季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

5月病の症状と対策。原因をチェックして予防する方法

誰でも通る新入生、新社会人、その他にも人生の大きな転機を迎えることはありますよね。

 

初めは一生懸命頑張って、環境や新しい生活に慣れようと必死だけれど、知らず知らずに身体が疲れ、心も疲れ…5月くらいから何となく疲れが取れなかったり

 

そんな事って誰にでも起こりうることで、何ら特別なことではないように思います。

 

5月病という名前は知っているし、大まかな概要は知っているけど、具体的な症状や対策をご存知の方は多くないかもしれませんね。そこで今回は5月病について以下のような流れでまとめてみました。

 

・5月病とは?症状は?
・5月病は病名じゃない?
・5月病の原因は?人柄が影響?
・5月病の対策と予防方法は?
・5月病の治療について

 

Sponsored Link

5月病とは?症状は?

女性

 

仕事や学校、引っ越しなどで自分を取り囲む環境が大きく変化し、新しい生活に慣れ始めた5月ごろに様々な症状が出てきます。

 

5月病の具体的な症状

何となく落ち込む、疲れやすい、眠れない、苛立つ、やる気が出ない、

 

ネガティブになる、身体がだるい、不安感で気持ちがいっぱいになる

など精神的な症状が出ます。

 

また精神的な症状だけではなく、胃の痛み、めまい、食欲不振、動悸、頭痛を感じる方もおり、環境の変化によるストレスが身体へと影響を及ぼします。

 

基本的には、5月病は1か月程度で自然に改善すると言われています。

 


Sponsored Link

5月病は病名じゃない?

 

実は5月病は正式な病名ではなく定義はありません

 

5月病は適応障害?

 

医学的に考えると、環境の変化についていけないことで起こる精神疾患を「適応障害」と呼びます。適応障害は5月だけでなく、発症時期は人によって様々です。

 

先にも述べたように、個々の大きな環境の変化、人生の転機によってはいつとは言えないのでしょうね。

 

5月病は気分障害?

 

5月ごろにやる気がでないなどの状態になると「気分障害」の可能性もあります。

 

そして、よく知られている「うつ病」やうつ状態と躁状態を繰り返す「双極性障害」もあります。

 


Sponsored Link

5月病の原因は?人柄が影響?

 

5月病になりやすい人

・神経質

・几帳面

・真面目

・完璧主義

・内気傾向

・責任感が強い

 

5月病の原因

・新入生、新社会人で大きく環境が変わる

・引っ越し、部署替え、転勤、転職で環境が変わる

・想像していた生活と実際の生活が大きく違う

・目標を達成し、次の目標が定まらない

・新しい環境での人間関係で苦労している

・仕事量が多く、残業も多い

 

5月病の対策と予防方法は?

花 ろうそく

 

対策と予防は紙一重です。日ごろからストレスとはうまく付き合いたいですね。

 

具体例を見てみましょう。

 

・睡眠を十分にとる

・身体を動かす(スポーツをする)

・友人や家族と話をする

・好きな音楽を聴く

・バランスの良い食事を心がける

・予定を詰め込みすぎず、ゆっくりと過ごす

・ぬるめのお風呂にゆっくりつかる

・アロマテラピーで心を落ち着かせる

・動物と触れ合う

・好きな本を読む

 

5月病おすすめの対策方法!

女性

 

5月病はまず、何となく気分が悪かったり、落ち込み気味であったりと気持ちの面で症状が出てくると思います。

 

また、不眠傾向にあるかたにもおすすめなのですが、それは身体を動かすことです。

 

精神的な心の疲れは、身体の疲れとのアンバランスによって起こることもあります。

 

 

心が疲れているのであれば、身体を動かして、身体も同じように疲労させるのです。

 

そうすると、不眠で眠れない間、色々なことを考えてしまう時間もない間に眠りに落ちることが出来るし、食欲もわきます。

 

また、リフレッシュ、ストレス発散になるのです。

 

 

身体を動かすスポーツは嫌い!という方には、ウォーキングでも良いです。専用のシューズやウェアなんて必要ありません。

 

近くのスーパーに車ではなく、歩いて行ってみましょう。好きなお菓子を買いに、本を買いに、ちょっと歩いてみませんか?気持ちの良い汗をかけますよ。

 

女性 散歩

出典:matome.naver.jp

 

5月病の症状が続く場合は、適応障害やうつ病が隠れているかもしれません。早めに心療内科か精神科に相談しましょう。

 

もし、精神疾患であれば、抗不安薬や抗うつ薬などの投薬やカウンセリングで症状の改善が期待できます。

 

5月病の治療について

出典:lbr-japan.com

出典:lbr-japan.com

 

5月病と言っても、その陰に別の病気が隠れていることが分かりましたね。

 

新入生・新社会人になってせっかく希望を胸に頑張っていたのに、仕事や日常生活にも支障をきたしかねません。早め早めに医師への相談が重要です。

 

一度病院に行き、信頼のおける医師に出会えれば、自分にその治療が必要であることは十分に理解出来ますし、通院のハードルは高いと思います。

 

 

しかし、初めて診療内科や精神科に受診する方は躊躇する方も多いのではないでしょうか。

 

薬を飲んで依存してしまうのではないか?どうにかなってしまうのではないか?など不安もあると思います。

 

ですが、風邪をひけば内科に行きますし、耳の調子が悪ければ耳鼻科に行くのと同様に、心が疲れれば心療内科や精神科に行くのは極々自然なことなのです。

 

女性

 

【関連記事】

6月病の症状(子供・主婦・高齢者)と対策。なりやすい人は?

 

学生であれば、スクールカウンセラーに相談しても良いでしょうし、信頼のおける友人や家族に相談するのも一つです。

 

そして、もし自分の周りに5月病のような症状で長く悩んでいる方がいれば、そっと背中を押してあげてくださいね。私もそういう人でありたいと思います。


Sponsored Link