季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

オリーブオイルの美容効果と健康効能。美肌や高血圧改善!

みなさんはリーブオイルをご存知ですよね?

 

よくイタリアン料理とか、そのほか、料理番組などで取り上げられており、香りがよいとかヘルシーであるとか言われています。

 

それは他の油と比べてオレイン酸など健康に効果的な栄養素が多く含まれているからです。

 

メディアなどでも脚光を浴びているオリーブオイルは他に食用のほか、化粧品、薬品、また石けんなどの原料などにも用いられており、主な生産国はスペイン、イタリア、日本では香川県の小豆島産のオリーブオイルが有名です。

 

実はオリーブオイルは飲んでも塗っても健康や美容に効果があると言われています。

 

オリーブオイルに含まれる美容と健康に効能のある成分、オレイン酸やビタミンE、βカロテン、ポリフェノールが多く含まれており、様々な美容と健康に効能があると注目され、愛用される方が多い油でもあります。

 

今回は、その有名なオリーブオイルの効果や効能についてご紹介したいと思います。

 

・美肌・美髪!オリーブオイルの美容効果とは?
・便秘解消!オリーブオイルはダイエット効果もあり!
・糖尿病・高血圧を改善!オリーブオイルの効能。
・料理、健康、美容に効果的な万能油!

 

Sponsored Link

美肌・美髪!オリーブオイルの美容効果とは?

 

女性の永遠の願い、オリーブオイルから美肌を作る効果

 

オリーブオイルの美肌効果

オリーブオイルには美肌効果があると言われおり、多くのスキンケア用品にも配合されています。

<オリーブオイルによって得られる美肌効果>

・美白効果

・保湿

・肌の黒ずみやざらつきの改善

・アンチエイジング効果 など。

 

それはオリーブオイルに含まれるオレイン酸の効能のおかげ、といっても過言ではないでしょう。

 

また食物繊維も多く含まれ、それによって新陳代謝をUPさせて、美肌への手助けとなっています。

【オリーブオイルの効果的な使い方】

・お風呂上りの顔のスキンケアに化粧水の後、オリーブオイルを塗る。

 

(直接オリーブオイルを塗るという説もありますが、)化粧水でたっぷりと肌に水分を吸収させた後に仕上げの乾燥を防ぐフタとして塗るほうが保湿力に効果があります。

 

また鼻の角質除去にも効果がありますので、特に念入りに塗ってみてください。

(物事には限度がありますので、塗りすぎてオイリーな感じになったら、余分な分はふき取りましょうね。)

 

・お風呂上りのボディケアに

やはり入浴後の身を清めた後に行うほうが効能があります。

 

お風呂上りの体がまだ温かく、潤いのあるうちに、気になる箇所に直接塗ります。

おすすめ箇所は、ひじ、ひざ、かかと、そして首周りとデコルテラインですね。

 

ひじ、ひざ、かかとは特に乾燥しやすいので塗ることにより、保湿、そしてひじ、ひざの黒ずみを徐々に解消してくれる効能があります。

 

首まわりとデコルテラインは年齢のもっとも出やすい場所です。

丁寧に塗って保湿ケアをしてしっとりした肌を保つのに効果的です。

 

 

とにかく続は力なりです。効果がでるにはとにかく続けること!

面倒な場合はオリーブオイル配合のスキンケア用品に頼るのもひとつの方法です。

 

紫外線や年齢でダメージを受けた髪も美しく。

 

夏場の紫外線や、冬場の乾燥で乾燥した髪、そして年齢を重ねてたまったダメージをオリーブオイルで解消して、天使の輪を取り戻すのも夢ではありません。

 

こちらも有名な椿オイルと同様にオリーブオイルにも地肌に効能があります

【オリーブオイルの効果的な使い方】

・シャンプーの前にオリーブオイルを適量、痛んだ髪と頭皮になじませます。

最低でも10分程度~30分待ってシャンプーをしてください。

 

待つ際にサランラップやヘアキャップなどで覆って密閉させるとより効果があります。(こちらは髪を染めるときと同じ要領で、髪につやを与え頭皮のダメージも軽減させる効果があります)

 

・椿オイル同様、オリーブオイルもお風呂上りに塗る

お風呂上り後にタオルドライしたあとにほんの少しだけ塗る。

(いっぱいだとべた付いてお風呂に逆戻りですからご注意を)

 

その後、しっかりとドライヤーで乾かしてください。

 


Sponsored Link

便秘解消!オリーブオイルはダイエット効果もあり!

