季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

柏手の意味と打ち方!大きな音を鳴らすコツは?拍手との違いは?


Sponsored Link

柏手を打つ時はどのようにして打っていますか?

 

実は、柏手は、ただ手を叩けばいいというものではありません。
打ち方や作法にきちんと決まりがあるのです。

 

今回は、柏手の意味や打ち方を中心にまとめていきます。

・柏手の由来は?柏手を打つ意味は?
・柏手は大きな音を鳴らした方が良いの?
・柏手の打ち方。大きな音を鳴らすコツは?
・柏手と拍手の違いは?

 

Sponsored Link

柏手の由来は?柏手を打つ意味は?

柏手 由来

 

手をたたくのはなぜ?

古くから日本には手を打つ習慣がありました。

一番古い記録としては、魏志倭人伝への記載です。

そこには 「倭人は、偉い人に会ったときに手を打つ」とあります。

柏手は神様だけでなく人に対しても行われていたことがわかりますね。

 

手を打つ行為は「魂振(たまふり)」と呼ばれ、立てる音で神様を招き寄せ、互いの魂を動かすために行われました。

一種の神がかりの儀式でもあり、祝福でもありました。

 

現在は、人に対して柏手を打つ柏手を打つことは無くなり、神様に対してだけこの習慣が残ったと考えられます。

 

なぜ柏手というの?

の葉はお皿として用いられていました。

 

そのため、宮中で調理にあたる人を「かしわで(かしわのひとの意)」と呼んでいました。

 

「かしわで」は料理人が手を打って神饌(しんせん)を共したことから生まれた言葉という説があります。

 

他には、手を打つ時の手の形が柏の葉に似ているからとする説もあります。

 


柏手は大きな音を鳴らした方が良いの?

柏手 音

 

柏手は、大きな音を立てればよいというものではありません。
かといって、音を立てなければ意味がありません。

 

理想とされる音は、“大きな音”ではなく“清らかな音”です。

 

具体的には、

・高い音。
・ポーン、ポーンという音。(バンバンとかパチパチはよくない)
・手を力任せに強く打たないで、軽く叩いて出す。

「神社参拝」~拍手の響きは心の響き

 

 


Sponsored Link

柏手の打ち方。大きな音を鳴らすコツは?

柏手 打ち方 コツ

 

柏手を打つ時の基本動作は、次の通りです。

1.二礼
・軽くお辞儀してから、お賽銭を入れ、鈴を鳴らす。
・浅いお辞儀と、深いお辞儀をする。 

2.柏手を打つ
・足を肩幅より少し狭いくらいに開き、鎖骨のあたりで手を合わせる。
・右手を左手よりも少しだけ下げ手を打つ。

 

これは神道には、左手を「陽=霊」、右手を「陰=体(身)」とする考え方があるからです。

 

左手の方が神聖なので上にするのですね。

 

手を打つ回数は2回が基本ですが、神社によって3回のところ、4回のところなど色々です。

 

3.一拝
・手を合わせて深いお辞儀をする。

岩津天満宮 お参りの仕方

 

 

柏手と拍手の違いは?

柏手 拍手 違い

 

 

柏手(かしわで)と拍手(はくしゅ)の違いについて説明します。

どちらも手を打ち合わせて音を出すことを表す言葉ですね。

 

「柏手(かしわで)」は、先ほど説明した、神社などにお参りするときに手を打つことです。

 

これに対して、「拍手(はくしゅ)」には、二つの意味があります。

人は、喜んだり賛成したりするときに自然と手をたたきますね。

コンサートや観劇などでも、よいパフォーマンスに対して手を叩きます。

 

これを「拍手」といいます。
この「拍手」は、日本以外でも行われますね。

 

もうひとつの「拍手(はくしゅ)」の意味は、「柏手(かしわで)」のことです。

参拝の作法の時に「二礼、二拍手、一礼」といいますよね。

 

実は、拍手が正解で、柏手は書き間違いという説もあるほどなんですよ。

さて、拍手、柏手とくると、もうひとつ日本には「手締め(手打ち)」という習慣もありますね。

 

物事がうまく纏(まと)まったときや、納会、打ち上げなどで行われます。

これも、日本独自の習慣です。

 

地方によって打つリズムや掛け声は違いますが、意味合いは同じです。

 

うまく纏まったこと、納まったことを確認し、祝福する意味が込めれています。

 

柏手は神様への挨拶であり祝福

柏手 神様 挨拶

 

【関連記事】
おみくじの順番と意味。半吉や末吉は?待ち人や縁談とは?
絵馬の書き方。恋愛、合格、健康、結婚、安産、就職、商売。
初詣の意味と由来について。いつまでに行けばご利益がある?

 

いかがでしたでしょうか。
今回は手の意味や打ち方でした。

 

柏手は、日本で古くから行われている神様への挨拶です。

 

古くは、神様だけでなく貴人など偉い人への挨拶にも使われました。

Sponsored Link