季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

【新盆・初盆】お返しの品物や相場は?のしやお礼状の書き方は?


Sponsored Link

(にいぼん・初盆)とは故人の四十九日が過ぎてから初めて迎えるお盆のこと。

 

一般的には普通のお盆よりも特に念入りに行うのが習わしです。

 

となると、いろいろ頂きものも多いですよね。お返しの準備は万端でしょうか。

 

お返しの金額は?品物は何が良いの?そもそもいつお返しをするの?

 

初めて迎えるお盆となると、わからないことだらけですよね(^^;)

 

今回は、新盆のお返しの相場やタイミング、品物やのしの書き方などについてご紹介します。

 

・新盆のお返しは必要?
・新盆のお返しの相場は?
・新盆のお返しの時期やタイミングは?
・新盆のお返しにおすすめの品物は?
・新盆のお返しの熨斗の書き方は?
・新盆のお返しのお礼状の書き方は?

 

Sponsored Link

新盆のお返しは必要?

仏壇 お供え物

 

新盆のお返しについては、宗教や地域によって風習が異なります。

 

法要の際に精進料理などの食事の席を設けて、これをお返しとする地域もありますし、新盆のお返しは不要とするところもあります。

 

しかし、一般的には何らかの形でお返しをする場合が多く、高額なお香典(線香料・ご仏前・提灯代・お供えなど:現金)を頂いた場合を除いて、品物でお返しをするのがポピュラーです。

 

高額なお供え物であっても、品物で頂いた場合は品物でお返しするのが一般的。

 

高額なお香典(現金)を頂いた場合に限って、お金を包んでお返しする場合もあります。もちろん、品物でお返ししても問題ありません。

 

これは地域差がありますので、お住まいの地域の風習にしたがってください

 

この場合、いくらくらいが高額か?ということになりますが、だいたいの目安として、5万円以上の場合は高額、それ未満の場合は品物でお返しすると良いでしょう。

 


新盆のお返しの相場は?

お金 イラスト

 

基本的なお返しの相場は、頂いたお供え物やお香典の「およそ半分」というのが一般的。

 

俗にいう「お礼は半返し」に当てはまります。

 

ただし、身内などで非常に高額なお香典を頂いた場合に限り、きっちり半返しをする必要はありません

 

この場合は、「生活にお役立てください」という意味が多分にあるため、きっちり半返しをするとかえって失礼に当たる場合もあります。

 

このあたりは加減が難しいところですが、目安として1/3~1/2の範囲でお返しをすると良いでしょう

 

高額の目安は、先ほども述べたとおり、5万円前後を考えれば良いと思います。

 

Sponsored Link

新盆のお返しの時期やタイミングは?

卓上型カレンダー イラスト

 

お返しの時期についてですが、基本的には「なるべく早めに」を心がけましょう。

 

これは日本古来の風習、“礼は急げ”に基いています。

 

現在の主流は、法要に来ていただいたその場でお返ししてしまうというもの。

 

一般的に2,000~4,000円のお供え物やお香典を頂く場合が多いことを想定して、1,000~2,000円程度の品物をあらかじめ用意しておき、その場で持って帰ってもらうものです。

 

そして、それ以上のお供え物やお香典を頂いた方にのみ、後からお礼に伺う(または郵送などで贈る)というケースが多いようです。

 

この場合、お礼に伺ったり、贈ったりする時期もなるべく早めの方が良く、目安として遅くとも8月中にはお礼をする必要があります

 

法要に直接来られないので郵送などで頂いた場合も、同じく8月中を目安にお返ししましょう。

 

新盆のお返しにおすすめの品物は?

