季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

浅草酉の市2016。時間と場所。熊手の値段や楽しみ方は?

浅草酉(とり)の市とは、毎年11月に、東京都台東区浅草で開催されるお祭り。威勢よく手締めして、「縁起熊手」を売るお祭りとして有名です。

 

酉の市は全国的に開催される、年末の風物詩ですが、とりわけ浅草酉の市は盛大で、規模的にも賑わい的にも、日本一の酉の市なんですよ。

 

そこで、浅草酉の市2016の日程やアクセス情報などを交えて、浅草酉の市の楽しみ方を下記の流れでご紹介したいと思います。

 

・浅草酉の市2016の日程や場所は?屋台の時間は?
・浅草酉の市とは?見どころは?
・浅草酉の市の楽しみ方。おすすめのお参り順路は?
・熊手の値段や購入できる場所は?古い熊手の処分方法は?
・アクセス方法と駐車場情報。

 

Sponsored Link

浅草酉の市2016の日程や場所は?屋台の時間は?

 

日程と場所

 

一の酉:2016年11月11日(金)00:00~24:00

二の酉:2016年11月23日(水・祝)00:00~24:00

 

場 所:鷲神社、長国寺およびその周辺

 

屋台の時間は?

浅草酉の市 屋台

 

酉の市の屋台は24時間営業です。一の酉、二の酉とも、午前0時から翌日の午前0時まで営業しています。長国寺周辺では、宵宮(前日)の19時ごろより営業しているお店もあります。

 

縁起熊手のお店だけでなく、飲食の屋台や遊戯系の屋台も営業しているので、安心して楽しむことができると思います。

 

特に深夜は居酒屋屋台が繁盛します。おでんを肴に軽く1杯、暖を取るのもいいですね(^^)

 


Sponsored Link

浅草酉の市とは?見どころは?

浅草酉の市とは?

 

浅草酉の市とは、毎年11月に東京都台東区浅草で行われるお祭りです。酉(とり)の日とは、日にちを十二支で表したもので、月によって2日ないし3日巡ってくることになります。

 

酉の市とは、11月の酉の日に開催される、伝統的な市のこと。月初めの酉の日を「一の酉」、2番めの酉の日を「二の酉」と言い、年によっては「三の酉」まである年もあります。

 

浅草酉の市は、東京都台東区浅草に隣り合わせにある、「鷲神社」と酉の寺「長国寺」の2つの寺社のご利益が得られることから、盛大に開催され、縁起物の熊手を買い求める、多くの観光客で賑わいます。

 

 

神社とお寺の両方に参拝して福を招きましょう♪

浅草酉の市 鷲神社

 

浅草酉の市は、開運招福、商売繁盛を願うお祭りです。隣り合った鷲神社と長国寺、神様と仏様の両方に参拝してご利益を得ましょう。

 

神社とお寺、どちらから参拝してもOKですよ(時間帯によっては一方通行を誘導される場合があります)。

 

 

見どころは、鷲神社の鳥居前と長国寺の山門前にある、大熊手

長国寺の山門前には開運の飾り樽もあります。

 

鷲神社の鳥居をくぐると、招福名物の”頭の芋(芋かん)”“切山椒”という縁起菓子を売っている屋台があります。

 

 

また、長国寺には“にぎり福”という縁起菓子も。これらを購入して、ぜひ縁起を担ぎましょう。

 

長国寺に参拝したら“開運鈴”と“七福鈴”を鳴らし、お坊さんの振り出す“おみくじ”をひくことをおすすめします。

 

福をたっぷり呼び込んだら、最後の仕上げは熊手の購入。思いっきりをかっ込んで下さいね。

 


Sponsored Link

浅草酉の市の楽しみ方。おすすめのお参り順路は?

浅草酉の市 コース

 

めぐりのおすすめコースをご案内しますね。24時間営業なので、昼間でも夜でも楽しむことができますが、おすすめは間の参拝

 

長国寺や鷲神社に掛けられた提灯が境内を照らしだし、金銀細工の縁起熊手がきらきら光って緒が増すんです。

 

ただし夜間は人出も増えますから、混雑が苦手な方は、昼間に参拝すると良いと思いますよ。

 

基本、鷲神社と長国寺のどちらから参拝してもOKですが、混雑の時間帯によっては一方通行を誘導される場合もあります。その場合は係員の指示に従って参拝して下さいね。

 

浅草方面からお参りする

浅草酉の市 お参り コース

 

大熊手→ 鳥居→ 切山椒・頭の芋→ 鷲神社参拝(かしわ手)→ にぎり福→ 長国寺参拝(合掌)・開運鈴→ 七福鈴→ おみくじ→ 熊手の購入→ 開運飾り樽・大熊手

 

 

三ノ輪方面からお参りする

浅草酉の市 お参り コース 三ノ輪

 

開運飾り樽・大熊手→ にぎり福→ 長国寺参拝(合掌)・開運鈴→ 七福鈴→ おみくじ→ 鷲神社参拝(かしわ手)→ 熊手の購入→ 頭の芋・切山椒→ 鳥居→ 大熊手

 

熊手の値段や購入できる場所は?古い熊手の処分方法は?

