季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

初詣の意味。いつまでに行けばご利益があるの?由来は?

初詣は新年に初めて神社仏閣に参拝することです。

 

その歴史は意外に浅く、俳句の歳時記に「初詣」が登場するのは明治末期であり、実際に「初詣」の俳句が読まれたのは大正時代に入ってからのことなんです。

 

元は年籠り」と言い大晦日から氏神さまの社に籠り祈願するのが習わしで、古くは平安時代から執り行われてきました。

 

今は、大晦日から電車などの交通機関も運行していますが、昔は元旦に初参りするのも大変で、前日から社に籠るのが一般的なのでした。

 

近年になって、元旦に初参りすることを「初詣」というようになったのですね。

今回は、初詣の意味や由来についてご紹介していきます。

 

・初詣とは?どんな意味があるの?
・初詣の三社参り
・初詣はいつからいつまでに行けばいいの?
・初詣のご利益は?行かなくても大丈夫?

 

Sponsored Link

初詣とは?どんな意味があるの?

 

古くからの「年籠り」は、その土地の氏神様をお祀りする社に、家長が籠り大晦日から元旦にかけて、豊作や家内安全を祈願するのが習わしでありました。

 

近年では、元旦におせち料理をいただいたあとに、元旦の午前中に神社にお参りするようになったのですね。

 

また、大晦日から元旦までを跨いでお参りすることを、「二年参り」といい、得したようで人気があり、現在も大晦日から交通機関が運行されている場所が多くありますね。

 

氏神様とは?

古来、「氏神(うじがみ)」と「鎮守神(ちんじゅがみ)」と「産土神(うぶすながみ)」は別の意味の神様でした。

 

氏神様とは、古くは特定の氏である特定の一族が信奉する神様でした。

 

祖先を神様として祀ることも多かったので、ご先祖様ですね。

一族が共同で氏神を祀る社を建てたのが始まりです。

 

平安時代以降になると、一族だけでなくその土地に住む人たちとの縁も深まり、その土地に住む人たちも一族ではなくても、氏神様を信奉するようになります。

 

現在では、その土地に住む人たちをお守りするのが氏神様とされ、その氏神様の守りの範囲に住む人たちを「氏子」としてわけですね。

 

 

産土神とは?

産土神とは、その土地に生まれた人を一生守ると考えられてきており、その土地を離れてもその人を守ると言われています。

 

氏神は血縁由来ですが、産土神は土地の縁由来なのです。

つまり古来よりは、新しい考え方ですね。

 

現代では同一視されることが多いようです。

 

鎮守神とは?

古来、その土地に住む神霊である地主神を、祟らぬにように鎮守の神で抑え込むように祀られたのが本来でした。

 

仏教が日本に入ってきて、神仏習合がすすみ、新しく建てられた仏閣や建物に禍が起こらぬように、地主神より霊力の強い鎮守神を勧請して祀ったのが鎮守神でした。

 

地主神は鎮守の神に服従し、その霊力を補佐し守る役目と捉えられ、いつしか地主神と鎮守神は混同され習合して祀られるようになったわけですね。

 


Sponsored Link

初詣の三社参り

 

詣を三つの神社にお参りするという風習は西日本に多いです。

 

もともとは、氏神、産土神、鎮守神の三か所にお参りすることでしたが、現在では初詣とは三か所参り、と言うように三か所の神社にお参りすることが当たり前のようになっている地域もあります。

 

その三か所の神社についても決まりのある地域と、好きな三か所とされる場合があり、参る順番も決まってはいません。

 

関西では、近所の神社と、有名な大きな神社、好きな神社の三か所にお参りするのが定番でした。

 

地方により元旦に三社参りをしなければいけないところや、三が日に三か所参りをするところや、それぞれの土地のしきたりがあるようです。

 


Sponsored Link

初詣はいつからいつまでに行けばいいの?

 

初詣はの内までとされてはいます。

関東では7日まで、関西では15日までですが、三が日までに初詣に行く方が多いですね。

 

関西では元旦の初詣とは別に、「えべっさん」があります。

10日に参る「十日えびす」です。

 

両方お参りする方も多いです。

本来の、元旦三が日の初詣に行けなかった場合、「十日えびす」にて、初詣とされる方も多いです。

 

とくにお商売関係は「十日えびす」のほうがメーンなのです。

商売繁盛を祈願します。

 

「えべっさん」には3日間ありまして、9日が「宵えびす」、10日が「十日えびす」、11日が「残り福」と呼ばれます。

 

十日えびすが一番にぎわいますが、縁起物を買うなら、値下げもある残り福がおすすめですよ。

 

初詣のご利益は?行かなくても大丈夫?

 

神社への初詣は、喪中は行ってはいけません。

神道では「死」は穢れとして忌み嫌うのです。

 

神様のいらっしゃるところに「穢れ」を持ち込んではいけないわけですね。

 

寺院のほうは喪中でもかまいません。

寺院の有名ところでは交通安全祈願が有名ですね。

 

ご利益は、その方の信心しだいではないでしょうか?

 

クリスチャンの方は神社仏閣へ立ち寄ることも禁止されている場合もありますし、それぞれの方の信仰によると思います。

 

一年の始まりに初詣して気をひきしめ、祈願して一年の計をたてるのに気持ちの良い習慣ではないでしょうか?

 

神社参拝の作法

 

初詣に出かけても出かけなくても日頃の感謝を

 

【関連記事】

お正月の神棚の飾り方や期間。お供え物やしめ縄はいつまで?

正月飾りを手作りで簡単に作る方法。子ども、高齢者におすすめ!

しめ飾りの意味。飾る期間は?飾り方の向きや場所は?

門松の飾り方。雄松雌松の左右の位置。玄関の飾る場所は?

おみくじの順番と意味。半吉や末吉は?地域別の呼び方は?

絵馬の書き方。恋愛、合格、健康、結婚、安産、就職、商売。

歳神様とは?祀り方や読み方。正月との関係や由来は?

 

お正月気分を味わうのに初詣は最もふさわしい行事です。

 

信仰の制約がなければ、ご家族そろって初詣に出かけるのも楽しく一年を始めるきっかけにもなると思います。

 

神社や仏閣によりご利益も違いますし、目的のご利益で初詣先を決めてもよいと思います。

 

もちろん気持ちの問題で、自宅で神様に心の初詣をされるというのでもよろしいと思います。

 

一年の計は元旦にあり、とも申しますし、気持ちのひきしめとして初詣されてはいかがでしょうか。

 

でかけられないご事情がおありなら初詣しなくても大丈夫、バチなど当たりません。

で神様にご挨拶されればよろしいと思います。

 

この記事が皆様の疑問の解決にお役にたちましたら幸いです。


Sponsored Link