季節お役立ち情報局

生活の知恵、雑学、役立つ知識が自然に身につく情報配信中!

*

お中元の相場とおすすめランキング。取引先や両親に何を贈る?

お中元の季節になると、品物選びに頭を悩ませる人も多いのではないでしょうか?

 

特に、初めて贈る場合は、相場や定番商品が分からず、困るものです。

 

今回は、そんなお中元を贈る時の相場と、おすすめランキングをご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

・両親や兄弟、親戚に贈るお中元の相場は?
・取引先や上司へ贈るお中元の相場は?
・ピアノや習い事の先生に贈るお中元の相場は?
・お中元おすすめランキング!

 

Sponsored Link

両親や兄弟、親戚に贈るお中元の相場は?

贈り物

 

両親や兄弟、親戚に贈るお中元は5,000円~10,000円が相場のようです。

 

最近は、仲人をたてる人が減りましたが、結婚の時に仲人をたてた場合は仲人さんも同じです。

 

ただし、これは他の人に贈る場合も同じなのですが、相場はあくまでも相場です。

初めてお中元を贈る時には、ご自身の経済状況に合わせて、無理のない金額にしましょう。

 

といのも、お中元やお歳暮というのは、毎年欠かさずに贈ることが礼儀だからです。

途中で贈るのを止めたり、値段をあからさまに下げたりするのは、大変失礼なことです。

 

品物は変えても構いませんが、値段はあまり変えずに毎年贈る、という前提で決めましょう。

 

お中元とお歳暮は、最初が肝心ですから、よく考えて贈りましょうね。

 

取引先や上司へ贈るお中元の相場は?

お中元 着物 女性

 

会社の上司や得意先へのお中元は、5,000円~10,000円が相場のようです。

 

特別にお世話になっていると、もっと金額をかけたくなるかもしれません。

でも、目上の人に高すぎるものを贈るのは、失礼にあたるという考え方もあります。

 

逆に、あまりに安過ぎると、贈ったことが失礼になる事もあります。

社内の慣例なども考慮して、値段を決めるとよいでしょう。

 

仕事上の付き合いでは、お世話になったからお中元を贈りたいけれど、来年からは送らないかも・・・・ということもあるかもしれません。

 

そういう場合でも、お中元を一回だけで止めてしまうのは失礼なことです。

一度きりだと思われる相手には、「御中元」ではなく「御礼」として贈るといいですよ。

 


Sponsored Link

ピアノや習い事の先生に贈るお中元の相場は?

習い事の先生や友人・知人に贈る場合の相場は、3,000~5,000円ぐらいです。

 

会社や団体などに所属している先生に贈る場合は、贈ってもいいものなのか調べておくといいでしょう。

もしかしたら、贈答が禁止されているかもしれません。

 

その場合、お中元を贈ることが迷惑になってしまいますから、それとなく確認しておくのも気遣いです。

 

お中元おすすめランキング!

夏 贈り物 お中元

 

お中元に適さないもの

お中元に限らず、贈り物に適さないものがあります。

まず、身に付ける物は避けましょう

 

特にスリッパ、靴下、靴などは「踏みつける」という意味を持っていてよくありません。
それから、刃物や風鈴などの割れ物は「切れる」「壊れる」ことを連想させるため、避けた方が無難です。

 

日持ちのしないものや嵩張(かさば)るものを、大量に贈るのは、有難迷惑ですから気をつけましょう。

 

最後に、意見が分かれるのが、商品券やカタログギフトです。

マナー上は、目上の人に、商品券やカタログギフトを贈るのは失礼だということになっています。

 

好みに合わないものを贈られるより、嬉しいという人もいますから、判断に迷うところです。相手の人柄なども考慮して判断しましょう。

 

お中元おすすめランキング

女性 着物 お中元

 

お中元を贈る時期は、暑い盛りですね。

夏を感じる贈り物が定番です。

 

お中元のおすすめランキングをご紹介します。

喜ばれるのは、普段自分では買わないようなプレミアム感があるものです。

 

贈り先の嗜好や、家族構成を考えて選びましょう。

1位 ブランド牛やウナギなどの高級食材

松阪牛など、普段買わない様なよい牛肉は喜ばれますし、記憶に残ります。

 

2位 ドリンク

お酒好きには、お酒。コーヒー好きには、コーヒー。

小さな子どもがいる家庭にはジュースなど、相手の好みに合わせて選びましょう。

 

3位 ハム

相手の好みが分からなくても、ハムなら定番ですし、あまり嫌いな人がいません。

 

4位 スイーツ・メロンなどの果物

夏を感じさせるゼリーなどのお菓子は定番ですね。

メロンやマスカットなどの、高めの果物も人気です。

 

5位 そうめん

定番中の定番のそうめんは、やはり人気です。

日持ちもしますし、迷ったらこれですね。

 

お中元は、毎年贈るのがマナー

【関連記事】

お中元のお礼状の書き方例文。ビジネス、個人のハガキの書式

お中元を贈る時期はいつからいつまでがマナー?過ぎたら?

残暑の意味と対義語。英語で言うと?残暑見舞いの時期は?

 

お中元を贈る時の相場と、おすすめランキングをご紹介しました。

 

友人や先生には、3,000円~5,000円くらい、

親戚や上司、取引先には5,000円~10,000円くらいが相場だということが分かりました。

 

ただし、記事にもあるように、お中元やお歳暮は、毎年同じくらいの金額の物を贈るのがマナーです。

最初が肝心なので、無理のない金額のものを贈りましょうね。