贈り物 詰め合わせ

 

季節柄、日持ちのするものを選ぶと良いでしょう。

 

故人が好きだった物や、お菓子、水ようかん、ゼリーなどが一般的ですね。

 

夏場なので、そうめんを選ぶ人も多いようです。遠方から来る人のことも考えて、軽い品として、焼き海苔やお茶、タオルなどもおすすめです。

 

もし迷ってしまったら、百貨店やシャディーなどのギフトショップのギフトコーナーを覗いてみると良いと思います

 

インターネットなら楽天やアマゾンなどで“新盆・お返し”で検索したらいろいろと出てくるので参考にすると良いでしょう。

 

こうしたお店では、のしや名入れまでしてくれるので便利ですよ。

 

また、高額なお供え物やお香典を頂いた場合は、カタログギフトでお返しするという方法もあります。あからさまな金額が分からないので、嫌味がないですね。

 

新盆のお返しの熨斗の書き方は?

のし 黒銀

 

“のし”の書き方には地域差、宗教差があります。

 

「(御)初盆志」「(御)新盆志」「御新盆供養」「御初盆供養」「志」が一般的ですが、関西では「粗供養」とする場合が多いようです。

 

のしは黒白、黒銀が一般的。

 

地域によっては緑白を用いる場合や、キリスト教などでは青白を用いることもありますが、迷ったら黒白であれば間違いがないと思います。

 

のし 黄白

http://item.rakuten.co.jp/

 

ただし関西など「粗供養」を用いる地域では、黄白を用います。

 

迷ってしまったり、わからない場合はお近くに住んでいる方に相談してみましょう。

 

相談する相手がいない場合は、お近くの百貨店のギフトコーナーで相談すると教えてもらえます。

 

たいてい品物を購入しなくても教えてもらえるので、気軽に聞いてみると良いと思いますよ(^^)b

 

新盆のお返しのお礼状の書き方は?

お供え物 お礼状

 

郵送などでお返しする場合は、お礼状も添えましょう。

 

持参する場合はこの限りではありませんが、やはりお礼状を添えた方が丁寧です。

 

下記にお礼状の文例を挙げておきましたので、参考にしてみてくださいね。

 

お礼状の文例

【簡単な挨拶の場合】

 

このたび故人の初盆に際しましては 過分なるお心づかいをいただきまして 厚く御礼申し上げます

 

つきましては心ばかりの品をお届けいたしましたので どうぞお納めくださいませ

【より丁寧に挨拶する場合】

 

拝啓

 

残暑厳しき折 お見舞い申し上げます

 

このたび 故○○の初盆に際しましては ご多忙中にもかかわらず お集まりいただき ご丁寧なるご厚志を承り 大変有り難く存じております

 

故人もさぞかし感謝していることと存じます

 

つきましては 初盆供養のしるしとして心ばかりの品をお送りいたします

何卒 ご受納承りたくお願い申し上げます

 

本来ならば 拝眉のうえお礼を申し上げるべきところではありますが 略儀ながら書中にて ご挨拶申し上げます

 

敬具

最後に、「暑い日が続いておりますが くれぐれもお体にお気をつけて ご自愛ください」などの文を入れてもいいと思いますよ(^-^)

 

すみやかに、スマートに、感謝を込めて

お盆提灯 供花

 

【関連記事】

新盆・初盆のお布施の相場。浄土真宗や真言宗は?書き方は?

新盆・初盆の服装。女性や男性のマナーは?喪服以外でもいいの?

新盆・初盆の提灯の飾り方と期間。値段の相場は?処分方法は?

新盆・初盆の香典の相場。表書きの書き方は?会社や友人の場合は?

新盆・初盆のお供え物の相場は?おすすめの品物は?のしの書き方は?

新盆見舞い金額相場とのし書き方。時期や服装は?手紙文例は?

お墓参りのマナー!時間や服装は?お布施はいくら包めばいいの?

お盆のお供え物のお菓子おすすめは?のしの書き方や種類は?

 

新盆(初盆)のお返しの相場や品物、お礼状の書き方などをお送りしました。

 

故人にとって初めてのお盆。

 

真夏の暑い時期に故人を偲んで来てくれた方に、スマートに感謝の気持ちを伝えられると良いですね。

 

本記事がそのための参考になれば幸いです。

Sponsored Link