季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

幼稚園と保育園の違い。料金や教育の差は?先生の資格は?

どもを持つ親として、わが子に充分な保育環境や教育を与えたいと思うのは自然な感情ですよね。

 

そして、どこにそれを手助けしてもらおうかと考えた時、たいていの方が幼稚園保育園を思い浮かべるかと思います。

 

でも、その違いって・・・ご存じですか?

 

今回は、幼稚園と保育園の違いについて書いていきたいと思います。

 

・幼稚園と保育園の期間や料金の違いは?
・幼稚園と保育園で子供を預けられる時間の違いは?
・幼稚園と保育園で先生に違いはあるの?どんな資格が必要?
・子供の保育内容の違いは?教育的なのはどっち?
・幼稚園と保育園の選び方は?どんな基準で選べばいいの?

 

Sponsored Link

幼稚園と保育園の期間や料金の違いは?

 

保育園と幼稚園において、一番わかりやすい違いは保育期間料金かなと思います。

 

保育期間はざっくり行ってしまえば、保育園は0歳からで、幼稚園は3歳(4歳になる学年)からといった感じでしょうか。

 

 

保育園と幼稚園、費用がどのくらい違うのかも気になるところですよね。

 

料金については幼稚園・保育園共に基本的に年齢が低いほど金額が高いです。

幼いほど手がかかりますものね。

 

そう考えると、保育園の方が少し金額としては高くなってくるのではないでしょうか。

 

 

でも、幼稚園だからいくら、保育園だからいくら、と決まっていないからこれまた悩むところなんですよね。

 

幼稚園だと公立と私立の違いがありますし、保育園でも認可・無認可に加え、収入によっても金額が違ってくるからです。

 

でも、ちょっと安心してください。

目安になるようなデータを見つけたんです。

 

それが、厚生労働省のある統計によると、に2~3万円の保育料を支払っている人が一番多いというもの。

 

また、幼稚園の方では文科省のデータで給食費などを含む平均年額がのっているものがありました。

 

 

公立幼稚園で22万2264円、私立幼稚園で49万8008円というものです。

月額だと、公立は 約¥18,522 私立は 約¥41,500 といった感じのようですね。

 

私自身、子どもたちをどこにお願いするか考える際、あまり深く考えずに、ココ!と決めてしまった方なので、とても勉強になります。

 

もう少し考えて選べばよかったかなと後悔さえしてしまいます^^;

 


Sponsored Link

幼稚園と保育園で子供を預けられる時間の違いは?

 

期間や金額についてはなんとなくつかめたところで、今度は日の預かり時間を見てみましょう。

 

幼稚園はだいたい9時位に登園で降園が2時、3時の約5~6時間。保育園は上限約11時間で登園や降園時間は保護者の都合によって前後します。

目安となるのがこんなところ。

 

 

幼稚園は延長保育を利用したとしても保育時間は長くても時間位までのところがほとんどなんです。

 

それじゃあお仕事に復帰できないじゃんっ!

そう!だから首都圏では待機児童問題が起こりやすいんです。

 

 

でもよくよく調べてみると、最近は、幼稚園も延長保育などで長い時間預かっていてくれるところもあります

 

私の知っているところでは、朝も7時半くらいから預かってくれるところもあったり、病後児保育が併設されていたり、幼稚園でも保育園と変わらない時間みていてもらえるところもあったりするんです。

 

子育てのあり方も多様化してきているんだなぁ~と感じますね。

 


Sponsored Link

幼稚園と保育園で先生に違いはあるの?どんな資格が必要?

 

どちらも、園にいるときは「先生」と呼ぶことが多いと思うのですが、実はっている資格は全然異なるんです。

 

 

似たようなくくりで見られがちですが、幼稚園は教育施設で保育園は児童福祉施設です。

 

幼稚園は教育の場保育園は保護者に代わって育てる場

と考えるとわかりやすいです。

 

なので、先生たちもそれぞれ幼稚園の先生の持っている資格は幼稚園教諭免許状、保育園の先生は保育士資格証明書、と全く異なるものなのです。

 

そもそも、そんな違いがあったんですね!

 

子供の保育内容の違いは?教育的なのはどっち?

 

自分なりに考えた結果、幼稚園は幼児教室の延長、保育園は家庭生活の延長ととらえるのが理解しやすいかなと思っています。

 

そう考えると、幼稚園の方が教育的なように感じますが、どちらが教育的か?ということに関しては、幼稚園が教育機関だから、教育的とか、保育園が教育的でないとかという判断はできないんですよ!

 

幼稚園でも保育園のように、長時間預かりをしてくれるところがあるように、保育園でも英語やパソコンの時間があったり、茶道の時間を設けていたりと教育的な要素を積極的に取り入れているところも多くみられるからです。

 

そんなこともやってくれるなんて、びっくりですよね!

 

幼稚園と保育園の選び方は?どんな基準で選べばいいの?

幼稚園や保育園選びの際にしっかり考えておきたいのが

 

・どのように育てたいかという教育方針・ご両親の勤務状況との兼ね合い

 

これらをはっきりさせることで、だいぶ絞られてくるはずです。

 

そこから、通わせられるような距離なのかとか、金額面の事だとかをすり合わせていくとだいたいが見えてきます。

 

漠然とどこがいいかな~と探すと混乱しがちなので、ぜひ両親で話し合う時間をとってくださいね。

 

子どもの気持ちも大切にしましょう。

 

【関連記事】

幼稚園児用のお弁当袋の作り方。簡単に可愛く作る方法

手足口病の子供の症状と感染力。保育園の登園はいつから?

 

幼稚園と保育園のかきねが徐々になくなっていますから、幼稚園、保育園、こども園などどれをどのように比べてよいか迷いどころが多いですよね。

 

金額の面で考えても、それぞれの自治体からの助成金などもあったりするので、その点でも確認が必要になると思います。

 

私は個人的には、子どもが楽しく気持ちよく通えるかという点も大切にしたいところかなと思います。

 

子ども自身の心が安定するような環境でないと、子どもにとってよい環境を用意してあげたつもりであっても、ストレスを抱えてしまう事になりかねないと思うからです。

 

余裕があるのであれば、通う園を決める際にはぜひ見学に行って、お子さんの反応を見てあげてくださいね。


Sponsored Link