 

世の中には無数のダイエット方法もあり、りんごダイエット、糖質制限ダイエットなどと言うように、「オリーブオイルダイエット」というのも存在します。

 

またもやオリーブオイルの主成分オレイン酸がその効果を発揮してくれます。

○オレイン酸の効能

・コレステロール値を下げる(血液中の悪玉コレステロールを減少させる)

・整腸作用があり、便秘にも効果がある

・血行促進の効果があり、血液をサラサラにする

・血行促進により新陳代謝をあげて、体のむくみを解消

・中性脂肪がつきにくくなる(血中コレステロール値を下げて脂肪のつきにくい体へと導く)

 

<使い方>

(1)料理に使うのが一番シンプルな使い方です。

ただ入れすぎはだめですよ。

調理中の油をオリーブオイルにする。サラダやパンなど料理にオリーブオイルをかけるなど。

目安は一日大さじ1ぱい程度。

 

(2)食事前に飲む。

やはり目安は一回の食事に大さじ1ぱいとのことですが、油を直接飲むのは抵抗があり、難しいかと思いますので始めは少量から少しずつ慣れていくようにしましょう。

 

食事前にオリーブオイルを飲むことにより、満腹感を得るのが早くなり、食欲を抑えてくれる効能があります。

 

その他、オレイシン酸がダイレクトに脂肪の吸収を抑えてくれる効果があります。

ただ、オリーブオイルも油の一種です。

過剰摂取は逆に健康に悪影響を及ぼす恐れがありますので、ほどほどに摂取してください。

 

また、食事はゆっくりと時間をかけてよく噛んで食べて満腹中枢を刺激させれば、自然と食事量も減り、ダイエットにつながります。

 


Sponsored Link

糖尿病・高血圧を改善!オリーブオイルの効能。

 

糖尿病・高血圧だけでなく、がんや心臓病をも予防!

オリーブオイルの健康効果は抜群。

 

やはりここも成分のオレイン酸が効能を発揮しています。

 

オレイン酸の効果は前述にも書いていますがオレイン酸は動脈硬化の原因にもなる悪玉コレステロールを下げる働きがあります。

 

悪玉コレステロールを下げるということは、心臓病や高血圧症の予防にもつながります。

 

また、オリーブオイルをよく使う地中海料理が糖尿病や心疾患のリスクを減らすという研究報告が発表され、適切な体重管理とオリーブオイルを使った食事、運動習慣を身につけることにより、糖尿病のリスクの軽減に効果を発揮するとのことです。

 

<オレイン酸健康効果>

・動脈硬化           ・高血圧              ・心疾患(心臓病)

・ガン予防           ・改善                 ・心筋梗塞

・脳梗塞              ・高血圧              ・糖尿病・便秘予防と改善

など、ほとんどの生活習慣病の予防と改善に効果を発揮します。

 

余談になりますが、オレイン酸を多く含む食材として、ナッツ、アボカド、菜種油などもあります。

 

料理、健康、美容に効果的な万能油!

 

【関連記事】

オリーブオイルのカロリーと比較。ダイエットの効果や方法は?

ごま油でうがいの効果とやり方。白髪や口臭、喉の痛みに効能あり?

米ぬかの効果と利用法。美容や掃除、肥料にもおすすめ!

どくだみ茶の効能。アトピーやダイエットにも効果的?副作用は?

アーモンドの効果的な食べ方。栄養と効能。白髪や便秘にも効く?

バターコーヒーの効果と作り方。種類やカロリー。ダイエットは?

 

リーブオイルの驚きの美容効果と健康へ効果についてご理解いただけたでしょうか?

塗っても良し、食べても良しと実は万能油だったということがわかりました。

 

塗って、美肌や美しい髪に、食べて様々な病気予防に。

特に年齢を重ねてくると高血圧症になり、長年投薬治療をする方が私の周囲にも大勢います。

 

どうも年齢を重ねると避けては通れない人が多いようで、そのような方には積極的にお料理にオリーブオイルを使って改善効果を試していただきたいです。

最後に注意点。

 

・オリーブオイルは油です。

塗るには構いませんがお料理での大量摂取は逆効果ですので、オリーブオイルまみれのお料理は折角の効能を台無しにしてしまうのでご注意ください。

 

・オリーブオイルは多くの種類と価格帯で市場にあふれています。

美容、健康への効果を求めるならば、お値段は張りますが、良質のオリーブオイルを選択するようにしてください。

 

あまりに低価格ならお値段なりの効能しかなく、また効果も減少します。

少々お値段がかかりますが、エクストラ・ヴァージン・オイルが香りが豊潤で油としての品質よいと言われています。

 

また、安いものではブレンドした粗悪品もありますので、ご購入の際は、注意して品質を見定めてください。

 

美容と健康への効果を最大限に活かして、元気で明るい毎日を送っていただきたいものです。


Sponsored Link