?

湿度計 湿気
それでは部屋の湿気の対策はどのようにしたら良いのでしょうか。

 

湿度計を置くようにしましょう

実際の部屋の湿度がいったいどれぐらいあるのか、把握することが必要だと思います。

 

日頃の湿度を知っていると少しでも湿度計の数値が高いときなど早めに対応できるようになり、それはカビの発生を防ぐことにもつながります。

 

部屋の換気

換気 部屋

 

一番効果があるのが部屋の換気を行うことです。

雨が降っている時以外は、冬場でもできれば1日に1回は部屋の空気を入れ替えるようにしましょう。

 

現在の建物は、すきま風が入らないような密閉した状態になっているのがほとんどです。

 

それは空気が移動できないままになってしまいます。

 

そこで家の換気をすることで水蒸気を含んだ空気を外に移動させることになるのです。

 

その時は部屋の窓だけでなく押し入れや物入れ、クローゼット、靴箱と行った普段閉めきっている場所も一緒に開けると空気の循環がされます。

 

洗濯物を室内で干すならお風呂場を使おう。

お風呂場は換気扇がしっかりと機能している場所です。

 

お風呂場に洗濯を干す機能がついていなくても、普通の換気扇でもその効果は十分果たせています。

 


Sponsored Link

部屋の湿気の除湿方法は?

除湿 対策
では湿をするのにはどのような対策があるでしょう。

 

一番確実なのは

・エアコンのドライ(除湿)機能
・除湿機

といった機械を使うのが一番安心です。

 

でも値段の関係もありますので難しいところもあります。

そこで手軽にできる除湿対策として紹介したいのが

 

重曹

重曹 効果
湿気を取ってなおかつ臭効果もあります。

 

使い方はビンなどに重曹を入れ、口をカーゼで塞いで輪ゴムで止めるだけです。

簡単に作れますね。

 

重曹は湿気を吸うと固まってきますので、様子を見て固まった重曹を取り除いては新しい重曹を足すようにします。

 

固まった重曹は掃除に使うことが出来ますので無駄がありません。

 

市販の除湿剤

除湿剤 市販

出典:https://www.amazon.co.jp

 

市販の除湿剤は、押し入れ用やクローゼット用・靴箱用と用途に合わせて形も様々揃えられています。

除湿剤で効果的と言われているのは「とりぞうさん」のように水分をためる形式のものです。

 

一カ月ほど置いておくと半分ほどの水がたまるほどの効果があります。

 

効果はありますが、一つの押し入れにやはり2~4個置くという数が必要となります。

 

特に梅雨の季節や冬場にはかなりの数が必要となりますので、安い時に買い置きをしておくと良いでしょう。

 

新聞紙を敷き詰める

新聞紙をクシャクシャと丸めて隅の方に置いておくと、自然に新聞が水分を吸い取ってくれるというものです。

 

ただし部屋の中の見栄えが良くないので靴箱とかなら良いのではないでしょうか。

 

窓ガラスの結露取り

結露取り 窓ガラス

出典:https://www.amazon.co.jp

 

ガラスの結露は湿気だけでなくカビの発生の大きな原因となります。

こまめに取りましょう。

 

水とりワイパーなどのように便利な道具を使うのも良いでしょう。

 

部屋のカビ臭さを取る方法は?

カビ臭さ 予防方法
カビは部屋の中の汚れと湿気が合わさってカビとなります。

一度カビが発生するとカビ臭さも気になりますね。

 

そこでこのカビのにおいを取るためにはどのような対策をしたらよいでしょうか。

・カビの発生しているところをきれいに掃除しましょう。

カビは身体にもよくありませんし、寝具や衣類に付着していると物をダメにします。

また窓枠などに発生していると繁殖力も高くなりますので、丁寧なカビ取りの掃除をしましょう。

 

・その後でカビ臭さをとるには「重曹」が活躍します。

上記で作り方を説明したものを部屋の隅などに置くだけで十分な消臭効果をしてくれます。

 

・その他にも備長炭に消臭効果がありますので使うのもよいかと思います。

ただ備長炭を使用する場合はそのままで使用すると炭などで汚れたりしますし、消臭効果として使うなら最低でも2kgは必要となるようですので、備長炭を使ったシートなどのようなものを使うと使いやすいと思います。

 

部屋のカビを発生させない予防方法は?

カビ 発生
カビはがあるところを中心に発生します。

そのためカビを発生させない一番の対策はこまめな掃除が必要となります。

特に家具のすきまや椅子の下などつい見落としがちな所、それから台所やお風呂場のような水を使うところはすぐにカビが発生しやすいです。

 

こまめな掃除とともに、水分を飛ばすために換気をよく行うことでかなりのカビの発生を防げると思います。

 

手数はかかり大変かもしれませんが、一度発生したカビを落とす手間のほうがとても大変ですので、日頃のケアをしておくことをおすすめします。

 

部屋の湿気は換気から!

湿気 換気

 

【関連記事】

押入れ、クローゼットのカビや湿気を対策!すのこや新聞紙で防止

布団のカビの取り方と対策。効果的に落として除去する方法。

布団の湿気カビ対策!フローリング直敷きは危険?予防方法は?

カーテンのカビ取り方法。洗濯での上手な落とし方とは?

畳のカビを上手に掃除する方法。効果的に除去する取り方は?

フローリングのカビを掃除する方法!効果的に除去する落とし方。

エアコン掃除を自分でやる方法。フィルター、ファン。カビ取り。

エアコン室外機の騒音の原因と対策。うるさい音を防止する方法。

加湿器のカビ対策と掃除方法。カビ臭さを除去して防止しよう!

床下の湿気対策と原因。安く効果的に湿気を防止するには?

 

湿気は本当に厄介なものです。

 

部屋の湿気からカビが発生したり、嫌なニオイのもととなる菌を発生させたりします。

 

身体にも悪影響がありますので対策は万全にしたいものです。

 

換気をすることだけでもかなりの湿気を防ぐことができますので、ぜひ実行してみて下さい。

Sponsored Link