熊手の値段や購入できる場所

浅草酉の市 熊手

 

縁起物の熊手は神社・お寺の境内や、その周辺に多数の屋台があって、勢の良い掛け声とともに売られています。

 

数百軒の熊手屋さんは、どれも少しずつ細工が違うので、お気に入りのものを見つけましょう。

 

お値段は大きさや細工によって違いますが、1,000円くらいのミニ熊手から10万円以上するものまで様々。

 

一般的には5,000円~50,000円くらいの物が1番売れ筋なようです。上手な熊手の買い方を、後ほどご紹介しますので、参考にしてみて下さいね。

 

 

古い熊手の処分方法

古熊手納所

 

1年経ったら、古い熊手は次の新しい熊手を購入する時に納所に納めます

 

基本的には購入した神社やお寺に納めるのが良いとされますが、遠方で無理な場合は近くの神社やお寺にお納めして構いません

 

この場合、神社で購入したものは神社へ、お寺で購入したものはお寺へお返しします。

 

浅草酉の市の場合は、神社とお寺が一緒なので、どちらでも構わないことになります。鷲神社と長国寺の入り口に納所がありますので、そちらにお納めして下さいね。

 

上手な熊手の購入のしかた

 

「熊手っていくらくらいするものなの?」「お店の人に無理やり買わされたらどうしよう」。初めての場合は戸惑いも多いですよね。

 

そこで上手に熊手を購入する方法を伝授致します。

 

先ずは予算を決めてから見て回る

熊手は1,000円くらいのミニ熊手から、10万円、20万円以上するものまで、大きさも値段も様々です。

 

一般的には5,000円~50,000円が売れ筋なので、その辺りの品が最も多いと思います。先ずは予算を決めてから見て回るのがコツ。

 

熊手は年々大きくしていくのが良いとされるので、初めは小ぶりの熊手を買うのが良いでしょう。お店によって少しずつ細工が違うので、お気に入りの熊手を見つけて下さいね。

 

値段交渉の駆け引きを楽しみましょう

お気に入りの品を見つけたら、値段交渉です。威勢の良い店員さんに負けてはダメですよ。

 

先ずは予算より少ない金額を言ってみましょう。すると店員さんは大げさに難しい顔をするか、あなたが欲しいと思った品より小さいものを勧めてくるはずです。

 

そこからが酉の市名物、熊手商談の始まり!骨董市やフリーマーケットのつもりで、値段交渉の談義を楽しんで下さい。

 

店員さんに「負けた負けた」と言わせるのは腕次第ですよ。

 

浅草酉の市 熊手商談

 

勝ったらご祝儀を置いてくるのが粋な流儀

値段交渉を楽しんだら、気持ち分だけご祝儀を置いてくるのが粋な流儀。

 

お客はお大尽気分を味わって、お店も儲かった気分を味わって、お互いにハッピーに終わる方が縁起が良いと言うもの。

 

最後は集まった店員さんと一緒に威勢よく手締めをして、を手に入れて下さいね。

 

熊手は高く持ち上げて帰りましょう

買った熊手は、来年の酉の市までの1年間、より大きな福を掻き込んでくれるようにくかかげて帰りましょう!

 

毎年同じ店で購入すると、ご贔屓さんになって、“入山”という、江戸文字で名前を書いた札を差してもらえるようになりますよ。

 

浅草酉の市のアクセス方法と駐車場情報。

会場:鷲神社・長国寺

住所:東京都台東区千束3-18-7
電話:03-3876-1515(鷲神社) 03-3872-1667(長国寺)

地図:


公式HP:浅草酉の市

電車の場合:東京メトロ入谷駅より徒歩8分

車の場合:首都高速入谷出入口から国道4号経由1km5分

 

駐車場当日は境内の駐車場を使用することはできません

 

周辺の有料駐車場をご利用いただくことになりますが、大変な人混みのため、あまり近づかない方が無難です。手前の駅周辺に停めて、パーク&ライドすることをおすすめします。

 

一年の無事に感謝し、来る年の幸いを願う

 

【関連記事】

秩父夜祭の日程とスケジュール。花火の鑑賞スポットは?

 

起物の熊手を購入する人の中には、あの有名人なんかも居たりします。店先に売約済みの入山が下げられているので、芸能人やスポーツ選手の名前を見つけながら歩くのも楽しいですね。

 

開運招福、商売繁盛、家内安全から恋愛成就まで。

熊手のご利益はさまざまで、中にはキティーちゃん細工の可愛い熊手なんかもあります。

 

例年80万人以上が訪れる草酉の市

あなたもを招きに、浅草酉の市へ出かけてみませんか。


Sponsored Link