季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

家庭訪問のお茶菓子の出し方。持ち帰りできる個包装がいい?

Sponsored Link

小学生や中学生のお子さんが新学年になって、一カ月ほどしたら始まるのが家庭訪問です。

 

特に小学1年生のお子さんをお持ちの方は、学校での様子はとても気になるところですのでいろいろと聞きたいですね。

 

そんな家庭訪問で昔から必ずと行っていいほど悩むのが、お茶菓子の問題です。

 

ママ友や先輩ママに訪ねても様々な答えが返ってくるので戸惑いますよね。

 

そこで家庭訪問でお茶菓子を用意するさいにどのようなものを用意したらよいか、また出し方などについて考えていきたいと思います。

・家庭訪問でお茶菓子を出すタイミングや出し方は?
・家庭訪問ではどんなお茶菓子を出せばいい?おすすめは?
・お茶はお茶菓子と一緒?どんな飲み物がいい?
・先生が帰る際にお土産は渡すべき?

 

Sponsored Link

家庭訪問ではお茶菓子を出すタイミングや出し方は?

お茶菓子 出し方

 

お茶菓子は必要?

最近は家庭訪問のお知らせの中に「お茶菓子は不要です」という文章が入っている場合があります。

 

そう言っても・・とやはり何か用意しないと安心できないというお母さんも多いはずです。

 

家庭訪問はわずかの時間を使って、何件ものご家庭を回って歩きますので、一人の家での滞在時間は短いものです。

 

そのためお茶菓子を用意しても食べている時間がないのも確かです。

 

でもお茶やお茶菓子をすすめるところから話のタイミングを持っていくというお母さんもいらっしゃいますので、お茶菓子を用意してもよいのではないかと思います。

 

お茶菓子を出すタイミングや出し方は?

それではどのタイミングでお茶菓子を出したら良いでしょうか。

このタイミングは先生のことを考えてあげると良いのではないでしょうか。

 

先生をお通しする予定のころに準備をしていて、先生が席についたらすぐにお茶とお菓子をお出しすると良いと思います。

そうするとすぐにお話ができますし時間に無駄がありません。

 

逆に悪いパターンとしては先生を席に座らせて、それから台所でお茶やお菓子を用意するとそれだけ先生の時間を無駄にしてしまいます。

 

また先生とのお話時間も短くなってしまいますね。

もちろんお話の最中に中座してお茶菓子を出すのも失礼に当たります。

 


家庭訪問ではどんなお茶菓子を出せばいい?おすすめは?

お茶菓子 家庭訪問
それではどんなお茶菓子を用意すると良いでしょう。

お客様のお茶菓子というとケーキなどを用意するご家庭が多いと思いますが、家庭訪問の場合ケーキはおすすめしません。

ボリュームがあるのと食べることに気を使い、お話がそぞろになりやすいからです。

 

そこで一口大の大きさで個別包装されたお菓子を用意すると良いでしょう。

手を汚すことがありませんし、お腹への負担もありません。

おすすめとしては次のようなものを用意すると良いかもしれません。

 

クッキー

クッキー 個包装

出典:https://www.amazon.co.jp

 

最近は、洋菓子店でも個包装にしたクッキーや洋菓子があります。

 

チョコレート

チョコレート 洋菓子

出典:https://www.amazon.co.jp

 

疲れている時には一口のチョコレートも嬉しいものです。

 

おせんべい

おせんべい 一口

出典:https://www.amazon.co.jp

 

一口で入るようなおせんべいが良いです。

ちょっと大きめですと食べづらいので大きさを考えましょう。

 


Sponsored Link

お茶はお茶菓子と一緒?どんな飲み物がいい?

お茶 飲み物
上記にも書きましたが、お茶とお菓子は一緒に出しておすすめすると良いでしょう。

 

またおすすめするのは最初の一回だけで十分です。

何度もおすすめするのはやめましょう。

飲み物についてですが一番オススメするのはおです。

コーヒーや紅茶ですと好みの問題もありますし、他のご家庭ですでにコーヒーや紅茶を頂いたりしていると飲み過ぎということも考えられます。

 

でもお茶は熱くて飲みづらいのでは?

とお考えのお母さんもいらっしゃると思います。

その点は先生のほうが慣れていらっしゃって、最初にお話をして帰り際にお茶を飲まれることが多いです。

 

帰り際ですとお茶も冷めて飲みやすくなっていますからね。

もし家庭訪問当日が暑かったりしたら、冷たいお茶を用意するのもいいかもしれません。

 

先生が帰る際にお土産は渡すべき?

お土産 渡す
先生が帰る際にお土産はいらないと思います。

先生が生徒の親から物をもらうというのは、学校側でも厳しく禁止しているところが多いです。

そこで帰り際に先生にお土産をお渡ししても、先生もお断りするのに気を使わせてしまいかねないからです。

 

それよりもお茶菓子でお出ししたお菓子を、車の中でも食べてくださいとお渡しする程度に留めておくほうが良いかと思います。

 

お茶菓子が話を円滑にするアイテムに。

子供 家庭訪問

 

【関連記事】
家庭訪問のマナー。玄関や部屋の座る場所。あいさつの仕方は?
授業参観の母親の服装。幼稚園や小学校。スーツ?普段着?
授業参観の父親の服装。小学校や中学校。私立と公立は違う?

 

学校での子供の様子を聞いたり、また家庭内での子供の様子をお話する大事な機会が庭訪問です。

 

短い時間をお互いに有効的に使えるように、お茶やお茶菓子を出すようにしましょう。

 

また低学年のお子さんがいらっしゃる方の家庭訪問で、お子さんが同席する時もあります。

お茶菓子で先生とお子さんが会話をする姿を見ることもできるかもしれません。

 

そういう意味でも、“お茶菓子は話を円滑にするアイテム”になる時もありますね。

Sponsored Link